ログイン / 会員登録するアカウントを選択

魔法の世界へ迷い込む♪ かわいくて不思議なパンケーキと紅茶のお店「魔法のティータイム VERBENA」

125
魔法の世界へ迷い込む♪ かわいくて不思議なパンケーキと紅茶のお店「魔法のティータイム VERBENA」
静岡市の街中に、ファンタジックな世界に浸れるカフェを見つけました。2021年10月オープンの「魔法のティータイム VERBENA」は、魔法の世界を楽しめる、ちょっぴり不思議なお店。霧に包まれて魔法のように現れるパンケーキや、お手紙付きのブリュレパンケーキなど、メニューはどれもワクワクするものばかり!こだわりと夢が詰まった空間で、いつもと違う非日常のティータイムを過ごしてみませんか?

静岡の街中にぽっかりと現れる魔法カフェ

静岡の街中にぽっかりと現れる魔法カフェ
静岡駅から歩いて約15分。個性派揃いの名店が集まる「七間町名店街」の一角に、「魔法のティータイム VERBENA」はあります。

店名の「VERBENA」とは、スペイン語でいう「バーベナ」の花言葉「魔力」や「魅力」の意味。その言葉通り、大きな木の根っこが入口の扉をはうように囲い、訪れた人を魔法の世界へ誘います。

心ときめく非日常が詰まった店内

心ときめく非日常が詰まった店内
一歩足を踏み入れれば、そこは魔法の世界。部屋を貫通するほどの大きな木が出現し、見る人を圧倒させます。

クラシックファンタジーなこの空間は、店長が考えた“オリジナルの絵本”がコンセプト。一人の少女「モア」が旅に出て成長し、魔女になるストーリーをもとに、絵本の1ページ目に登場する、魔女が少女だった時代をデザインに落とし込んでいます。

ちなみに、この大きな木は「モア」の友達、ネココウモリ「ポポ」の住み家なのだとか。その世界観やワクワクするストーリー性は、子どもだけでなく大人をも魅了します。
そして、部屋の一角には、魔導書をイメージした古い本であふれる本棚があります。もしかすると、ここで「モア」が友達の「ポポ」と一緒に魔法の研究をしているのかも……。そんな風に想像をふくらませて、魔法の世界にどっぷり浸るのも楽しい時間です。
店長の南條未由さん
店長は、英国生まれの「マザーグース」や「ハリポッター」が大好きだという、南條未由さん。現在、静岡大学農学部に通う現役の女子大生でもあります。

お店のデザインやコンセプトは、未由さんが考案。そのアイデアをデザイナーとともに具現化し、JR静岡駅ガード下にある「静岡ゴールデン横丁」のデザインを手掛けた建築家のお父様・充さんと一緒に作り上げました。

「非日常的な空間で、おいしいパンケーキや紅茶を楽しんでもらいたい」とステキな笑顔で語る未由さん。
未由さんの強いこだわりは、演出にも込められています。各テーブルに置かれたメニュー表は、「魔法の書」がモチーフ。重厚な本の形の箱を開けると、中から絵本と一緒にメニューが現れます。

テーマに合わせて雰囲気の異なるパンケーキを

テーマに合わせて雰囲気の異なるパンケーキを 「パンケーキ 夜」(1800円)は、カップルや友達同士でシェアするのもおすすめ
メニューは、パンケーキを中心としたラインナップ。注文を受けてから生地を混ぜ合わせて、20分ほどじっくり時間をかけて焼いていきます。そして、パンケーキごとにテーマを持たせているのも、このお店ならでは。お皿の装飾やワクワクするような楽しい演出など、細部にいたるところまで余念がありません。

冬に人気の「パンケーキ 夜」は、パンケーキと一緒にビターチョコを使用したチョコフォンデュが楽しめます。みずみずしいフルーツやマシュマロに、チョコレートをたっぷりつけて召し上がれ。パンケーキとチョコレートの相性も抜群で、一口食べれば幸せ気分を味わえます。
一番人気の「パンケーキ 森」(1800円)
そして、世界樹の切り株をイメージした「パンケーキ 森」は、パンケーキ提供時のパフォーマンスが大きな魅力。もくもくと白い霧に包まれた状態で運ばれてきて、透明な蓋を開けると、ふわっとベリーの香りが広がり、パンケーキが魔法のように姿を現します。

濃厚なマロンクリームがのったパンケーキは、ふわふわでしっとり!周囲をぐるりと囲んだサックサクで軽~い食感のパイとの違いも楽しんで。
パリパリふんわりの「パンケーキ 灯」(1600円)
こちらのパンケーキは、「ポポ」の住み家をイメージした“金のオブジェ”が印象的な一品です。パンケーキの上にカスタードクリームをたっぷりのせて、表面をキャラメリゼ。パンケーキの隣りには、自家製の紅茶ゼリーと生クリームも添えられています。

カスタードはたっぷりかかっていますが、あっさりまろやか。ブリュレの香ばしさが程良いアクセントとなり、最後の一口までおいしく食べられます。
お手紙の内容はときどき変わります
さらに、金のかごには、少女「モア」からのお手紙が入っています。思わずときめく、かわいくておいしい時間を楽しんでくださいね。

直接香りを嗅いで決める、本格的な紅茶

直接香りを嗅いで決める、本格的な紅茶 コルクの蓋を開けて、フレーバーをテイスティング
パンケーキに合わせるのにおすすめのドリンクは、体にも心にもやさしいオーガニック中心の紅茶(450円)。紅茶はポットで提供され、たっぷり飲むことができます。

注文の際には、実際に茶葉の香りを嗅いで、ピンときたものをチョイス。数ある中から、お気に入りの一杯を選ぶのも楽しいひとときです。

歴史あるコーヒーでほっとひと息

歴史あるコーヒーでほっとひと息 「D・E」のロゴ入りカップで提供される「カフェモカ」(700円)
さらにコーヒーは、260年以上愛され続けるオランダ発祥のプレミアムコーヒー「ダウエグバーツ」の豆を使用しています。

なかでもおすすめは、見た目もかわいい「カフェモカ」です。こちらは、「ダウエグバーツ」のエスプレッソにチョコレートシロップの甘さがマッチした贅沢なドリンク。甘くてほろ苦い味わいながらも、ほっと心が安らぎますよ。

何気ない毎日に、ワクワクと小さな幸せを運んでくれる「魔法のティータイム VERBENA」。物語はこれからも随時更新されていくようなので、続きが楽しみです!

魔法のティータイム VERBENA(マホウノティータイム ヴェルベナ)

静岡県 静岡市葵区七間町7-8 MAP

054-204-6545

10:00〜18:00(L.O.17:00 )

水曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真