ログイン / 会員登録するアカウントを選択

四季の日本庭園を眼下に望む、平日限定のダイニング和カフェ「茶寮 春街坂」オープン

104
四季の日本庭園を眼下に望む、平日限定のダイニング和カフェ「茶寮 春街坂」オープン
とうふ料理店「とうふ屋うかい 鷺沼店」では、2階広間を利用した平日限定のダイニング和カフェ「茶寮 春待坂」が2021年7月15日オープンしました。

四季の日本庭園を眼下に望む寛ぎ空間で、名物のとうふを使用した限定ランチや、自家製豆乳を使ったフルーツたっぷりの豆花(トウファ)付きのこだわりパンケーキが楽しめるほか、ガラス商品や器などの工芸品の展示・販売も行われています。

平日のランチ&カフェタイムに「とうふ屋うかい」を気軽に味わえる新空間が登場

平日のランチ&カフェタイムに「とうふ屋うかい」を気軽に味わえる新空間が登場
“のれんをくぐれば、そこは江戸”をコンセプトに掲げた、とうふ料理店「とうふ屋うかい 鷺沼店」。より気軽にとうふ屋うかいを堪能してほしいという想いから、日本庭園を眼下に望む2階の大広間にて、平日限定でダイニング和カフェがオープンしました。
店舗が面する桜の名所“春待坂”にちなみ命名した「茶寮 春待坂」では、春は桜、夏は爽やかな緑、秋には紅葉と、窓辺からは四季折々の庭園を一望できます。
店内で味わえるのは、自家製豆腐と旬の美味を少しづつ種類豊富に盛り込んだ「花やぐ小町御膳」と、豆乳生クリームを添えた「芳醇こだわりパンケーキ」。靴を脱いでゆったりと寛げる開放感あふれる席で、四季の庭園風景を愛でながら憩いのひと時を過ごせます。

旬を大切にした限定ランチや、くちどけふんわりのパンケーキを

旬を大切にした限定ランチや、くちどけふんわりのパンケーキを
「花やぐ小町御膳」は、旬を大切に素材を活かした料理を、彩り豊かに少しずつ楽しめるランチメニューです。名物の「豆水とうふ」に「胡麻とうふ」、「あげ炭火焼」などの名物料理と共に、華やかに盛り付けられています。アトリエうかいの小菓子がついた「茶寮 春待坂」限定のランチです。
カフェメニューでは、「芳醇こだわりパンケーキセット」(豆花・ワンドリンク付き)が登場します。じっくり丁寧に焼き上げた、くちどけふんわりのパンケーキには、バターをたっぷりのせて。豆乳がほんのり香る生クリームにお店で炊き上げた大粒のあんこ、黒蜜をお好みでかけていただきます。季節のフルーツがゴロっと入ったジャムもアラカルトでそろいます。
パンケーキが焼きあがるまでの時間は、自家製豆乳を使ったフルーツたっぷりの豆花(トウファ)を楽しめますよ。

職人技を継承した伝統工芸品の展示・販売会も同時開催

職人技を継承した伝統工芸品の展示・販売会も同時開催
またフロントでは、伝統と技術を継承する「太武朗工房」の熟練職人により生み出される、江戸切子や彫刻硝子などのオリジナルガラス製品や、大正11年に京都府・東山泉涌寺で創業した、京焼・清水焼窯元の「陶あん」による「色絵付」シリーズの器を常設展示しています。伝統工芸品は、全ての商品を購入できますよ。

四季の日本庭園を眼下に望みながら、平日限定の新しい寛ぎ空間を楽しんでくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真