ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都の進化系抹茶スイーツ、老舗の味や工芸品が集合。西武池袋本店「第55回 京都名匠会」

41
京都の進化系抹茶スイーツ、老舗の味や工芸品が集合。西武池袋本店「第55回 京都名匠会」
西武池袋本店本館7階催事場では、伝統の技から最新抹茶スイーツまで食品46店・工芸23店がそろう「第55回 京都名匠会」が、2021年10月15~22日の期間開催されます。

会場では抹茶を使った進化系スイーツが初登場するほか、老舗のお弁当やお寿司、京の銘菓などがそろいます。また職人の技が光る工芸品では、螺鈿のアクセサリーが再び登場します。さらに「デパ地下グルメお届け便e.デパチカ」では、自宅にいながら京都の味を楽しめますよ。

ボトル入り抹茶ドリンクなど抹茶スイーツが充実

ボトル入り抹茶ドリンクなど抹茶スイーツが充実
今回の京都名匠会では、抹茶を使い、新しい楽しみ方を提案する「抹茶共和国」(宇治市)が初登場。オシャレなボトルに入ったドリンクをはじめ、新栗の絞りたてモンブランと抹茶ソフトを合わせたスイーツなど、古都京都の話題のスイーツが登場します。

「抹茶共和国」の抹茶インク プレミム抹茶ラテ、プレミアム抹茶コラーゲンは、インクボトルをモチーフにしたパッケージが特徴。厳選した一番摘み石臼挽き宇治抹茶と、北海道産の牛乳を使ったまろやかなラテは抹茶の香りと旨みを感じる一品です。そのほかにコラーゲン入りの斬新なドリンクも登場します。
また、京丹波くりを使ったモンブランで、宇治抹茶ソフトクリームを包んだ「和栗専門 紗織」(木屋町)の京丹波くりの1mmモンブランソフト ~宇治抹茶~は、イートインで味わうことができます。
このほか抹茶スイーツは、京 宇治 白川の茶葉をはじめとする宇治抹茶を使った「京都 北山 マールブランシュ」(北山通)のお濃茶ラングドシャ「茶の菓」やお濃茶フォンダンショコラ「生茶の菓」、宇治抹茶と生クリームのまろやかなババロア、北海道産大納言小豆ともちもち白玉が魅力の「京甘味 文の助茶屋」(東山八坂)の抹茶ばばろあ、京都産の小麦と抹茶を使いフランスの伝統製法で作る「ブーランジュリ オペラ」(七本松西入東町)の抹茶ホワイトショコラクロワッサン、抹茶甘栗クロワッサン(西武池袋本店限定)が登場します。
さらに10月18~21日は、挽きたての抹茶、砂糖、小麦粉、卵、バター、ホワイトチョコレートのみでできた「シェ・アガタ」(宇治市)の抹茶のテリーヌが各日限定30個登場します。

思わず写真を撮りたくなる、秋のかき氷やフルーツサンド

思わず写真を撮りたくなる、秋のかき氷やフルーツサンド
秋の味覚かぼちゃのコクと風味が氷の口どけとマッチした「京甘味 文の助茶屋」(東山八坂)のかぼちゃ氷は、カボチャスープをイメージし、サクサクのクルトンをトッピングしています。
また、京都を代表する喫茶店「イノダコーヒ」(堺町通三条下ル)の、プリンとコーヒーゼリーのパフェも並びます。
また専門店の贅沢な味が楽しめる「フルーツパーラー クリケト」(平野神社前)のフルーツサンドや、甘辛く炊き上げたすき焼きとふわふわ玉子が相性抜群の「開晴亭北山本店」(北山通下鴨中通東入ル)の国産牛のすき焼き玉子サンドなど、サンドウィッチも充実しています。

本格ラーメン、おうちで楽しむ老舗の味

本格ラーメン、おうちで楽しむ老舗の味
さらに、中華の名店「VELROSIER」の岩崎シェフがプロデユースする注目のラーメン店「鴨出汁中華そば ROKU」(河原町通四条下ル)の鴨ワンタン入り清湯麺(ちんたんめん)や、天然の鯛と柚子香る寿司飯を包んだ「いづう」(八坂新地清本町)の鯛柚の笹巻寿司、秋の風情を表した「京菓子司 俵屋吉富」(室町通上立売上ル)の季節の上生菓子など、老舗の味が並びます。

暮らしの中に光る職人の技が集結

暮らしの中に光る職人の技が集結
このほか職人の技が光る工芸品では、モダンな螺鈿の輝きが個性を演出する「嵯峩螺鈿 野村」(嵯峨釈迦堂大門町)の螺鈿ネックレス 幾何学、香りをモダンに楽しめる「香老舗 松栄堂」(烏丸通二条上ル)の香りのおうち こだまなど、伝統の技がそろいます。

秋の行楽は都内で、京都のプチ旅気分を味わってくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真