ログイン / 会員登録するアカウントを選択

1日4組限定!いつか行ってみたい最高の朝ごはん。「貴船」の「金沢あさげ」

477
1日4組限定!いつか行ってみたい最高の朝ごはん。「貴船」の「金沢あさげ」
金沢の料亭「貴船」は、昼夜ともに半年先まで予約でいっぱいの人気店です。特に、日曜の朝に4組限定で提供される「金沢あさげ」は、なかなか予約がとれないほどの人気。一度は行ってみたい名店の、季節感あふれる朝ごはんをご紹介します。

浅野川のほとりに佇む、小さな料亭

浅野川のほとりに佇む、小さな料亭
金沢駅から車で約10分、ゆるやかに流れる浅野川のほとりに、昔ながらの料亭や茶屋が建ち並ぶ「主計町(かずえまち)茶屋街」があります。
この茶屋街の西端に2008年、昼、夜ともに4組限定の小さな料亭「御料理 貴船」がオープンしました。

料理長の中川清一さんは、金沢市内のホテルや個人店で経験を積んだ料理人。
四季の美しさを色濃く反映したもてなしを実現したいと考え、この店を立ち上げました。

4組限定だから実現できる、最高のおもてなし

4組限定だから実現できる、最高のおもてなし
客席は、1階のテーブル席や2階の座敷など4室で、いずれも完全予約制。
1階のテーブル席からは坪庭が見え、2階の窓からは浅野川の風景が楽しめます。

「貴船」が4組限定にこだわる理由は、お客様を万全の準備で迎え、タイミングよく料理を提供できる上限が4組だから。おもてなしに対する真摯な姿勢の現れです。

まるでアート!季節感あふれる「金沢あさげ」

まるでアート!季節感あふれる「金沢あさげ」 内容は毎月15日に変更されていて、写真は2016年3~4月のもの。
「金沢あさげ」(1500円)は、日曜の朝だけに提供されるプレミアムなメニュー。価格が間違っているのでは、と思ってしまうほど豪華な朝食です。

最初に運ばれてくるのは“季節の盛り込み料理“。

サヨリの刺身、ワラビの和え物、近江こんにゃくの木の芽みそ和えなど旬の食材を使った繊細な料理が、満開の八重桜とともに盛り込まれ、まさに春爛漫。まるで、生け花かアート作品のような美しさに心を打たれます。
近江町市場などから仕入れる旬の食材を、斬新な発想で楽しませてくれる「貴船」の料理
続いて運ばれてくるのは、ホタテとホタルイカのサラダ仕立てや、タケノコと厚揚げの炊き合わせ、牛肉の小鍋など、夜の懐石かと見まがう料理の数々。

料理も盛り付けも、毎月、毎年、がらりと変わるので、何度訪れても「今日はどんな料理が出てくるだろう」と期待が高まるばかり。常連客を飽きさせない卓越したセンスと情熱が、金沢随一の人気を誇る理由です。
朝一番のごちそうは、目の前で炊き上がる土鍋ごはん
ごはんは各部屋ごとに、土鍋で炊き上げられます。
お米はもちろん、米どころとして知られる石川の県産米。
ふっくら、つやつやの炊き立てごはんは、特別な朝にふさわしい最高のごちそうです。
料理を堪能し、食後のコーヒーが出てくるころには、きっと誰もが予想を上回るおもてなしに感動しているはず。9割以上がリピート客、という状況にも頷けます。

多くの人たちが貴船の料理に魅了される理由はきっと、「今できる最高のおもてなしでお客様を迎えたい」という中川料理長の強い思いが貫かれているから。

予約可能な6か月先までは常時ほぼ満席の状況ですが、毎月1日の午前10時に、次の1か月分(1月1日なら7月分)の予約受付を開始するので、月初めに電話することが予約の秘訣です。

日曜限定の「金沢あさげ」の他に、昼は「友禅」(3,000円)と「鏡花」(5,000円)、夜は「風雅」(6,000円)と「金澤」(8,000円)の各2コースが用意されています。
※すべて税別、サービス料別途5%

季節の恵みを色濃く反映した料理とおもてなしはまさに圧巻。「貴船」で感動を味わうために、ぜひ金沢まで、足を運んでみてくださいね。

御料理 貴船(きふね)

石川県 金沢市彦三町1丁目9-69 MAP

076-220-6131

11:30~14:30(L.O.13:30)、17:30~22:00(L.O.20:30)、日曜のみ7:00~9:00

水曜

御料理 貴船

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD