ログイン / 会員登録するアカウントを選択

レトロ商店街から広がる美味しいモノづくり。ジンジャーシロップ製造所「TEMTASOBI GINGER」

42
レトロ商店街から広がる美味しいモノづくり。ジンジャーシロップ製造所「TEMTASOBI GINGER」
路面電車が走る街、愛知県豊橋市。この街に残る古い商店街の一角で見つけた、ジンジャーシロップ製造所をご紹介します。シロップを使ったドリンクスタンドも開いていて、一緒に食べ物やアーティストの作品を販売することも。美味しいものや楽しいプロダクトと出会える場所にもなっています。ジンジャーシロップの活用アイデアにも注目してみてください。

50年以上の歴史がある佇まいを大切に

50年以上の歴史がある佇まいを大切に
今回紹介する「TEMTASOBI GINGER」があるのは、豊橋駅の東口から徒歩5分ほどの場所にある、古いビルの一角。今から50年以上前に建てられたビルが連なるかつて問屋街だったという場所で、水上ビル、大豊ビルと呼ばれています。

近年は、このレトロな雰囲気に注目して、コーヒー店やスイーツショップ、雑貨屋などがオープンするようになってきていて、若い世代も集まるようになってきているエリアです。
菓子問屋だった頃の店名が記されていたが、あえてそのままに
「TEMTASOBI GINGER」をオープンさせた中川さんも、ビルや街の雰囲気が気に入り、ここで何か始めたいと思った人のひとり。元々再生医療を手掛ける会社で働いていたという技術者だった経験を活かし、オリジナルのジンジャーシロップの製造販売を始めました。

個性豊かな3つのフレーバーをボトルに詰めて

個性豊かな3つのフレーバーをボトルに詰めて 「ジンジャーシロップ01、02、03」(各1500円※店頭価格)
中川さんが作っているジンジャーシロップは3種類。さまざまなジンジャーシロップや飲み物の成分を解析し、理想の味わいに仕上げたというもので、「01」は何にでも合わせやすい、幅広い世代が楽しめる味。「02」と「03」は季節をイメージし作り上げたフレーバーなのだそう。

高知県産の生姜など素材も厳選するほか、活版印刷を施したラベルなど男前なデザインのボトルにもこだわりを感じます。
「スパイスジンジャーコーラ」(400円)と「ジンジャーマサラチャイ」(500円)
「02は冬をイメージし、ホットで飲んでも美味しいようにスパイスの風味をしっかりと感じられるようにしました。お店でもマサラチャイを作るときに使用しています」。

さらに「02」は、バニラエッセンスを数滴加え炭酸水で割ってジンジャーコーラとして提供しているとか。「コーラの成分を分析したら02のスパイスの配分がコーラと似ていていることがわかり、足りなかったのがバニラの甘い風味。バニラエッセンスを加えてみたらコーラのようになりました」。成分から味わいを組み立てるという研究者ならではの作り方に驚きです。
夏をイメージして作ったのが「03」。三重県産のマイヤーレモンジュースを取り寄せ、唐辛子なども加えて爽やかな味わいに仕上げています。ミントをたっぷり入れて、炭酸水とステアすれば、夏にぴったりなカクテル風のドリンクが出来上がりますよ。

モノづくりや手仕事の魅力を発信する場所に

モノづくりや手仕事の魅力を発信する場所に キッチンカーで煮込み料理を販売している「hoppeta」さんのルーロー飯。ジンジャーエールともよく合う
「TEMTASOBI GINGER」は、中川さんが声をかけたり、イベントなどで出会った人たちのポップアップショップが登場することもあり、ジンジャードリンクと共に楽しむことができます。

「コロナの影響でマルシェやイベントができなくなったので、それなら自分の店を間借りするという形で使ってもらえたらと思ったのがきっかけでした」。
テイクアウトできる煮込み料理やお菓子のほか、バッグやアクセサリーなど、ジャンルを問わずさまざまな人に出店してもらっているとか。中川さん自身もイベントやマルシェに今も毎週のように出店していて、そこでの出会いを大切にしています。

ドリンクだけじゃない、ジンジャーシロップの楽しみ方

ドリンクだけじゃない、ジンジャーシロップの楽しみ方 ボトルには薬包紙のように折られた紙を添えて。レシピや味わいのチャートが記されています
中川さんに、シロップのドリンク以外の使い方をうかがってみたところ、「01」はマイルドな味わいなので、きんぴらごぼうを作るときの仕上げにひと匙入れても美味しくなるとか。

シロップの材料は生姜や砂糖など和食でも使う材料ばかりなので、合わせやすいのだそう。「02」はケチャップやソースと混ぜ合わせれば肉に合うBBQソースになります、とのこと。
個性溢れるフレーバーを使いわけることで、ドリンクとして楽しむ以外にもいろいろな使い方ができる「TEMTASOBI GINGER」のジンジャーシロップ。シロップを使ったドリンクが飲めるカフェや、お土産として販売する店もどんどん増えてきているようです。

新しい豊橋みやげとしてぜひ手に取って、その美味しさを体験してみてくださいね。

TEMTASOBI GINGER(テンタソビジンジャー)

愛知県 豊橋市駅前大通3-118 大豊ビル19 MAP

090-8208-7476

11:00~18:00

不定休


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真