ログイン / 会員登録するアカウントを選択

雪国・新潟うまれの心が和むかわいいお菓子4選。お取り寄せや手土産に

26
雪国・新潟うまれの心が和むかわいいお菓子4選。お取り寄せや手土産に
日本海に面し、南北に長く地域により多彩な気候が見られる新潟県。多くの雪が降る豪雪地帯もあり、これから冬になると、スノーアクティビティを楽しみに多くの人が訪れます。また、恵まれた自然を生かして育まれるおいしい米や野菜も魅力です。今回はそんな新潟県を旅した際に買いたい、ほっこりかわいいお菓子をご紹介します。美しい砂糖菓子や雪国らしいクッキーなど、素敵なお菓子がそろいました。

遊び心あふれる積み木モチーフ。シャリッと甘い干菓子「こはくのつみき」

遊び心あふれる積み木モチーフ。シャリッと甘い干菓子「こはくのつみき」
絵本のようなブック形のパッケージの中から、パステルカラーの三角や四角、クマちゃんが目に飛び込んでくる「こはくのつみき」。外箱もお菓子も、かわいい!と口に出して愛でたくなる美しい琥珀糖です。

琥珀糖は、砂糖と寒天を主原料にした伝統的な干菓子。クリスタルのように涼しげな半透明の色合いが特徴です。口に含むとしゃりっと音を立てて儚く崩れ、ほのかな甘さを楽しめます。

ほろり柔らかなクッキーにフランボワーズソースが甘酸っぱい。雪国うまれの「白銀サンタ」

ほろり柔らかなクッキーにフランボワーズソースが甘酸っぱい。雪国うまれの「白銀サンタ」
家の形をした箱に結ばれた赤いリボン。銀色のスリーブはひょうたんのような形と窓がカットされ、下の白い箱に重ねると赤い三角帽子をかぶった小さな雪だるまが現れます。まるで銀世界に包まれた雪だるまの家を思わせるパッケージが、ずっと見ていたいかわいらしさ。

「白銀サンタ」は、雪国・新潟生まれのクッキー。丸が二つ並んだような形も、白い生地も雪だるまがモチーフです。白いクッキー生地が口の中でやわらかくほどけ、中のフランボワーズソースがクッキー生地に絡み、甘酸っぱいおいしさ広がります。ひとすじデコレーションされたホワイトチョコの甘さもアクセント。

ひと粒がちいさな幸せを誘うあられ菓子「浮き星」

ひと粒がちいさな幸せを誘うあられ菓子「浮き星」
金平糖のようにカラフルな見た目の「浮き星」は、あられを砂糖でコーティングしたお菓子。カリポリと軽い食感は、それぞれの色でフレーバーが異なり、例えば茶色は香りとほろ苦さを楽しめるコーヒー、ピンクはフルーティーな甘さのいちごの味です。

あられに砂糖蜜をかけた菓子はかつて新潟市民に「ゆか里」という名で愛されていましたが、時代の変化により、いつしか作り続けているのは明治33年創業の「明治屋」一軒のみ。伝統的な新潟のお菓子にこれからもずっと続いてほしいという願いから、名前も新たに「浮き星」とし、雑貨店やみやげもの屋にも並び、新潟のかわいいお菓子として評判を呼んでいます。

民芸品モチーフの紫蘇餡入り最中「三角だるま」

民芸品モチーフの紫蘇餡入り最中「三角だるま」
阿賀野市水原町に伝わる三角だるまは、円錐形のとんがり頭が特徴の伝統工芸品です。本日紹介するのは、その形と名前も同じ和菓子「三角だるま」。おとぼけ顔にくすっと笑みがこぼれるキュートな最中です。

紙のパッケージを開くと円錐形の最中が登場。中には紫蘇を練り込んだ白餡がたっぷり詰まっています。紫蘇の入った白餡と聞くと珍しさを感じますが、ほのかな紫蘇の風味がさわやかな味わい。ひとつが10センチを超えるボリュームですが、さっぱりした餡のおかげで軽く食べられます。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真