ログイン / 会員登録するアカウントを選択

豆皿や小皿を上手に使ってセンスアップ♪ 知っておきたいおしゃれな活用法

36
豆皿や小皿を上手に使ってセンスアップ♪ 知っておきたいおしゃれな活用法
手のひらサイズでかわいい豆皿や小皿は収納スペースも取らないので、ついついコレクションしてしまいますよね。そんな小さなお皿は料理を取り分ける以外にも実は用途はたくさん。今回は豆皿や小皿ならではの使い方を「ことりっぷ豆皿」でご紹介します。ご自宅の食器の参考にしてみてくださいね。

まずは食卓を彩る小さな食材や薬味入れとして使って

まずは食卓を彩る小さな食材や薬味入れとして使って
豆皿は本来は料理の取り分け皿として使ったり、薬味入れとして使うときに便利なもの。しょうゆなどの調味料入れとして使うことも多いですが、かわいいお皿を手に入れたのなら、やはり絵柄が見えるように使いたいもの。プチトマトやすだちなど、食材そのままを盛ると、お皿の柄もさりげなく見えるので、食卓が華やかになりますよ。

ちっちゃなお菓子を盛ってかわいく活用

ちっちゃなお菓子を盛ってかわいく活用
小さなお菓子をかわいく盛ると、より写真映えするおもてなしの一皿に。デザインによっては中央に料理を盛ると絵柄が囲ってくれるような、ちょっとした演出になることも。やわらかな色合いのものを選べば主役の邪魔をせず、そっとさりげなく華を添えてくれます。

部屋の中で散らばりがちな文具をすっきり収納

部屋の中で散らばりがちな文具をすっきり収納
ほかにも料理や食材だけではないさまざまな使い方があります。例えばパラパラと散らばりがちな小物の一時置きとして。いつの間にか増えているクリップなどをすっきり収めて、そのままいつでも使えるように「見せる収納」としてしまうのもひとつの手。無機質なクリップも、かわいい柄のお皿に入れれば、なんとなくおしゃれに見えてくるから不思議です。

プチジュエリーやアクセサリー置きとして活躍させて

プチジュエリーやアクセサリー置きとして活躍させて
さらにネックレスやリングなどの小さなアクセサリー入れとして活用するのもおすすめです。とくに愛用のものはいつでも身に着けられるように身近に置いておきたいですが、小さなものは無意識にどこかに置いてしまうと失くしてしまうことも…。そんな時には小ぶりなお皿に入れておくと、すぐに使えて外した時もどこかに落としてしまう心配もなく、意外なほど使い勝手がいいですよ。

陶器だからこそ安心して使えるアロマやお香の受け皿に

陶器だからこそ安心して使えるアロマやお香の受け皿に
癒しのひとときをアロマやお香で楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。セットや付属の器を使うほかに、豆皿を使う方法もあります。たとえばアロマオイルの受け皿として。また、お香に火を点けて、くゆる煙を眺めるときにお皿がかわいい柄に彩られていたら、より心がなごむひとときに。また、近年流行っている苔玉は、ぽんとそのまま置くだけでも愛らしいたたずまいに。好きなものに囲まれることは最高に癒される時間になります。

豆皿や小皿を上手に生かして生活にアクセントを♪

豆皿や小皿を上手に生かして生活にアクセントを♪
いかがでしたか?小さなお皿はサイズ、深さ、形によっても使い方はさまざま。いろいろ工夫でき、コレクションとして増やしやすいのが魅力です。
現在ことりっぷオンラインストアで販売している「ことりっぷ豆皿」は全部で4柄。全面にボタニカルな模様があしらわれたものから、日本古来の古典柄を生かしたものまでオリジナリティあふれるものがそろっており、4柄ワンセットで価格が少しお得になったものもあります。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真