ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【好評発売中】ことりっぷMagazine夏号Vol.33 2022 夏「水辺と森でアートなひととき」

56
【好評発売中】ことりっぷMagazine夏号Vol.33 2022 夏「水辺と森でアートなひととき」
“街のいいところを見つける 旅のきっかけマガジン”をコンセプトに、旅や週末のおうち時間も心地よく過ごしたいと思っている旅好きの人に向けたトラベルスタイルマガジン「ことりっぷマガジン」の最新号、ことりっぷMagazine Vol.33 2022 夏 「水辺と森でアートなひととき」が全国書店ほかで6月14日(火)に発売♪

アートと向き合う静かな時間を過ごせる水辺と森へ

アートと向き合う静かな時間を過ごせる水辺と森へ
瀬戸内の真っ青な海の上に浮かぶ島々や港で開催される「瀬戸内国際芸術祭」や、緑あふれる里山を舞台に開催される新潟「越後妻有 大地の芸術祭」。2つの大規模な芸術祭が開催され、さらにアートに関心が集まる今年の夏、アートを目的に旅してみませんか。自然と調和するアート、建築美に優れた美術館でアートと向き合う静かな時間を過ごしに。
2つの芸術祭は、その地域の文化や風土、歴史からインスピレーションを受けた、世界各国のアーティストが手がけたアート作品が、風景と日常になじむように点在しています。自分好みの作品を見つけて対話する静かな時間を過ごすのもいいですし、点在する作品を見ながらその土地のゆるやかな時間の流れに身を委ねるのもいいものです。
香川県産の小麦を生地に使用するピザは小豆島で(左下)小豆島のそうめん工場を利用したレストラン。2階にはアート作品を展示する(左上)
そのほかに、街がひとつの美術館のような青森・十和田、野外アートが数多くある鹿児島・霧島のアート施設、大阪中之島美術館が今年オープンし話題の大阪では新しいアートな旅をご紹介しています。

瀬戸内海に浮かぶ12の島と2つの港で開催される瀬戸内芸術祭の舞台へ

瀬戸内海に浮かぶ12の島と2つの港で開催される瀬戸内芸術祭の舞台へ 大竹伸朗が手掛けた作品や宮浦港近くの直島パヴィリオンなど空と海がある風景と一体化している野外アートが点在する直島
島や港の日常に現代アートが溶け込む瀬戸内。その中でもアートの島として象徴的な「直島」では、2つのギャラリーがオープンしてさらに注目度が増しています。あらためて直島のアートの拠点、ホテル「ベネッセハウスミュージアム」に滞在し、宿泊するからこそ出会える景色や時間をかけてアートに向き合ったり、直島の港付近にできたすてきなカフェやレストランにも立ち寄ってみましょう。瀬戸内特集ではほかに、豊かな食やここでしか見れない景色がある小豆島、直島や豊島にむかう際の船の乗船場所・宇野の新しいカフェ、日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓ではパンやクラフトなどものづくりに打ち込む作り手がいる場所をご紹介しています。アートと瀬戸内らしい景色やおいしいものをいただき、心穏やかになるひとときを過ごしましょう。

300を超えるアート作品が里山と見事に調和する新潟・越後妻有(えちごつまり)

300を超えるアート作品が里山と見事に調和する新潟・越後妻有(えちごつまり) まぶしいほどの緑にあふれる越後妻有。色彩豊かな草間彌生の巨大な花の野外彫刻が緑の大地に映える
新潟県南部の十日町と津南町からなる越後妻有を舞台に開催される芸術祭は、2000年にスタートして今年で8回目を数えます。十日町・川西・中里・松代・松之山・津南の6つのエリアに、世界各国のアーティストがてがけた約200の常設作品と今年さらに作品が追加され、300を超えるアート作品が里山に点在しています。十日町と松代には芸術祭の2つの拠点があり、そこを中心にめぐれば多くの作品を鑑賞することができますよ。
アートめぐりの宿にしたいのは、草津・有馬と並ぶ「日本三大薬湯」と称される松之山温泉エリアの宿。周辺には日本の原風景といわれる「星峠の棚田」や樹齢約100年のブナの木が生い茂る「美人林」などの絵画のような美しい景色にも出会えます。

美術館やアートな広場、有名建築家がてがけた施設など、街ごと美術館のような青森・十和田

美術館やアートな広場、有名建築家がてがけた施設など、街ごと美術館のような青森・十和田 十和田市現代美術館では外壁をキャンバスにした奈良美智の作品《夜露死苦ガール2012》など屋外展示もある
青森・十和田は、江戸時代末期に開拓され「碁盤の目」のように美しく区画された街。そのシンボルとなる官庁街通り全体を〝美術館〟に見立て、アートによるまちづくりプロジェクト「ArtsTowada」が展開されています。その中核施設として開館したのが十和田市現代美術館です。建物を設計したのは、世界的建築家で、金沢21世紀美術館を手がけ「SANAA」としても活動する西沢立衛。「アートのための家」をコンセプトとし、芝生の上に並ぶ大小の白い箱のような建物にアーティストたちの作品が展示されています。美術館の前にある「アート広場」 では、草間彌生やインゲス・イデーらのユニークなパブリックアートに触れることができますよ。十和田市内には隈研吾や安藤忠雄が設計した公共施設もあり、建築アートめぐりも。

話題の美術館とすてきなスポットが集まる新しいアートな大阪へ

話題の美術館とすてきなスポットが集まる新しいアートな大阪へ 大阪の中心部にあり、堂島川と土佐堀川に囲まれた中之島に40年越しにオープンした「大阪中之島美術館」
かつて水運に支えられ発展してきた水の都大阪・中之島には、美術館や歴史的建造物などが集中し、大阪の文化・芸術シーンを牽引してきました。そこに2022年2月、 新たなアイコンとして「大阪中之島美術館」が誕生して話題になっています。近代・現代美術の名画をはじめ、収蔵作品数は国内トップクラス。注目は吹き抜けにエスカレーターが交差する壮大なパッサージュです。美術館の核となる空間で「人と活動が交錯する都市」をイメージして作られているそう。周辺には安藤忠雄建築の「こども本の森中之島」や、レトロな建築、美術館などをもあり、カフェにも立ち寄りながら休日さんぽするのにぴったりの場所です。
また、見た目が華やかなアートスイーツやアートなステイを叶えるカルチャーホテルもご紹介しています。
「パティシエをもっとクリエイティブに」がコンセプトの中崎町駅からすぐにある「ハノック」(右)「ミクリ」のみたらし団子パフェ

いま、気になる!全国の個性的なクラフトコーラをご紹介

いま、気になる!全国の個性的なクラフトコーラをご紹介 日本全国、北から南まで全16商品のクラフトコーラをご紹介
シュワシュワとはじける炭酸がおいしいこの季節。最近ますます話題の日本のクラフトコーラが気になります。独自の調合にこだわったスパイスや、地元産の柑橘や香辛料などを使って作った、全国各地の個性的なクラフトコーラをご紹介しています。
掲載しているクラフトコーラは編集部で全て味見し、フルーティー寄りかスパイス寄りか、味わいを評価しているので、こちらも参考にお取り寄せしてみませんか。
2019年にオープン。一番人気はレモンジュース。夏はかき氷も提供する熱海「オーガニックボックス」
連続企画「すてきな人がいる町に」では、自然派ジュースバーを営むご夫妻がいる「ゆっくり時間の流れる町・熱海」と題して、熱海銀座にある夫婦の店舗ほか、オーガニックの野菜ショップや銀座商店街でゲストハウスでもあり熱海の魅力を発信し続けている「ゲストハウスマルヤ」を訪ねました。
そのほかにも、連載の東京さんぽではカルチャーやアートの街として話題が尽きない「清澄白河」を、京都よりみちこみちでは京都の夏の風物詩・祇園祭の鉾町として賑わいをみせる「室町通&新町通」をご紹介。
瀬戸内・宇野港では直島や豊島にむかう船が行き交う
今年の夏は、ひさびさに思うがままに旅にでかけられそうな予感。まずは、水辺や森のなかで感性を刺激されるような体験ができる場所へでかけてみませんか。

期間限定で「ことりっぷオリジナルてぬぐい」が割引になるお得なセットが登場♪

期間限定で「ことりっぷオリジナルてぬぐい」が割引になるお得なセットが登場♪ 生成色と空色の2色展開
人気てぬぐいブランド「かまわぬ」とコラボした「ことりっぷオリジナルてぬぐい」と、ことりっぷMagazine最新号をあわせて予約注文いただくと、「ことりっぷオリジナルてぬぐい」が10%割引になるお得なセットも6月14日(火)までの期間限定で販売します。

オリジナルてぬぐいのデザインは、日本の固有種であるマメザクラやサツキなどをモチーフとした、ボタニカルな柄。ところどころに小鳥もいて可愛らしさもあります。

お弁当やギフトの包みやキッチンやリビングなどで。てぬぐいの用途は多彩
染料を注いで糸の中まで染める「注染」という手法で制作したてぬぐいは、プリントと違って布地が硬くならず、さらに吸水性がよくて乾きやすいのが特徴です。糸まで染めているので裏表がないのもうれしいポイント。この夏は、ハンカチの代わりにてぬぐいを夏のおでかけのお供にしてみませんか。

また本日から6月14日(火)までの期間に、ことりっぷオンラインストアで予約注文いただいた方には、もれなくことりっぷオリジナルのクリアファイルを1枚プレゼントします。
※商品の発送は6月14日(火)以降になります。

この機会にぜひことりっぷオンラインストアをのぞいてみてくださいね。

contents

あらためまして瀬戸内アートたび
里山とアートが調和する新潟・越後妻有へ
街がひとつの美術館、青森・十和田
森に抱かれた鹿児島トリップ 霧島アートめぐり
話題の美術館とすてきなスポットが集まる 新しいアートな大阪

リニューアルした日本のミュージアム
岐阜っぽ。夏編 岐阜の夏に涼を添える場所へ
四国で出会う海と森のアート風景
豊かな食とアートな時間を楽しむ 丹波篠山の素敵なお店
ここだけの特別な旅へVol.11 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
  森とワインとおいしいもの この夏、八ヶ岳のリゾートへ
ロッテ×ことりっぷコラボレーション第六弾 コラボお菓子で初夏のひととき
いま、気になる!全国の個性的なクラフトコーラ

Regular
写真家の旅の記憶 Vol.9
東京さんぽ Vol.21 清澄白河
京都よりみちこみち 第十回 室町通&新町通
すてきな人がいる町に Vol.9 ゆっくり時間が流れる町・熱海へ
Photo selection「#夏を感じるアートな景色」
日本 旅人の視る風景「島原の湧水庭園・四明荘」
本好きによる本好きのための書店めぐり Vol.9 〔岡山編〕ココカ古書店
ことレポ JAPAN
ことレポ WORLD
ことりラウンジ
ことりっぷオンラインストア
\幸運を招くおすすめの旅先も/ イヴルルド遙華の2022年夏 12星座占い
旅に効く 映画と音楽
読者プレゼント
電子書籍ダウンロードのご案内/Next issue /旅アンケート

~お詫びと訂正~

誌面の掲載内容につきまして、以下のとおり訂正させていただきます。

P66 長野県立美術館 企画展「ジブリパークとジブリ展」開催期間

誤)2022/7/6~10/10
正)2022/7/16~10/10

ご利用の際には改めてご確認いただきますようお願いいたします。
読者の皆さまをはじめ、関係各位にご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真