ログイン / 会員登録するアカウントを選択

春の葉山へプチトリップ-柔らかい日差しのなか、海岸線をのんびりおさんぽ

130
春の葉山へプチトリップ-柔らかい日差しのなか、海岸線をのんびりおさんぽ
 森戸海岸、一色海岸、大浜海岸…海岸沿いに有名なビーチが続く葉山。天気がいい日は、浜辺から江の島や富士山まで眺められます。

海の家が建ち、人でいっぱいになる夏に比べると、春の葉山は、ゆったりとのどかな雰囲気。砂浜をぶらぶらしたり、気になるショップやカフェをめぐるにはぴったりの季節です。

今週末は、三連休。少し遠出して海岸沿いをのんびり、プチトリップしませんか?

売切れ続出のご当地グルメを求め、海辺のマーケットへ

売切れ続出のご当地グルメを求め、海辺のマーケットへ (左上).葉山産の原料を使った日本酒 や焼酎、梅酒など。(右上)ラ・マーレ・ド・茶屋 のタルト1ホール1000円(左下)旭屋牛肉店の葉山コロッケをサンド110円
旅のはじまりは、葉山港で毎週日曜日に開催される「ハヤマ・マーケット日曜朝市」。新鮮な魚介や野菜、近隣のショップやレストランの惣菜やスイーツなど、バラエティ豊かな葉山の味を求めて大勢の人が集まります。

気軽に名店の味を楽しむことができる朝市限定の商品も充実。人気の品はあっという間
に売り切れてしまうので、この日ばかりは朝寝坊をガマンして。

葉山グルメをあれこれ買い込んだら、海岸へ移動して、浜辺でのブランチにしましょう。

○ハヤマ・マーケット日曜朝市
[住所]神奈川県葉山町堀内・ハヤマ漁協前
[時間]日曜8:30~10:30(売り切れ次第終了)、荒天時は中止
[休]年始第一日曜、年末最終日曜

シンプルさが心地よい帆布のバッグ

シンプルさが心地よい帆布のバッグ バッグはすべて、こうださんの 手づくり。モノをつくる時間が とても楽しいのだそう
海岸近くの住宅街にある「ko'da-style(コウダスタイル)」は、こうだかずひろさんがデザインから縫製まですべて手がける帆布バッグの工房兼お店。

サンプルを見ながら、好みの色や素材の組み合わせで注文すると約4か月の時を経て手元に届きます。ひとつひとつ丁寧に作られたバッグを受け取るまでの時間も楽しみです。
春夏の新作バッグたち。布 の色や厚みを選べる。手前 のDropsは16000円~

○ko’da-style(コウダスタイル)
[住所]神奈川県葉山町堀内383
[TEL] 046-875-7992
[時間]土~月曜、12:00~18:00※休業の場合があるので、事前にHP(http://koda-style.net )で確認を

壁の向こうの部屋に は、道具やバッグの 型紙がぎっしり

特別なくつろぎ時間が流れる隠れ家カフェ

特別なくつろぎ時間が流れる隠れ家カフェ
海に面した高台にある一軒家カフェ。店内のアンティーク家具や雑貨、本は一部を除き販売もしています。

海を望めるテラス席、落ち着けるソファ席もあり、雑貨を見たり、本を読んだりとお客さんは思い思いの時間を過ごしています。時間を忘れてのんびり過ごせる、心地よい雰囲気が魅力です。
日替わりデ リ3品を盛り合わせた「季節の 地野菜たっぷりのデリプレー ト」1200円

○c:hord hayama antiques & book café
(コードハヤマ アンティークスアンドブックカフェ)
[住所]神奈川県横須賀市秋谷5611
[TEL]046-854-7270
[時間]11:00 ~18:00(カフェL.O.17:00)
[休]水・木・金曜(臨時休業の場合あり、電話にて確認を)

ことりっぷマガジン2016年春号

ことりっぷマガジン2016年春号発売しました。

特集「はじまりの港町」。

Amazonでの購入はこちら

マガジンの詳細はこちら

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真