ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【プレゼントも♪】青空に映える海まちへ ♪ 小浜市・おおい町・ 高浜町をめぐる夏の旅

98
【プレゼントも♪】青空に映える海まちへ ♪ 小浜市・おおい町・ 高浜町をめぐる夏の旅
福井県の南西に位置するかつて「若狭」と呼ばれたエリアは、どの町も美しい日本海の景色が楽しめます。なかでも、穏やかな砂浜や海岸線が続く小浜市、おおい町、高浜町は、夏こそ訪れたい海まちです。晴れた日に爽快なドライブをしながら、海の眺めに心を癒され、海の幸を味わい満たされ、おみやげを買って思い出を持ち帰る、そんな夏旅を満喫しませんか。

記事の最後には素敵な賞品がもらえるアンケート&プレゼントキャンペーンも♪ぜひ応募してみてくださいね。

世界が認めた美しい海に見惚れる「高浜町」

世界が認めた美しい海に見惚れる「高浜町」 いつまでも眺めていたい若狭和田ビーチからの景色
福井県の西の玄関口「高浜町(たかはまちょう)」は、比較的温暖な気候と変化のある自然美が特徴の海辺のまちです。約8kmの白い砂浜に8つもの海水浴場があり、特に若狭和田ビーチは、遠浅で透明度が高く、アジア初の国際環境認証「BLUE FLAG」を取得しているほど。

2021年度は、若狭和田ビーチ、白浜、鳥居浜、城山の4つの海水浴場が、新型コロナウイルス感染症対策をしながら開設されます(期間は7/10~8/22)。
7月には新しく体験型シーフードマーケットもオープンし、さらに海での楽しみ方が広がりそうです。

【高浜町】漁師町ならではの新施設「UMIKARA」が7月7日にオープン

【高浜町】漁師町ならではの新施設「UMIKARA」が7月7日にオープン UMIKARA Marketやうみから食堂の刺身や料理は、2階のテラス席でも味わえる。青葉山の杜仲茶ソフト(500円)、若狭に恋する海鮮丼(1800円)。おみやげに桜干しを
「UMIKARA」は、「海のご馳走」と出会える、魚と食の複合型マーケットです。
隣接する高浜漁港から水揚げされたばかりの魚が泳ぐ生簀から、好みのものを探して刺身などで味わえたり、桜干し(魚の醤油干し)などのオリジナル特産品を買うことができる「UMIKARA Market」、高浜町はもちろん福井県のおみやげが買える「UMIKARA select」。また、青葉山と海のぜいたくな景色が楽しめる「UMIKARA TERRACE」は、これからBBQなども計画中。高浜町の魅力をぎゅっと詰め込んだ施設です。

中でもおすすめなのは「うみから食堂」。若狭鯛だしラーメン(780円)といった軽食から、内浦地区で採れたレモンのタルト(600円)などのスイーツまで揃います。

魚と旅するマーケット「UMIKARA」(サカナトタビスルマーケットウミカラ)

福井県高浜町塩土5-1MAP

0770-72-3528

9:00~19:30(7・8月は~20:00)、UMIKARA食堂は10:00~16:30、17:30~22:00(金・土曜、祝前日のみ)、うみからテラスは10:00~16:30(5月~9月の土・日曜、祝日のみ営業)

無休、うみから食堂は隔週月曜日(祝日の場合は翌日休)、うみからテラスは10~4月ほか

魚と旅するマーケット「UMIKARA」

【高浜町】若狭の自然美にふれる海辺の「城山公園」を散策

【高浜町】若狭の自然美にふれる海辺の「城山公園」を散策 名勝・明鏡洞は、丸い巨岩の穴から見える水平線が鏡の中の景色のよう。芝生広場からのんびり眺めたい
UMIKARAから歩いて行ける城山公園は、「日本夕日百景」にも選ばれた絶景スポット。公園内には8つの洞穴があり、なかでも明鏡洞は神秘的な形で有名です。遊歩道や展望台を散策し、奇岩や沖に点在する小島などの眺望を楽しみましょう。
夏には海水浴、春から秋にかけてはSUPやカヌーで明鏡洞や奇岩をめぐるアクティビティもあり、日本海がつくった自然のアートを体感できます。

城山公園(シロヤマコウエン)

福井県高浜町事代MAP

0770-72-0338 (若狭高浜観光協会)

入園自由


海沿いをドライブして旬の味覚を楽しむ「おおい町」

海沿いをドライブして旬の味覚を楽しむ「おおい町」 好きなジェラートを1種選べるジェラシェイク(480円)は「うみんぴあ大飯」のジェラート工房で
高浜町と小浜市の間にある「おおい町(おおいちょう)」。小浜湾の入り江にかかる青戸大橋と美しい海に、爽やかな夏の風景を感じます。橋を渡るドライブを楽しんだり、湾内のクルージングで心地よい潮風を感じたり、大人な楽しみ方ができる海まちです。

おおい町へ来たら、まずは複合レジャー施設「うみんぴあ大飯」へ。季節によりさまざまな果物が収穫できる町なので、ジェラートなどで味わうのもいいですよ。

【おおい町】開放感あふれる「青戸クルージング」

【おおい町】開放感あふれる「青戸クルージング」 橋の奥に見えるのは「若狭富士」と地元で親しまれる青葉山
おおい町の観光拠点「うみんぴあ大飯」のターミナルから、3~11月まで1日4回、毎日就航する観光船。「ホテルうみんぴあ」横の成海桟橋発着で、料金は、大人(中学生~)1400円です。おおい町内にある観光施設備付けの特別割引券を持参すると半額になります。

約50分間の船旅では、四季折々の自然やリアス式海岸、海に浮かぶ島々など小浜湾ならではの風景が楽しめます。なかでも大島半島に架かる青戸の大橋と、橋の向こうにそびえる美しい青葉山は必見。夏の爽やかな風と、雄大な景色に癒される時間を楽しんでみませんか。

青戸クルージング(アオトクルージング)

福井県おおい町成海MAP

0770-59-1500

8:15~17:00(3~11月)※天候により運休あり

期間中無休、12~2月休業


【おおい町】海の幸も里の幸も旬に出会える「うみんぴあ大飯」

【おおい町】海の幸も里の幸も旬に出会える「うみんぴあ大飯」 3種選べるのはジェラート三昧450円。夏には桃やブルーベリーも登場し、果物の販売も行っている
小浜湾を目前にしたロケーションが魅力の観光リゾート施設。ホテルやスパなどさまざまな施設がありますが、グルメとお買い物なら「道の駅うみんぴあ大飯」がおすすめです。

エントランスを入って左側には、地元の生産者による季節の野菜や果物、その日に水揚げされた魚介、エリアの特産物を使ったお菓子などを販売しています。
イートインスペースが広がる右側には、福井県の海の幸を味わえる「ファストフードうみ・ぼ~ず」と、梅ソルベや、枇杷、みかん、いちごなどエリアで採れる果物をたっぷり使ったジェラートを販売する「ジェラート工房」があります。スタッフが手作りするジェラートは、シングル300円~。常時10種以上のフレーバーを揃えています。
ランチのロコモコ丼(900円)はテイクアウトもできる。サラダガレット800円~。ワンちゃん連れでも利用可能
うみんぴあ大飯のマリーナ2階に、昨夏オープンしたのが「居酒屋レストランRond」です。地元の居酒屋で16年以上調理を担当してきた女性店主が「今まで近隣にはありそうでなかったメニューやコミュニティスペースを」と、挑戦する気持ちで開店しました。

地産地消を考え、福井県産のそば粉を使うガレットランチ(900円~)や、季節の地元野菜をたっぷり使う週替わりランチ(1100円)などメニューは豊富にあり、食材と時間がある時は要望を聞いてオリジナルメニューも作っているそう。8月初旬までは夜カフェも開催されるので、インスタグラム(@rond_2020)で確認してみてくださいね。

うみんぴあ大飯(ウミンピアオオイ)

福井県大飯郡おおい町成海1-1-2MAP

0770-77-4600

施設により異なる、道の駅うみんぴあ大飯は9:00~18:00(うみ・ぼーずは10:00~15:00、ジェラート工房は9:00~17:00)、居酒屋レストランRondは11:00~15:00、17:00~21:00

第1・3月曜(祝日の場合は翌火曜)、居酒屋レストランRondは月~木曜


歴史と文化はもちろん海沿いが気持ちいい「小浜市」

歴史と文化はもちろん海沿いが気持ちいい「小浜市」 白鳥地区の小浜海浜小公園にある白鳥のオブジェ
日本遺産に認定されている「鯖街道」の出発地点として栄えた城下町。ノスタルジックな三丁町や古寺古刹など歴史に触れるのも楽しいまちですが、小浜湾に面した海まちでもあります。

海岸沿いの162号線から、エンゼルラインをドライブするのも、海を楽しむひとつの方法。また、若狭湾の景勝地・蘇洞門、若狭に伝わる人魚伝説にちなんだマーメイドテラスなどの見どころが点在し、若狭カレイといった海の幸に小鯛の笹漬け、焼き鯖寿司といった加工品も味わえます。

【小浜市】オーシャンビューと海の幸を満喫「レストラン内外海」

【小浜市】オーシャンビューと海の幸を満喫「レストラン内外海」 ガラス張りの窓で見晴らしもいい
「レストラン内外海(うちとみ)」は宿泊施設「海のオーベルジュ志積」に併設された海辺のレストラン。民宿の離れをリノベーションしたお店は、若狭湾や山々に囲まれた内外海地区の集落の中にあり、素晴らしい眺望を楽しめます。

お店で楽しめるのは、近海で獲れた海の幸や小浜で育った野菜など地物を贅沢に使った料理。イタリアンで経験を積んだシェフが手がけており、和から洋まで幅広いメニューをいただくことができます。
ランチの志積のタコ飯セットと内外海パエリアセット(各1980円)はサラダなどが付く。日替わりのスイーツもある(写真はプラムのセミフレッド)
注文を受けてから炊き上げるたこ飯は、ランチで楽しめるメニューです。漁師でもあるオーナーが獲った新鮮なたこを使用。錦糸卵や紅生姜、大葉が風味豊かで、たこのうまみを存分に味わえます。ほかにも旬の魚をたっぷり使ったパエリアや、当日仕入れた食材で作る日替わりのパスタなどもあり、訪れるたびに内容が楽しみになりそうです。

魚介類や野菜、ジビエを取り入れた要予約のディナーコースもあるので、ぜひ新鮮な地物を堪能してみてくださいね。

レストラン内外海(レストランウチトミ)

小浜市志積15-6MAP

0770-54-3531

ランチ:11:30〜15:00(L.O.14:00)、ディナー:18:00〜22:00(L.O.21:30) ※ディナーは4日前までに要予約

不定休


【小浜市】趣のある新たな憩いのスポット「GOSHOEN」

【小浜市】趣のある新たな憩いのスポット「GOSHOEN」 建物は福井県の有形文化財に登録されている
2021年5月にオープンした「GOSHOEN」は、どっしりとした和のたたずまいが素敵なスポットです。
建物は、江戸時代に北前船の商人が賓客をもてなすために生まれたもの。これまで特別公開以外では長年使われることがなかったのですが、小浜市にある箸メーカー「マツ勘」が建物を活用したいという思いからリノベーション。もとの良さを残しつつ、こだわりのインテリアを取り入れ、現代の集いの場として生まれ変わりました。
室内には美しい庭を望める畳の広間をはじめ、茶室、月を見るために使われていた部屋などさまざまなスペースがあり、自由な過ごし方ができます。
HASHIKURA SEASON01(各1320円)など魅力的な箸が並ぶ「箸蔵まつかん直営店」。カフェラテ(500円)や抹茶のガトーショコラ(300円 )などが楽しめる「ene COFFEE STAND」
「マツ勘」が手がけた箸を購入できる「箸蔵まつかん直営店」はおみやげ探しにぴったり。伝統的な若狭塗の箸からポップでカジュアルなデザインのものまでそろいます。人気の「HASHIKURA SEASON01」は空色、浜色、雲色など福井特有の天候や風景を色で表現。くすんだカラーがかわいらしく、日常使いはもちろん、ギフトにもおすすめです。

ほかにも、コーヒースタンド「ene COFFEE STAND」も併設。大阪の「Enon coffee roasters」のビターブレンドを使ったコーヒーやカフェラテなどのドリンクと、長崎県のそのぎ茶を使った香り豊かな「抹茶のガトーショコラ」を楽しめます。好きな場所で飲食ができるので、お庭を眺めながら過ごすと心落ち着くひとときが過ごせそうですね。

GOSHOEN(ごしょうえん)

小浜市北塩屋17-4-1MAP

0770-64-5403

10:00~17:00

水・木曜


【ことりっぷアプリ限定】小冊子の無料ダウンロード実施中

【ことりっぷアプリ限定】小冊子の無料ダウンロード実施中
ことりっぷアプリでは、小冊子「若狭 小浜・おおい・高浜」が無料でダウンロードできるキャンペーンを実施中です。今回ご紹介しきれなかった、海の絶景を楽しめるコースや里山での体験、歴史を感じる古い町並みや、カフェ&レストラン、すてきなおみやげなど小浜市・おおい町・ 高浜町の魅力を紹介しています。

◎電子書籍のダウンロードはことりっぷアプリから

【アンケート&プレゼント】抽選で3名様に「若狭のいいものセット」をプレゼント♪

【アンケート&プレゼント】抽選で3名様に「若狭のいいものセット」をプレゼント♪
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で各1名計3名様に「若狭のいいものセット」をプレゼントいたします。みなさまのご応募をお待ちしております♪

賞品:「若狭のいいものセット」(何が届くかはお楽しみ!)
応募期間:~8/3(火)まで
賞品の発送:8月中旬

※当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真