ログイン / 会員登録するアカウントを選択

1枚のパンがご馳走に。トーストにのせて完成する「生チョコバター」桜木町・平塚のシルスマリアで限定販売

51
1枚のパンがご馳走に。トーストにのせて完成する「生チョコバター」桜木町・平塚のシルスマリアで限定販売
神奈川・東京に店を構える「シルスマリア」では、渋谷東急フードショーの先行販売時に好評の新商品「生チョコバター」を、2022年6月10日から直営店2店舗(CIAL桜木町店・平塚店)にて販売しています。

口どけの良さを追求したシルスマリアだからこそ出せるなめらかさに、バターの程よい塩味が濃厚なチョコレートを引き立て、甘いもの好きにはたまらない、1枚で満足感のある味わいが楽しめますよ。

どこにもない新しいチョコレート「生チョコ」が完成

どこにもない新しいチョコレート「生チョコ」が完成 ※写真はイメージです
1988年の寒い夜のこと、シルスマリアの厨房で、どこにもない新しいチョコレートが完成しました。
創業当時「生パイ」というオリジナル商品が大好評で、ふんだんに生クリームが使われていたため、そのチョコは「生チョコ」と命名。後の生チョコブームへとつながっていきます。
世に出た最初の一粒が「公園通りの石畳 シルスミルク」であり、神奈川県の指定銘菓にも認定されています。

”日常に溶け込む”生チョコレート「生チョコバター」

”日常に溶け込む”生チョコレート「生チョコバター」 ※写真はイメージです
「生チョコバター」は、チョコレートをより身近に感じて楽しんでもらうために開発された、”日常に溶け込む”生チョコレートです。
生チョコレートに口どけのいいカルピスバターがふんだんに練り込まれており、熱いトーストにのせるとゆっくりととけだします。
口どけのよさを追求したシルスマリアだからこそ出せるなめらかさに、バターの程よい塩味が濃厚なチョコレートを引き立てます。

「パンにのせて」完成。こだわりぬいた自慢の一品

「パンにのせて」完成。こだわりぬいた自慢の一品 ※写真はイメージです
「生チョコバター」は、渋谷東急フードショーのPOP UPコーナーにて2022年4・5月に先行販売されたところ、大変好評となりました。
再販を待ち望む声に応え、今回直営店2店舗(CIAL桜木町店・平塚店)での販売が開始されました。
※写真はイメージです
パンにのせて完成する“生チョコバター”は、生チョコ発祥の店シルスマリアがこだわりぬいた自慢の一品です。
熱々のトーストにのせるとチョコレートとバターがとけだし、「じゅわっ」とパンに染み込んでいきます。
カルピスバターの程よい塩味と濃厚なチョコレートの味わいは、パンとの相性抜群です。
(左)平塚店、(右)シァル桜木町店
商品は、ミルクブレッド、ブリオッシュ、カスクート、クロワッサンの4種類が登場。販売時期・店舗によって販売商品が異なります。

合わせるパンによって楽しみ方が変わるのも”生チョコバター”の魅力のひとつ。
ぜひお好みの組合せを見つけてみてくださいね。

シルスマリア「生チョコバター」

シルスマリア(CIAL桜木町店・平塚店)

2022年6月10日~数量限定 ※販売時期・店舗によって販売商品が異なります。


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真