ログイン / 会員登録するアカウントを選択

一軒家の隠れ家レストラン「悠山房 」で、心温まる洋食家庭料理を

41
一軒家の隠れ家レストラン「悠山房 」で、心温まる洋食家庭料理を
小淵沢の駅から車で7分、八ヶ岳リゾートからならのんびり散策しながら30分ほどのところに、隠れ家のような一軒家レストラン「悠山房(ゆうさんぼう)」があります。家庭風の欧風料理店で、オープンから26年。親から子へ、子から孫へと世代をつないで愛される店を訪ねてみました。

長い間愛される老舗の味

悠山房のオーナー神子征夫さん・知子さんご夫婦は、もともと東京で都立の養護学校の教師をされていたそう。50歳の時に早期退職をし、両親の別荘があり慣れ親しんでいた小渕沢の地に移住し、この店をオープンしました。

調理を担当するのは、もともと料理好きだった知子さん、ホール担当は征夫さん。26年が過ぎ、無理のない範囲で、と現在は金曜から日曜まで、ランチのみの営業です。

長い間愛される老舗の味コーナーにはこんな演出も
ゆったりとした店内。大きな窓からは南アルプスが眺められる

ていねいに作られた絶品料理

ていねいに作られた絶品料理 「ドリアセット」(サラダ・コーヒー付き、1350円)
ランチは、肉のロースト、肉の煮込み、魚の3種類のセットほか、ドリアセットとキッシュパイのセットがあり、どの料理も旬のもの、地のものをその季節においしく食べることをモットーに作っています。

契約農家から直接仕入れた野菜を使った「季節の野菜スープ」も人気のメニュー。
どの料理も素材の味を楽しんでほしいという思いから、味付けはやさしく濃くならないように心がけているそうです。

ドリアセットのドリアをいただくと、具材のホタテとプチヴェールがたっぷり入り、ライスはサフランライスで、やさしく飽きのこない味でした。

「ポークのローストポルトソース、根菜と干しイチジク添え」(1700円)
ポークのロースト ポルトソースは、肉がとてもやわらかく、ボリュームがあるのにあっさりいただける、上品なひと皿です。

器はロイヤルコペンハーゲンとリチャード・ジノリのものをメインに使い、見た目も上品で気分が上がります。

自家製デザートもぜひ味わって

山梨のおいしいをフルーツを使ったデザートも見逃せません。
ケーキやタルトなど、常時3種類と週がわりの焼き菓子が1種類、アイスクリームが1〜2種類と充実の品揃え。
コンポートからすべて手作りなので、お休みの日は下準備に充てることも多いのだとか。
心を込めて作る自慢のデザートです。

自家製デザートもぜひ味わって「ブルーベリーのタルト」(430円)
「プラムのタルト」(430円)
長く通ってくださるお客様や、オープン当初は小さかった子が、結婚して家族で訪れるなど、人とのコミュニケーションが楽しいと話すご夫妻。
ほがらかなお二人にひかれ、悠山房の物語はまだまだ続きます。

悠山房(ユウサンボウ)

山梨県 北杜市小淵沢町上笹尾3332-1736 MAP

0551-36-5102

11:30~14:00(L.O.)※土・日曜は予約が確実

月~木曜(夏季の木曜は営業)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真