ログイン / 会員登録するアカウントを選択

金沢のかわいい手仕事をお土産に♪ 歴史ある町家をリノベしたセレクトショップ「八百萬本舗」

74
金沢のかわいい手仕事をお土産に♪ 歴史ある町家をリノベしたセレクトショップ「八百萬本舗」
金沢を代表する観光スポット、ひがし茶屋街のすぐそば。「八百萬本舗」は、江戸時代の町家をリノベーションしたセレクトショップです。木造建てのレトロな空間には、ポップな九谷焼や北陸の名産品、連れて帰りたくなるような「ひゃくまんさんグッズ」がいっぱい。2階には、大きなひゃくまんさんの隣りに座って記念撮影できるお部屋も。金沢観光に合わせて立ち寄れば、思わぬ出会いがあるかもしれません。

江戸時代の商家がおしゃれなセレクトショップに

江戸時代の商家がおしゃれなセレクトショップに 真鍮の文字がキラリと光る看板
ひがし茶屋街を抜けた、浅野川大橋のたもと。明治から昭和中期にかけて、金沢の中心としてにぎわった歴史的エリアに「八百萬本舗」はあります。

江戸時代後期の「旧・志村金物店」をリノベーションしたというお店は、1Fが石川の伝統工芸品や北陸の名品を扱うセレクトショップ、2Fがひゃくまんさんと写真が撮れるフォトスポットや休憩スポットになっています。
「八百萬本舗(やおよろずほんぽ)」は、「八百万(やおよろず)のヒト・モノ・コトが集まる場」がコンセプト。店内には、ワクワクするようなストーリーを持つ9つの店舗が入っています。

懐かしいけど、新しい。センスが光る金沢土産がずらり

懐かしいけど、新しい。センスが光る金沢土産がずらり テーブルの上に並ぶアンティークの白い九谷焼
石川が誇る伝統工芸品、九谷焼。九谷焼といえば、五彩で描かれたカラフルな色絵が特徴ですが、ここに置かれているのは、金沢でも珍しい昭和30年代の白い九谷焼。絵付前に傷や気泡が入ってしまったため、世に出ることがなかった器たちです。

ほくろやシミやちょっとした歪みがあるからこそ感じられる、素朴でやさしい表情が魅力的。お気に入りをテーブルに置いてみれば、いつもの食卓を穏やかな時間にしてくれそう。

思わずくすりとなる、猫や犬、おめでたい絵柄の器たち
こちらは、「高級食器の九谷焼をもっと身近に」がテーマのテーブルウェアブランド「KUTANI SEAL」。転写シールを使って作るオリジナルの九谷焼は、どれもユニークな絵柄ばかり。贈り物にすれば、その親しみあふれる佇まいに、誰もが喜んでくれるはず!

ポップでキュートな九谷焼のお皿作り体験も

事前予約制で「KUTANI SEAL」のワークショップも開催。お皿やマグカップなど好きなキットを選び、思いのままシールを貼って、世界にひとつだけのオリジナルの九谷焼を作れます。シールを貼り終えたら、窯元で焼き上げ、約1ヶ月後に自宅へ発送。

ポップでキュートな九谷焼のお皿作り体験も
「限定クタニシール・キット」花形皿(3960円)
じっくり吟味したデザインの九谷焼は、一生の宝物になります。使う度に愛着が増し、きっとあなたの毎日をほっこりと笑顔にしてくれることでしょう。

土蔵の中には、素材にこだわった保存食がいっぱい

土蔵の中には、素材にこだわった保存食がいっぱい 夏でもひんやり涼しい土蔵のお店
安心・安全、ヘルシーな素材にこだわった「北陸の味」を持ち帰りたい人は、保存食専門店「stoock」がおすすめ。「stoock=貯蔵」という意味を持つこちらのお店は土蔵の中にあります。

レトロモダンな空間には、北陸の隠れた名品や無添加にこだわった手づくりのジャムやコンフィチュールなどがずらり。いつまでも眺めていたくなる充実のラインナップです。
「金沢のピクルス」(650円~)
一番人気は、保存料や添加物を一切使用していない「金沢のピクルス」。瓶の中に入っているのは、形がいびつだったり大きさがラバラな規格外の野菜たち。加賀野菜の代表、加賀れんこんや金時草から、ちょっと変わったバターナッツかぼちゃまで、他ではなかなか手に入らないものが多く並びます。

お気に入りを探したくなる♪ ひゃくまんさんの家

お気に入りを探したくなる♪ ひゃくまんさんの家
1Fの奥には、石川県の観光PRマスコット「ひゃくまんさん」グッズが豊富に揃う「ひゃくまんさんの家」コーナーがあります。オリジナルのマスキングテープやポストカードなど、ここでないと手に入らない珍しい品もたくさん。定番のひゃくまんさんグッズとはまた違った特別なアイテムに出会えますよ。

古い箪笥の引き出しから顔をのぞかせる、ひゃくまんさんがキュート。まるで「ようこそ」と挨拶されているようで、眺めているだけでも癒やされます。

店内を巡ってタイムスリップ

店内を巡ってタイムスリップ 長い歴史を刻んだ「東内惣構跡」の石垣
さらに建物の奥へ行くと、歴史ある金沢城の防御施設「東内惣構跡」の石垣や浅野川へ注ぐ用水の流れをガラス越しに眺められます。

時間に余裕がある人は、建物が持つ歴史に思いを馳せながら、店内をぐるりと巡ってみてくださいね。きっと思い出深い時間になるはずです。

ひゃくまんさんと一緒に記念写真を

ひゃくまんさんと一緒に記念写真を 写真を撮るだけで運気が上がりそうなフォトスポット
2階へ上がった「ひゃくまさんの間」と呼ばれる部屋で、大きなひゃくまんさんと一緒に記念写真を撮れるのも楽しみのひとつ。金屏風をバックに、ひゃくまさんの横に並んで、写真をパチリ♪ 触るとご利益があると言われる、ひゃくまんさんの体にも触れてみて。

最後はゆるりと、コーヒータイム

趣のある2Fの和室は、気ままにくつろげる休憩スポットになっています。金沢観光で歩き疲れたとき、ゆるりと体を休ませるのにぴったり。歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気で、初めてでもほっとリラックスできますよ。

最後はゆるりと、コーヒータイム
「Chomsky coffee & library」(367円)
1Fのレジでは、セルフサービスによるドリンクも販売。コーヒーを購入すると、お湯が入ったポットを渡され、自分の手でコーヒーをドリップできます。豆にもこだわり、金沢にある「Chomsky coffee & library」が「八百萬本舗」のためだけに焙煎したオリジナルなのだとか。季節に合わせて焙煎する珈琲豆が変わるため、何度でも楽しめるのが嬉しいですね。

ていねいが宿る品々に出会える「八百萬本舗」。金沢旅行の際に立ち寄って、自分に語りかけてくる1品を探してみてくださいね。

八百萬本舗(ヤオヨロズホンポ)

石川県 金沢市尾張町2-14-20 MAP

076-213-5148

10:00〜18:00

水曜、祝日の場合は振替休あり


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真