ログイン / 会員登録するアカウントを選択

フォンデュからパフェまで、「神楽坂 茶寮 本店」のテラスで味わう、抹茶たっぷりの和スイーツ

999+
フォンデュからパフェまで、「神楽坂 茶寮 本店」のテラスで味わう、抹茶たっぷりの和スイーツ
※こちらの記事は2016年5月6日に公開されたものです。

風情ある街並みと、おいしい飲食店が軒を連ねることで知られる東京・神楽坂。「神楽坂 茶寮 本店」は、そんな神楽坂の路地裏にある、民家を改装した素敵なカフェです。パフェやフォンデュなど、抹茶づくしのスイーツが人気。散策の途中で立ち寄って、和スイーツを味わいつつゆったり過ごすのにうってつけです。

京都の町屋を思わせる木造建築が目印

京都の町屋を思わせる木造建築が目印
地下鉄牛込神楽坂駅から徒歩3分、「神楽坂 茶寮 本店」は、神楽坂のメインストリートから少し入った静かな場所にある人気のカフェ。
古い民家を改装した黒っぽい建物で、竹の葉の緑がいろどりを加えています。神楽坂の街並みによく似合う、しっとりした雰囲気です。
店内は、木のぬくもりが感じられる居心地のいい空間。かつて家屋として使われていた頃の面影を見せる、細い柱が並んでいます。
この季節に人気なのは、静かな路地に面して並ぶテラス席。
開放感を味わいつつ、ひとりでのんびりするにもいいですし、友達とのおしゃべりに花を咲かせるのもおすすめです。

抹茶好きにはたまらない和風パフェ

「神楽坂 茶寮 本店」では食事もできますが、和と洋をミックスしたスイーツが魅力的です。

なかでも注目は、4月に登場したばかりの「お茶香る茶寮の和パフェ(810円)」。

宇治抹茶をぜいたくに使った抹茶ゼリーと抹茶プリンの上に、ほうじ茶クリームと2種のアイス、グラノーラやわらびもち、白玉、パウンドケーキ、アズキをトッピング。

抹茶好きにはたまらない和風パフェ
さっぱりしたほうじ茶クリームや、ほろ苦さと甘さが調和したプリンが絶品。スプーンで崩すにしたがって、味や食感の変化を楽しめる飽きのこないパフェです。

個性的なケーキが揃っています

個性的なケーキが揃っています 「和栗と抹茶のモンブランタルト」。奥は「煎茶レモングラス(ホットまたはアイス、600円)」
ケーキは常時7種類あり、「和栗と抹茶のモンブランタルト(720円)」は人気の定番。抹茶と栗のクリームのハーモニーが楽しめます。

ほかにも「小豆とわらび餅のタルト(720円)」「ほうじ茶のティラミスタルト(720円)」など、和の食材を取り入れたちょっと珍しいケーキの数々に、どれにしようかと悩んでしまいます。

ケーキにはどれも、アイスとエディブルフラワーが付くのが女性にうれしいポイントです。
また、お茶の種類が豊富なのもこのカフェの魅力。

煎茶にさわやかなみかんの香りをきかせた「みかん緑茶(600円)」や、カラメルの香りをうつした紅茶と玄米茶を合わせた「カラメル和茶(600円)」など、店オリジナルのお茶もあれこれ試したくなってしまいます。

楽しくておいしい抹茶のフォンデュ

「神楽坂 茶寮 本店」がイチ押しする人気スイーツが、「抹茶のチョコレートフォンデュ(920円)」です。

宇治抹茶とホワイトチョコを合わせた濃厚なソースに、イチゴや白玉、生麩、自家製パイを浸していただきます。最後に余ったソースをアイスクリームにかけて食べるというのが、スイーツ好きにはこたえられない楽しさ。
おいしいだけでなく、食べ方にも工夫がこらされた絶品スイーツです。

楽しくておいしい抹茶のフォンデュ

これらのスイーツはすべて、通年味わえるというのがうれしいところ。
数百円プラスすればお茶とのセットにできて、お得感がアップします。


屋外が気持ちいいこれからの季節、おいしい和スイーツを味わいつつ、テラスでのんびり過ごしてみませんか。

手みやげには10種類ほどある焼き菓子を。人気は「京抹茶のパウンドケーキ(190円)

神楽坂 茶寮 本店(カグラザカ サリョウ ホンテン)

東京都 新宿区神楽坂5-9 MAP

03-3266-0880

11:30~23:00(L.O22:00)、日曜、祝日11:30~22:00(L.O21:00)

不定休

神楽坂 茶寮 本店

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD