ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ガイドブック「仙台」「和歌山」「山口・萩・下関」「屋久島・鹿児島・霧島」リニューアル♪

30
ガイドブック「仙台」「和歌山」「山口・萩・下関」「屋久島・鹿児島・霧島」リニューアル♪
週末に行く小さな贅沢、自分だけの旅。をコンセプトに、旅好きの女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案するガイドブックシリーズ『ことりっぷ』。今回は東北の人気エリア仙台から屋久島まで、4エリアを刷新。2022年6月16日(木)より、全国書店ほかで発売します。定番観光スポットはもちろん、これまであまり取り上げられなかったコトやモノ、新しい魅力をことりっぷ編集部のリアルな旅目線でお届けします。

【仙台・松島】癒やし旅を♪ゆるやかな時間が流れる街・仙台、絵画のような風景に出会える松島へ

【仙台・松島】癒やし旅を♪ゆるやかな時間が流れる街・仙台、絵画のような風景に出会える松島へ
表紙は前版の仙台藩主・伊達政宗の陣羽織をイメージした落ちついた色合いと柄から一変。ぱっと見ると、西欧のチロリアンテープのように見える絵柄は、なんと!こけしの胴体から着想を得た絵柄になっています。帯をとると表面に一体こけしがあらわれますので、ぜひ書店で手にとって確かめてみて。全体が赤いのは、仙台を本拠地とする野球チームをイメージしたもの。
帯の写真は鳴子温泉郷にある、こけしファンに愛される「準喫茶カガモク」。こけし雑貨が豊富なので、こけし好きならぜひ訪ねてみて。ひょっこりとドーナツから顔を出すこけしがなんとも愛らしい一枚です。
「杜の都」といわれる仙台は、街なかにケヤキやイチョウ並木、広瀬川など緑や自然があふれ、都市でありながら時間の流れが少しゆるやかに感じる街です。そんな仙台では、広瀬川を眺められるカフェでお茶したり、ケヤキ並木が美しい定禅寺通りを散策したら、新しい出会いを求めて店主こだわりのセレクトが楽しい雑貨店めぐりなどを楽しんで。夜は、地元グルメを楽しむのもよし、昭和レトロな気分に浸れる文化横丁&壱弐参(いろは)横丁の二つの横丁で小さいお店をはしごするのもおすすめですよ。
翌日は電車で40分、穏やかな湾内に緑の小島が浮かぶ絶景が眺められる松島へ。伊達政宗ゆかりの場所をめぐったり、五大堂の目の前にあるこだわりスイーツをいただきましょう。

【編集担当者のおすすめポイント】

仙台・松島を楽しんだら、松島の手前に位置する塩竈もおすすめです。塩竈の町並みを見渡せる丘の上に建つ「塩竃市杉村淳美術館」はどこか洋館風な建物が、異国のような雰囲気を感じさせます。1200年以上の歴史ある塩竈神社を参拝したり、塩竈といえば新鮮な海の幸も欠かせません。そのときの気分で寿司またはフレンチで。塩竈産の藻塩を使ったチョコレートはぜひおみやげに!また仙台周辺には名湯もたくさん。こだわりの温泉宿で湯浴み三昧もいいですし、こけし好きなら秋保・遠刈田・鳴子温泉で工人がつくる伝統あるこけしを探したり、絵付け体験をしてみては?
<収録エリア>
仙台市街地、松島、塩竃、秋保温泉、作並温泉、遠刈田温泉、鎌先・青根・峩々温泉、鳴子温泉郷

【和歌山】パンダに出会えるリゾート地・白浜に、世界遺産の熊野古道、霊験あらたかな高野山・・・和歌山の大自然に触れる旅

【和歌山】パンダに出会えるリゾート地・白浜に、世界遺産の熊野古道、霊験あらたかな高野山・・・和歌山の大自然に触れる旅
「ことりっぷ和歌山」は日本一の梅の生産量を誇る和歌山ならではの、梅の小花柄の表紙に衣替え。3色の花が、やわらかなピンク色の地を彩ります。それに合わせた華やかな帯の写真は、高野山にあるごま豆腐店で味わえるごま豆腐の懐石。さまざまに盛られたごま豆腐に思わず見入ってしまいます。
巻頭では白浜をご紹介。東京からも南紀白浜空港への直行便があり、大阪からも気軽にリゾート気分を感じられる場所として人気の白浜。パンダファミリーをはじめ、さまざまな生き物が見られるアドベンチャーワールドや、海の見えるレストラン、かわいい雑貨店などが点在しています。
熊野古道は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されており、いまも昔も参拝者が絶えない由緒ある場所です。深い森の中で深呼吸すれば、心身ともにパワーをもらえますよ。
高野山の章では聖地・高野山をメインに、玄関口である極楽橋駅や高野山周辺のすてきなお店も掲載。ぜひ名物のごま豆腐も味わいましょう。

【編集担当者のおすすめポイント】

こぢんまりとした白浜の町には、小さいながらセンスあふれる新しいショップが増えています。パンダを見たあとは1泊して周辺もめぐってみるのがおすすめです。
また自然の中でゆっくりしたい需要が高まっている今、熊野古道や高野山で大自然と神聖な気配に包まれるというのも心からリフレッシュできますよ。古来からある聖地だから新しいものはないと思われがちですが、実はおしゃれなカフェも点在しているので、参拝後はいろいろ散策してみてくださいね。
<収録エリア>
白浜、みなべ、田辺、熊野古道(中辺路、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)、那智勝浦、太地、串本、高野山、和歌山タウン、和歌の浦、黒江

【山口・萩・下関】絶景が話題の角島、街が生まれ変わった長門湯本、萩・津和野では情緒ある町並みさんぽ♪

【山口・萩・下関】絶景が話題の角島、街が生まれ変わった長門湯本、萩・津和野では情緒ある町並みさんぽ♪
爽やかな夏みかんをモチーフにした今回の表紙柄。ころころと転がる夏みかんの重なる色合いがとてもかわいい仕上がりになりました。
帯の写真は長門湯本温泉にあるギャラリー&カフェ「cafe&pottery 音」さんで扱う萩焼のうつわたち。萩焼深川窯の3人の作家さんの作品を展示するギャラリーでじっくりと吟味した後は、併設のすてきなカフェでひとやすみ。山口に行ったら萩焼はひとつ買って帰りたいですよね。
世界的にも注目を浴びる絶景エリアの角島と長門。気持ちのいい海沿いをドライブしながら、温泉街を丸ごとリノベーションした長門湯本温泉へ。絵になる風景と出会える湯の町をあちこちめぐってみましょう。個性豊かな温泉宿は、遊び疲れた体を癒やすのに最適です。

石畳や古い屋敷などが残る萩と津和野は街歩きにぴったり。すてきなお店も増えているので、新たな発見もありそうです。爽やかな港町の下関と門司港では、絵になる名所やショップめぐりを楽しんでくださいね。

【編集担当者のおすすめポイント】

一度は見たい海の絶景・コバルトブルーの海にかかる角島大橋と、生まれ変わった長門湯本温泉は、今目指して行きたい注目のスポットです。 海沿いドライブはもちろん、海の見えるカフェでのんびりしたり、お気に入りの萩焼を探したり、風情ある城下町、萩や津和野を散策したり…。山口旅に行きたくなる旅のヒントがたくさん詰まっています♪
<収録エリア>
山口タウン、角島、仙崎、長門湯本、秋吉台、萩、津和野、下関、門司港

【屋久島・鹿児島・霧島】豊かな自然に恵まれた屋久島、歴史や名物が豊富な鹿児島は、夏旅にぴったり!

【屋久島・鹿児島・霧島】豊かな自然に恵まれた屋久島、歴史や名物が豊富な鹿児島は、夏旅にぴったり!
新しくなった「屋久島・鹿児島・霧島」の表紙は、かわいいドット柄と見せかけて、じつは薩摩の名物・さつまいもの断面。表紙のどこかにこっそりとまるごとのさつまいもが隠れているので、探してみてくださいね。
帯は、屋久島の名所・白谷雲水峡で撮影した一枚です。巨樹を眺め、苔を愛で、天然水が流れる沢を越えながら、潤いに満ちた自然豊かな森のなかを散策する旅。この夏はそんな屋久島への旅はいかがですか?
屋久島は、白谷雲水峡や縄文杉といった神秘的な森はもちろん、島の恵みをいただける食事や景色が楽しめる島カフェもたくさん。島の素材を使った雑貨やコスメも気になります。島ならではのゆったりした時間を感じる過ごし方も魅力的です。

薩摩藩の城下町として栄えた鹿児島タウンは、歴史ゆかりのスポットが点在。黒豚、しろくま、さつま揚げ、さつまいもなど、名物グルメも豊富です。さらに霧島のアートスポットや、指宿の砂むし温泉へおでかけするのもいいですね。かごしま茶や知覧茶を楽しめるカフェにも注目です。

【編集担当者のおすすめポイント】

世界自然遺産にも登録されている屋久島は、海も、森も、動物も、見るものすべてに感動してしまうほどのスケールで、いまの時代にぜひおすすめしたい旅先です。もう少し気軽に、ちょっと旅したいという方は、霧島の森のなかをドライブするのもおすすめですよ。鹿児島は美味しいものもたくさん。南ならではの風を感じながら、鹿児島でリフレッシュしてくださいね♪
<収録エリア>
屋久島、鹿児島タウン、霧島、指宿、知覧

より便利な機能が追加!リニューアルしたガイドブックにはもれなく電子書籍プレゼント

今回リニューアルした4エリアのほかに、2020年5月以降に発売した国内ガイドブックには、ことりっぷアプリで電子書籍を無料ダウンロードできるサービスを読者限定でプレゼント。ことりっぷガイドブックをスマホでいつでも、どこへでも持ち運べる、より便利でお得な機能になっています。

電子書籍をダウンロードできることりっぷアプリでは、電子書籍閲覧のほかにも、画像投稿機能、アプリ限定記事、いまおすすめのまとめ記事などアプリならではの機能と読み物が満載。ぜひことりっぷアプリをチェックしてみてください♪

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真