ログイン / 会員登録するアカウントを選択

もこもこ綿あめの中からマンゴーやアイスが♪ 日本初上陸の台湾茶カフェ「彩茶房」

437
もこもこ綿あめの中からマンゴーやアイスが♪ 日本初上陸の台湾茶カフェ「彩茶房」
台湾の良質な茶葉を使った、本格派ティーメニューが自慢の原宿「彩茶房」。熱い紅茶をかけていただく綿あめスイーツや、濃厚チーズクリームをのせた台湾茶など、これまで見たことも口にしたこともないメニューに心おどります。

日本では数少ない台湾茶カフェ

日本では数少ない台湾茶カフェ 店内は全32席、テラス席もある。Wi-fiや電源(カウンター席のみ)も完備
JR原宿駅表参道口から徒歩3分。軒先のテラスが目じるしの「彩茶房」は、“日本初上陸”の飲食店が3軒入る「カスケード原宿」の一角にあります。

茶畑をイメージしたグリーンの壁飾りや、台湾の建築でよく見られる白レンガの柱が、店内をさわやかで居心地のいい空間に仕立てています。ここは、台湾の屋台やドリンクスタンドのメニューを楽しめる台湾茶カフェです。

店内に飾られた茶道具

もこもこは綿あめ! 熱い紅茶をかけるひんやりスイーツ

もこもこは綿あめ! 熱い紅茶をかけるひんやりスイーツ 「もこもこミルクティー」(550円)
“わくわくするような彩(いろどり)にみちた茶房”がコンセプトの「彩茶房」。台湾の阿里山で摘んだ茶葉を使用した、ユニークなティーメニューがそろっています。
一番人気のスイーツは「もこもこミルクティー」です。器に覆いかぶさるもこもこは、実は綿あめ。その下にたっぷりのマンゴーやバニラアイス、タピオカが隠れています。

熱い紅茶をかけたとたん、綿あめがジューッととけていきます。香り高いお茶がバニラアイスに混ざり、フルーティーなマンゴーとも相性ばつぐん。時間が経つとすぐに固くなってしまうタピオカは、毎日2時間おきにお店で作っているのだそう。タピオカの食感と、とけ残った綿あめのしゃりっとした歯ざわりがアクセントの、遊び心あふれる一品です。

ビールではありません。名物「岩塩チーズティー」

日本初上陸の「岩塩チーズティー」は、このお店の看板メニュー。ビールの“泡”にあたる部分は、ピンク岩塩がきいたクリームチーズベースです。

最初はストローを使わずに、上層のクリームだけ味わってみて。岩塩チーズクリームはまろやかで、ババロアやムースのような舌ざわりです。次にストローを底まで差し、下部のお茶を味わったら、全体をよくかき混ぜていただきましょう。チーズとお茶のやさしいハーモニーは、まさに新感覚。3段階に分けて飲むと、いろんな味わいを楽しめておすすめですよ。

ビールではありません。名物「岩塩チーズティー」抹茶パウダーが彩を添える「岩塩チーズ鉄観音茶」(M 500円。ホットはワンサイズで530円)

季節のクリームを添える、リッチなマーラーカオはいかが?

季節のクリームを添える、リッチなマーラーカオはいかが? 現地でもおなじみの「馬拉糕(マーラーカオ)」(400円)
台湾でおなじみの「マーラーカオ」は、ふんわりやわらかな蒸しケーキ。ここでは好みのクリームを好きなだけつけて食べる、ショートケーキのような「マーラーカオ」をいただけます。

定番のプレーン、季節のフレーバー2種の計3種から生地を選び、トッピングの「季節のクリーム」を3種からチョイスしましょう。この日は、季節のフレーバーの茶葉「鉄観音」の生地と、紅茶クリームの組み合わせにしてみました。茶葉を練り込んだ生地をほおばると、芳醇なお茶の香がふわり。蒸籠に入った温かな「マーラーカオ」の、優しい甘さに心和みます。

食事時には屋台の定番メニューをどうぞ

豚肉と煮卵、野沢菜と生野菜をのせた「魯肉飯(ルーローハン)」や、豚の角煮をサンドした「割包(グワパオ)」など、現地の屋台でおなじみのメニューも充実しています。「もこもこミルクティー」以外のメニューはすべてテイクアウトできるのも、これからの暖かな季節にはうれしいですね。

サプライズいっぱいの「彩茶房」で、台湾ムードを満喫しましょう。

食事時には屋台の定番メニューをどうぞ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真