ログイン / 会員登録するアカウントを選択

レトロビルから発信。「オミャーゲ名古屋」で見つけた、かわいくて新しい名古屋みやげ

69
レトロビルから発信。「オミャーゲ名古屋」で見つけた、かわいくて新しい名古屋みやげ
名古屋駅から徒歩5分という場所に新しくオープンした「オミャーゲ名古屋」は、今までにない新しいスタイルのスーベニアショップ。店内には焼き立てのおやつやドリンクを販売するコーナーもあり、なんだかレトロな雰囲気も。観光客はもちろん地元の人もぜひ行ってほしい、新しい名古屋みやげに出会うことができる場所ですよ。

名古屋駅西に残る古い旅館をリノベーション

名古屋駅西に残る古い旅館をリノベーション
今回紹介する「オミャーゲ名古屋」があるのは、名古屋駅西口から徒歩5分ほどの場所。このエリアに残る古い建物を活かしながらさまざまなお店をデザイン、プロデュースしている堀江さんが、新たに作り上げたお店です。

以前紹介した堀江さんのお店「喫茶River」やフリーペーパーの専門店「ONLY FREE PAPER NAGOYA」などもすぐ近く。堀江さんの地元であり、リニア鉄道駅の整備が進む駅西エリアを盛り上げる活動をしています。
「オミャーゲ名古屋」は、古い旅館をリノベーションした建物となっていて、「大松旅館」という名前だったことから、お店のロゴも松がモチーフ。店内を入るとカウンターや棚、天井などに愛知県産の杉材が使われ、照明も美濃和紙や常滑焼のシェード。地元の特産物で作り上げられた空間が広がっています。

ひと箱ごとに楽しいお土産がいっぱい

ひと箱ごとに楽しいお土産がいっぱい 名古屋名物をモチーフにしたオミャーゲ名古屋のオリジナルスタンプ(1個660円)
この杉材のシェルフはオミャーゲ箱と呼ばれていて、それぞれ1箱ごとにさまざまな商品が置かれています。こちらは1ブース1か月3500円で貸し出しもしていて、地元の作家や企業の商品も。

ほかにも堀江さんがプロデュースしたオリジナルの商品や、地元らしい品を集めたセレクト品など、さまざまな名古屋みやげが並んでいます。
80年代キャラクター風にデザインした、オミャーゲ名古屋オリジナルの「TENKABITOキーホルダー」(680円)
オリジナルの商品は、名古屋らしさもありながら、トレンドやファッション性も意識したデザインとなっているので、名古屋名物などをモチーフにしていますが、普段使いもできそう。かわいい、けれどよく見ると名古屋。そんな絶妙なデザインに心奪われます。
MoMA公式ショップでも販売されている、ゴマすり器「スリッキー」。実は名古屋のメーカーのもの
「今は自分が探してきたセレクト品を置いていますが、将来的にはここに商品や作品を置きたいという人だけで箱を埋めていきたい」という堀江さん。

ブース貸ししているの箱の中には、着物地で手編みストールを作っている70代のおじいちゃんの作品も。ジャンルや年代問わずさまざまな作家やアーティスト、企業の作品が集まったほうがきっと楽しいし、訪れた人にとってもさまざまな発見・出会いの場となると考えています。

温泉街にあるレトロな和菓子屋さんをイメージ

温泉街にあるレトロな和菓子屋さんをイメージ
お店の奥には、暖簾のかかったタイル張りのコーナーがあり、こちらは「たつの屋」というオリジナル和菓子のお店になっています。

「ぱんじゅう」というお菓子をモチーフにした、小倉あんがぎっしりの焼菓子となっていて、その名も「名物あんこがね」。あんこが大好きな堀江さんが、この地の新しい名物になればと開発した、たこ焼きを作る鉄板で焼き上げた素朴なおやつです。
「名物あんこがね」(8個入り440円)
※酒類の提供は6月上旬現在休止しています。
「名物あんこがね」は、大人からこどもまで楽しめるおやつですが、あんこと日本酒の組み合わせを楽しんでもらいたいと、愛知など近郊の地酒も販売し「日本酒バー」としても営業中。

お酒をオーダーすると「あんこがね」が1個ついてきます。ほかにも「たつの屋」では堀江さんが手掛けるミートパイ専門店「ミートパイズミート」の商品なども購入できるので、ぜひお酒と一緒に楽しんでみてください。

好きなワッペンでオリジナルTシャツ作りも

好きなワッペンでオリジナルTシャツ作りも
「オミャーゲ名古屋」ではさまざまなオリジナル名古屋みやげを販売していますが、中でも注目なのが「iwappen」というワッペンブランド。手羽先や海老フライなどの名古屋名物や動物、食べ物、人物などなど、様々なものをモチーフにして作られていて、数十種類とあります。
iwappenトッピングTシャツ(4400円)、ワッペンは1枚780円~
毎週土曜には、好きなワッペンを選んでオリジナルTシャツを作ることができる工房「iwappen store」もオープンします。無地のTシャツはもちろん、フライパンをプリントしたTシャツなど、ワッペンが映えるようにデザインされたTシャツもいろいろありますよ。

素材にもよりますが、服やカバンなど持ち込みの生地にワッペンをつけてもらうこともできるそうです。

地域と旅人を結びつけてくれる場所に

地域と旅人を結びつけてくれる場所に iwappenで作ったイヤリング。こちらはオレンジの会が手作りしたものなのだそう
堀江さんがプロデュースを手掛けた「オミャーゲ名古屋」ですが、その運営は、ひきこもりなど社会的孤立状態に置かれた方たちの支援を行っているNPO法人オレンジの会と共同で行われています。

店内の一部商品や「たつの屋」の名物あんこがねは、オレンジの会の皆さんが生産や発送業務を行っているそう。「オミャーゲ名古屋」は、支援が必要な人と地域社会を繋げる場所にもなっているのです。
リニア鉄道の名古屋駅が完成すれば、新たな名古屋の玄関口となる駅西エリア。「オミャーゲ名古屋」は、この地の歴史や地元ならではのものも大切にしながら、新たな名古屋名物を発信しようとしています。 今まで知らなかった名物やクリエイティブな作品にきっと出会うことができますよ。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真