ログイン / 会員登録するアカウントを選択

あんこだけじゃない!抹茶やフロランタン、味や見た目が新しい最中11選。お取り寄せや手土産に♪

37
あんこだけじゃない!抹茶やフロランタン、味や見た目が新しい最中11選。お取り寄せや手土産に♪
和菓子の代表的なお菓子「最中」。最近では、あんこではなく、ナッツたっぷりのフロランタンが乗った老舗和菓子店の新作や、香りの良いフルーツを取り入れた餡が入った丸い最中が話題を集めています。今回はそんな和洋の垣根を超えた新しい最中をご紹介します。おしゃれな見た目なので、ちょっとした贈り物や手土産にもぴったりですよ。

コロンと丸い形と華やかな色のフルーツ餡入り最中「笑美玉」/兵庫県

コロンと丸い形と華やかな色のフルーツ餡入り最中「笑美玉」/兵庫県
和菓子らしい洗練された穏やかな形に、洋菓子のような明るい色合いの「笑美玉(えみだま)」。一箱に最中種の色が異なる12のフレーバーを詰め合わせています。

香ばしいうるち米の最中種にこしあんの甘さが引き立つ「小豆」、サトウカエデのやわらかな香り漂う手芒種あんの「メープル」など、餡のしっとりなめらかな口当たりが、パリッとした最中種によく合います。

パリッと食感の最中とほろっとクッキーがマッチ「35」/滋賀県

パリッと食感の最中とほろっとクッキーがマッチ「35」/滋賀県
彦根城の城下町で創業70年余りの和菓子店「菓心おおすが」。先代から引き継いだ看板菓子の最中皮を一枚使って、三代目店主が新たな挑戦として生み出したのが「35(さんじゅうご)」という焼き菓子です。

「きなこ」「シナモン」は、ほろっとくずれるやさしい食感に最中の皮の香ばしさがアクセント。洋菓子に使われるアーモンドプードルを練り込んだ生地に、それぞれのフレーバーが優しく香ります。「ミエル」はスライスアーモンドやかぼちゃの種、レーズンなどを混ぜ込んだナッツバーのような楽しい食感。はちみつの優しい甘さが幸せな気分にしてくれます。

気鋭のショコラティエによる濃厚な抹茶クリームの最中「Monaショコラ抹茶」/京都府

気鋭のショコラティエによる濃厚な抹茶クリームの最中「Monaショコラ抹茶」/京都府
「Chocolaterie HISASHI」は、チョコレートの世界大会でチーム優勝、個人で準優勝の経歴をもつ小野林範さんのショコラ専門店。今回ご紹介するのは、パリパリ最中と本格チョコクリームの相性が絶妙な人気スイーツ「Monaショコラ」の抹茶です。

最中の上には、シェフの頭文字「H」が刻印された抹茶チョコのプレートが。ひと口食べると、パリッとした最中の香ばしさと、芳醇な抹茶の香りが口の中に広がります。クリームで生地がしっとりしないよう、内側をチョコでコーティングしてあるので、最後までサクサクの食感が楽しめます。

ひとくち目からおいしい、スタイリッシュな和モダンもなか「くう」/滋賀県

ひとくち目からおいしい、スタイリッシュな和モダンもなか「くう」/滋賀県
「くう」は人気デザインユニット「トネリコ」との店舗設計を申し込んだことがきっかけで、デザインに惚れ込みコラボレーションで誕生したはさみ最中です。

「空(くう)」には、すきま。空間。余地。余白という意味があり、ドーナツ型なので、どこから食べてもひとくちめから最中種とあんこを一緒にいただけます。味はこしあん、桜、よもぎ、黒ごまの4種類。皮と餡が個別包装になっているので、自分であんこをセットすることができ、いつでもサクサクの食感が楽しめますよ。

伝統の馬の祭りを模したフロランタン「子馬のポルカ」/岩手県

伝統の馬の祭りを模したフロランタン「子馬のポルカ」/岩手県
岩手で毎年6月の第2土曜に行われる「チャグチャグ馬コ」をご存じですか?色鮮やかな装束をまとった約100頭の農耕馬が、滝沢市の鬼越蒼前神社から、盛岡市中心部の盛岡八幡宮まで行進する伝統行事です。

「子馬のポルカ」は、春に生まれた可愛い子馬が、母と一緒に参加し、沿道を軽やかに走る愛らしいイメージから誕生したお菓子。クルミと岩手県滝沢産のおいしいお米のパフ、キャラメルを香ばしく絡め焼き上げたフロランタンです。馬の形を模した最中のサクッとした食感とのバランスも良く、軽やかに食べられます。

“見ざる・言わざる・聞かざる”のお猿さんをキュートな最中に。「三猿もなか」/栃木県

“見ざる・言わざる・聞かざる”のお猿さんをキュートな最中に。「三猿もなか」/栃木県
「三猿もなか」は日光東照宮の三猿をイメージしたお菓子。それぞれのお猿さんの「見ざる・聞かざる・言わざる」の表情かかわいい最中です。

もち米で作った最中の皮に包まれているのは、ゴロゴロと沢山入ったクルミとなめらかなキャラメル餡です。袋を開けるとざく切りのクルミの香ばしさとキャラメルの風味が広がりますよ。3個セットを1袋にパッケージし、2袋、3袋をセットした箱入りもあり日光のお土産に最適です。

メロン好きにはたまらない♪ 南伊豆の芳醇な温泉メロン果汁がたっぷりつまった「メロン最中」/静岡県

メロン好きにはたまらない♪ 南伊豆の芳醇な温泉メロン果汁がたっぷりつまった「メロン最中」/静岡県
静岡県・下賀茂温泉は、日本の温泉メロン栽培発祥の地。その温泉熱により育った糖度14度以上のとろけるメロンを使って生み出されたが、「扇屋製菓」の「メロン最中」です。

一口食べれば、芳醇なメロンの香りがふわり。やさしい歯ざわりのしっとりした最中皮が、なめらかなメロン餡を絶妙なバランスで包み込みます。まるでメロンをそのまま食べているような、メロン型の見た目も可愛らしいですよね。

名古屋の名物菓子が新しいスタイルで登場♪ 「ういろモナカ」/愛知県

名古屋の名物菓子が新しいスタイルで登場♪ 「ういろモナカ」/愛知県
ひと口サイズの「ういろモナカ」は、名古屋の老舗「大須ういろ」の看板商品。モナカ皮に餡とういろを自分ではさんで食べる新しいスタイルで、ひと手間かけるプチ手作り感がSNSなどで評判になっています。

「ういろモナカ」は、自分の手で作り上げる工程も魅力のひとつ。パリパリのモナカ皮に餡を絞り入れ、その上に弾力のあるういろをのせたら、もう一枚のモナカ皮ではさんでいただきます。もっちりしたういろ、しっとりなめらかな小豆のこし餡、サクサクして香ばしいモナカ皮と、3つの異なる食感のハーモニーが楽しめます。

奈良素材のミルク餡を包む、真っ白な鹿「神鹿物語®」/奈良県

奈良素材のミルク餡を包む、真っ白な鹿「神鹿物語®」/奈良県
ちょこんと膝を折って座る鹿をモチーフにしたこちらの最中。鹿が名物といえば?の問いに誰もが思い浮かべる、奈良県で作られているお菓子です。最中のなかは、甘い香りのミルク餡。しっとりした口当たりに、カリッと香ばしいアーモンドの食感がアクセントです。

ミルク餡に合わせているのは奈良県産の吉野柿(フリーズドライ)や、奈良県産蜂蜜でキャラメリゼしたローストアーモンド。地元・奈良の素材がふんだんに取り入れられています。

果樹農家が手掛けるフルーツを楽しむモナカ「りんごモナカボックス」/福島県

果樹農家が手掛けるフルーツを楽しむモナカ「りんごモナカボックス」/福島県
「りんごモナカボックス」の中には、キュートなりんごの形をしたモナカと、りんごペーストとコンポートが入ったりんご餡、マスカルポーネとクリームチーズを混ぜ合わせたまろやかでコクのあるチーズ餡の2つの小瓶が入っています。この2種類の餡をモナカにお好みで詰めて、種までも描かれたモナカの皮で閉じればりんごモナカの完成です。

パリッとしたモナカを食べると、りんごの芳醇な香りと甘みが口の中に広がり、濃厚なチーズ餡とのハーモニーもぴったり。

野菜のまろやかあんとパリッと皮がたまらない「野菜最中」/東京都

野菜のまろやかあんとパリッと皮がたまらない「野菜最中」/東京都
まん丸で真っ白な皮の上に、野菜のスライスをのせた美しくもユニークな「野菜最中」。いただく直前に皮とあんを合わせるから、皮はサクッと香ばしく、クリーミーな野菜あんはフレッシュなまま。最中の皮にのせられた野菜の香ばしさもしっかりと感じる、新ジャンルの野菜スイーツです。

小箱に詰められているのは「黒胡麻と木の芽」「蓮根」「薩摩芋」の3種。「黒胡麻と木の芽」のあんは手芒豆の白餡とたっぷりのすり黒ごまが相性抜群、「蓮根」のあんは細かく刻んだ蜜漬けの蓮根が入った新食感。角切り薩摩芋が入った懐かしい甘みの「薩摩芋」あんもたまりません。和の味わいの中にバターや生クリームなど洋のエッセンスも感じられ、野菜の甘みがいっそうまろやかに味わい深く感じます。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真