ログイン / 会員登録するアカウントを選択

日本の伝統と先進が織りなす、新感覚デジタルアート展『巨大映像で迫る五大絵師』- 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 -

42
日本の伝統と先進が織りなす、新感覚デジタルアート展『巨大映像で迫る五大絵師』- 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 -
日本美術史を飾った絵師たちの最高傑作をデジタル映像で一挙公開するデジタルアート展『巨大映像で迫る五大絵師』−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界− が、7月16日〜9月9日まで大手町三井ホールにて開催されます。

最新のデジタル技術により、描いた浮世絵の微細な凹凸などの技巧や、和紙の繊維一本一本の質感までも立体的に復元。さらに、巨大映像化により圧巻の迫力で楽しめる、新たなアート体験ができます。
展示会イメージ
江戸時代の絵師たちの情熱と想像力が込められた浮世絵や金屏風、金襖絵。その歴史的作品が超高精細デジタルアートとして蘇ります。本展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の最高傑作を公開。デジタル技術と映像演出、そして巨大スクリーンによる大スペクタクルを展開しています。
展示会イメージ
3面ワイド45mスクリーンに高輝度4Kプロジェクターを駆使したダイナミックな巨大映像空間で、浮世絵は原作和紙の繊維一本一本まで、金屏風や金襖絵は素材や表現の緻密な違いまでを復元。また、作品のディテールを拡大表示し、わかりやすい解説とともに作品の魅力に迫ります。期間中、上映作品が毎⽇⼊れ替わり上映されます。

開催概要

展覧会名:『巨大映像で迫る五大絵師』−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−
会期:2021年7月16日(金)〜9月9日(木)*期間中、上映作品が毎⽇⼊れ替え上映
開館時間:午前10時30分〜午後7時30分※入館は閉館の60分前まで
会場:大手町三井ホール
観覧料(税込):一般:2,000円/ 大学生・専門学生:1,500円/ 中学生・高校生:1,000円
主催:フジアール、フジテレビジョン、BSフジ、ニッポン放送
後援:フジサンケイグループ、千代田区、千代田区教育委員会
協力:アルステクネ・イノベーション/アルステクネ、キヤノン綴プロジェクト
特別協力:山梨県立博物館、岡田美術館、大阪浮世絵美術館、大本山建仁寺、小曽根山西福寺、金刀比羅宮
協賛:マウスコンピューター

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真