ログイン / 会員登録するアカウントを選択

絶景と美食でリフレッシュ。心ときめくカラフルな春の鳥取へドライブ旅行

205
絶景と美食でリフレッシュ。心ときめくカラフルな春の鳥取へドライブ旅行
日本海と中国山地に挟まれるように細長く広がる鳥取県は、豊かな自然が多く残る癒やしの場所です。雄大なロケーションを生かしたスポットがあちらこちらで迎えてくれ、歴史ある町並みや温泉、民芸といったモノ・コトもたくさん。

そんな魅力的な鳥取をめぐるなら、ドライブで爽快に旅するのもおすすめです。県内の多くの高速道路は無料なので、ぐるっと鳥取周遊旅も、気軽な寄り道もできるんです♪春色のカラフルな世界と出会う、ときめきの鳥取旅へご案内します。

日本海を眺める「AL MARE」でちょっと贅沢なランチ&アフタヌーンティーを

日本海を眺める「AL MARE」でちょっと贅沢なランチ&アフタヌーンティーを (左上・左下)「パスタコース」2750円 ※2021年3月以降内容や金額が変更される場合あり (右)全席から海を眺められる
県内でも特に透明度が高い東部の東浜海岸。「AL MARE」は、この美しい海岸が窓一面に広がる、オーシャンビューのイタリアンレストランです。地元の野菜や日本海の幸など、旬の食材を使った本格イタリアンが楽しめ、ランチは2種類のコースを提供。「パスタコース」では見た目も美しい前菜をはじめ、ヨーグルトとマスカルポーネを使った燻製バターを付けて味わう自家製フォカッチャ、旬の食材を使うパスタなどが味わえます。「メディテラニアンコース」のメインは、近隣の港で揚がった新鮮な魚介を使った魚料理か、プラス料金で県産のジビエなどを使う肉料理に変更することも。最後は季節のフルーツを使ったドルチェで締めくくり。絶景を眺めながら味わう本格イタリアンで、特別な時間を過ごしてくださいね。
「アフタヌーンティーセット」4290円(2人分)。2杯分のドリンクがセットに
10種類のスイーツが3段のケーキスタンドにレイアウトされた「アフタヌーンティーセット」もこちらの人気メニューです。セットのドリンクは鳥取県産の和紅茶、陣構茶(じんがまえちゃ)がおすすめ。自家製のチョコレートケーキをはじめ、地元の牛乳を使った季節のジェラートとの相性もぴったりです。

料理はもちろんですが、サーブされる器にもこだわりが光ります。岩美町の3つの窯元が作る個性豊かな器を使用。どの器も和洋を問わずイタリアンの華やかな料理と調和し、ここならではのひと皿を演出してくれます。

岩美町をはじめ鳥取の魅力が詰まった本格イタリアンを、雄大な日本海に癒やされながら思う存分味わってみてはいかがでしょうか。

◎ICからのアクセス

山陰近畿自動車道 東浜ICより車で5分

AL MARE(アルマーレ)

鳥取県岩美町陸上34MAP

0857-73-5055

11:30~17:00(ランチは~14:00)

水曜


日本海を見渡す高台に建つ「白兎神社」で縁結び祈願

日本海を見渡す高台に建つ「白兎神社」で縁結び祈願 (左上)白兎海岸で見つけたうさぎの看板 (左下)注連縄がかかる本殿 (右上)兎みくじ500円 (右下)参道にあるうさぎの石像
神話「因幡の白兎」の舞台で、古事記や日本書紀にも記される由緒ある神社。鳥居をくぐると、参道のあちらこちらでかわいい表情のうさぎの石像が迎えてくれます。

こちらでは神話のなかで、うさぎが体の傷を治し大国主大神と八上姫を結んだことから「病気平癒」と「縁結び」のご利益があるとされています。境内ではうさぎが傷口を洗い治療したといわれる「御身洗池(みたらしいけ)」も見ることができますよ。

本殿で参拝したあとは、社務所でうさぎをモチーフにした授与品をいただきましょう。陶器のうさぎにおみくじが入った「兎みくじ」は、キュートな見た目に癒やされます。「結び石」は良縁・子宝・繁盛・飛躍・健康の5つのご縁を結ぶとされ、境内の鳥居の上に投げて乗せられると願いが叶うとか。

近くには「白兎海岸」や「道の駅 神話の里 白うさぎ」もあるので、参拝の前後にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

◎ICからのアクセス

山陰道 吉岡温泉ICより車で10分

白兎神社(ハクトジンジャ)

鳥取県鳥取市白兎603MAP

0857-59-0047

境内自由(社務所は9:00~16:00<閉所、時期により異なる>)

無休


赤瓦と白壁が美しい「倉吉の町並み」にある素敵なお店へ

赤瓦と白壁が美しい「倉吉の町並み」にある素敵なお店へ 赤瓦と白壁が織りなす風情ある町並み
鳥取県中部に位置する倉吉は、江戸後期から昭和初期の建物が建ち並ぶノスタルジックな町並みです。土蔵や商家をリノベーションしたカフェやショップなどもあり、どこか懐かしい風情のなかで町並み歩きが楽しめます。
(右上)ガラスの溶けゆく気配をまとう大家さんのガラス作品 (左下)左からグラス3630円、花器5500円、ペーパーウエイト3850円 (左上・右下)心地よいBGMに包まれる店内に、アクセサリーや衣類、アロマなどが並ぶ
そのひとつ「saon」は、ギタリスト・中村好伸さんと吹きガラス作家・大家具子さん夫妻が営むお店です。かつて銀行と宿舎だったという空間には、中村さんが選ぶ良盤、大家さんが生み出す表情豊かなガラスの器たちのほかに、全国からセレクトした作家もののアイテムが並びます。不定期で展示会やライブが開催されるので、ぜひこちらも注目くださいね。

saon(サオン)

鳥取県倉吉市魚町2521 1FMAP

0858-38-9023

11:00~18:00

火曜


(左上)年2回、登り窯で焼き上げる「福光焼」の面取湯呑2200円など(左下)木製のテーブルやチェアも販売する (右)職人技が光る手仕事の逸品がそろう
赤瓦が印象的な商家を再生した「COCOROSTORE」は、鳥取を中心とした民芸品や工芸品と出会えるセレクトショップです。福光焼や国造焼といった倉吉で作られる陶器をはじめ、因州和紙、包丁鍛冶、革細工など、取り扱いは約45の工房にもおよび、調味料や食品といった鳥取のおいしいものもそろいます。そのひとつひとつに宿るストーリーまでもしっかりと見つめ、セレクトした逸品は、暮らしを豊かにしてくれる上質なものばかり。自分用に、おひとついかがですか。

◎ICからのアクセス

北条湯原道路 倉吉ICより車で10分

COCOROSTORE(ココロストア)

鳥取県倉吉市魚町2526MAP

0858-22-3526

10:00~18:00

火・水曜


懐かしい湯の町風情が残る温泉郷「三朝(みささ)温泉」

懐かしい湯の町風情が残る温泉郷「三朝(みささ)温泉」 趣の異なる多彩な湯船が楽しめる回遊式大庭園風呂
開湯から850年以上の歴史を持つ「三朝温泉」は、山あいに広がる風情ある名湯です。高濃度のラドンを含む湯は、浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力が高まるといわれています。今回紹介するのは、多くの文人たちに愛された格式高い温泉宿「依山楼岩崎」。2019年に回遊式大庭園風呂「山の湯」がリニューアルし、多彩な湯船が楽しめると評判です。鳥取の食材を盛り込んだ朝夕の食事も楽しみのひとつです。

◎ICからのアクセス

北条湯原道路 倉吉ICより車で20分

依山楼岩崎(イザンロウイワサキ)

鳥取県三朝町三朝365MAP

0858-43-0111

イン15:00、アウト11:00

https://izanro.co.jp/

宿泊料:1泊2食付き18700円~(2名利用時の1人あたりの金額)


「いちご農園 やよすけファーム」で甘みたっぷりのいちご狩り

「いちご農園 やよすけファーム」で甘みたっぷりのいちご狩り いちご狩りは例年3~5月頃に開催。所要30分、中学生以上2200円~
山陰屈指の名湯・三朝温泉から車ですぐの場所にある「いちご農園 やよすけファーム」へ。養分を多く含んだ豊かな土壌と清らかな水、減農薬・有機肥料を使い、豊かな甘さと香りが楽しめる「あきひめ」を栽培しています。

こちらではいちご狩りを楽しむこともでき、ハウスの中には旬を迎えたいちごが鈴なりになっています。高設栽培なので、立ったまま収穫できるのも嬉しい限り。この時期ならではの完熟いちごを、心ゆくまで楽しんでくださいね。

◎ICからのアクセス

北条湯原道路 倉吉ICより車で17分

いちご農園 やよすけファーム(イチゴノウエンヤヨスケファーム)

鳥取県三朝町大瀬MAP

080-6344-6996

購入・いちご狩りは要電話予約

不定休


「Cafe うさぎや」で味わう高原野菜を束ねたプレートランチ

「Cafe うさぎや」で味わう高原野菜を束ねたプレートランチ 日替わりで内容が異なる「うさぎやランチ」1100円。昼過ぎには売り切れることもあるので、予約がベター
大山の裾野は、豊かな緑が広がる高原リゾート地帯。その一角に建つのが、2019年に誕生した「Cafe うさぎや」です。店内に入ると、木をふんだんに使った心地よい空間が広がり、所々にちょこんと飾られたうさぎのオブジェがかわいらしさを添えています。

こちらを訪れたら、ぜひ味わいたいのが1日20食限定の「うさぎやランチ」です。大山特有の火山灰土「黒土(くろぼく)」で育つ高原野菜を主役にした体思いの内容で、サラダ、スープ、天ぷら、煮物などバリエーション豊富に楽しめます。
(左)大山を望むロケーションもごちそう (右上)キュートなうさぎのオブジェが (右下)カウンター席のほか、靴を脱いで上がる小上がり席もある
また、このお店のもう一つの魅力は、何と言っても目の前に広がる大山の眺望です。別名「伯耆(ほうき)富士」とも呼ばれる美しい稜線が印象的で、縁側席はもちろん、春になると登場するテラス席からも眺めることができます。

併設の自社農園のブルーベリーを用いたメニューも人気で、食後にはスムージーやソーダなどでほっとひと息ついてくださいね。

◎ICからのアクセス

米子自動車道 溝口ICより車で7分

Cafe うさぎや(カフェウサギヤ)

鳥取県伯耆町小林644-3MAP

0859-57-7974

11:00~16:00、18:00~22:00(夜は前日までの予約制)

木曜(祝日の場合は営業)


チューリップにポピーも。春の花々が彩るフラワーパーク「とっとり花回廊」へ

チューリップにポピーも。春の花々が彩るフラワーパーク「とっとり花回廊」へ 背景に大山がそびえる最高のロケーション
標高1729mの名峰・大山(だいせん)を背に広がる「とっとり花回廊」は、年間400品種200万本もの花々が迎えてくれるフラワーパークです。日本最大級の規模を誇る園内には、直径約50m、高さ21mの巨大なガラス温室「フラワードーム」をはじめ、オランダの名園「キューケンホフ公園」がデザインしたチューリップ花壇が広がる「花の谷」、左右対称に幾何学模様の花壇を配した「ヨーロピアンガーデン」など、趣向を凝らした庭園が集まります。それらを一望できるように1周1kmの屋根付き回廊が園内をぐるりと囲み、天気を気にせずゆっくりと散策が楽しめるのも特徴です。
(右上・右下)様々な色と品種のチューリップが咲き誇る (左上)レストランでは、エディブルフラワーを使ったメニューが登場することもある (左下)園内のおもな見どころを15分かけて周遊するフラワートレインも運行
春になるとチューリップやアイスランドポピーが見頃を迎え、一年でもっとも園内が華やぐ季節がやってきます。大地を赤・白・黄とカラフルに染める様子は、まるでおとぎ話の世界のよう。園内にはレストラン、ショップもあるので、ゆっくりと観賞を楽しんでくださいね。

◎ICからのアクセス

米子自動車道 溝口ICより車で約10分

とっとり花回廊(トットリハナカイロウ)

鳥取県南部町鶴田110MAP

0859-48-3030

4~10月9:00~16:30(閉園17:00)、冬季は時期により異なる

4~6月は無休、7・8・12~翌3月は火曜、祝日の場合は振替休あり

http://www.tottorihanakairou.or.jp/

入園料500~1000円(季節により異なる)


「SHIMATORI米子店」で山陰生まれの素敵な逸品をお買い物♪

「SHIMATORI米子店」で山陰生まれの素敵な逸品をお買い物♪ (左)店名は、島根の「しま」と鳥取の「とり」を合わせた造語 (右上)売り場では1か月ごとにフェアやイベントを開催 (右下)買い物の合間にカフェでひと息
山陰で150年の歴史を誇る地元書店が運営する「SHIMATORI米子店」は、「ほんとのくらし」をコンセプトに、山陰のいいもの、おいしいものを発信するお店です。広々とした店内はショップ、カフェからなり、ページをめくるようなワクワクに満ちています。
(左上)鳥取県産のヒノキ精油に柑橘やハーブをブレンドしたFloatのアロマ。ミストや石鹸などもそろう  (左下)お気に入りの一冊を探してみて (右上)鳥取名産の梨をモチーフにしたオリジナル商品 (右下)智頭町にある藍染工房「ちずぶるー」のウエア
店内に入ると真っ先に広がる雑貨売り場には、山陰の手仕事の逸品をはじめ、ウエアやアクセサリー、ステーショナリーやキッチンアイテム、食品やお酒など多彩なアイテムが所狭しと並んでいます。なかには、「かまわぬ」「Rollbahn」などとコラボレーションしたオリジナル商品もあり、遊び心あるデザインに魅了されます。
併設のカフェで本をイメージしたスイーツ&フードを味わったり、新たな世界が広がる一冊と出会ったり。本と暮らしが織りなす豊かな時間を感じてみませんか。

◎ICからのアクセス

米子自動車道 米子ICから車で12分

SHIMATORI米子店(シマトリヨナゴテン)

鳥取県米子市新開2-3-10 本の学校内MAP

0859-21-4050

ショップ10:00~21:00、カフェは10:00~19:00(L.O.18:00)

無休


オーシャンビューの露天風呂でリラックス。美肌効果に優れた泉質が自慢の「皆生(かいけ)温泉」

オーシャンビューの露天風呂でリラックス。美肌効果に優れた泉質が自慢の「皆生(かいけ)温泉」 「皆生 游月」のインフィニティ天空露天風呂
鳥取で宿泊するなら、個性豊かな泉質が魅力の温泉郷はいかがでしょう。そのひとつが、海辺に広がる「皆生温泉」です。海底から湧く塩分濃度の高い泉質は、「塩の湯」とも呼ばれ、タラソテラピー効果もあるといいます。一帯はリゾート温泉地として賑わい、多くの温泉宿が立ち並んでいます。2019年に誕生した「皆生 游月」は、全室オーシャンビュー&露天風呂付きのラグジュアリーな空間が魅力で、訪れた人を非日常へと導いてくれます。海と空との一体感が味わえるインフィニティ天空露天風呂も人気で、心と体が癒やされるのを感じます。

◎ICからのアクセス

米子自動車道 米子ICから車で10分

皆生 游月(カイケユウゲツ)

鳥取県米子市皆生温泉3-11-1MAP

0859-31-0080

IN15:00、OUT10:00

https://kaike-yugetsu.jp/

宿泊料:1泊2食付き31350円~(2名利用時の1人あたりの金額)


***
いかがでしたか?
カラフルな花が咲き誇る春の鳥取。2019年には鳥取西道路が開通し、鳥取・大阪間が2時間半で結ばれるなど、周遊観光も便利になりました。鳥取県内の高速道路は米子自動車道以外は全て無料。おいしいグルメやスイーツも一緒に堪能して素敵な週末旅を過ごしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真