ログイン / 会員登録するアカウントを選択

情緒たっぷり♪京都の町家でのんびりランチ6選

166
情緒たっぷり♪京都の町家でのんびりランチ6選
京都らしい風景を作り出しているもののひとつ、町家。ゲストハウスや飲食店、ホテルなどに活用されている建物もたくさんあります。今回は京都市内各所から、ランチをゆっくりと楽しめる町家のお店を6つご紹介。昔ながらの雰囲気を守り続ける老舗からモダンにリノベーションしたカフェまで、食事とともに京都ならではの空気も味わってみましょう。
このエリアのホテルを予約
ことりっぷ編集部おすすめのホテルをピックアップ

【祇園四条】京都らしいおもてなしを満喫♪「ろじうさぎ」

【祇園四条】京都らしいおもてなしを満喫♪「ろじうさぎ」 たくさんの本が並び、ブックカフェのような雰囲気も漂う
京都に5つある花街のひとつで、歌舞伎と関わりが深い宮川町。路地裏にある町家カフェ「ろじうさぎ」は歌舞練場にも近く、お稽古に通う芸舞妓さんを目にすることもあります。こちらは、京都が大好きで観光客のガイドを務めることもあるオーナーが2012年にオープン。地上3階、地下一階、庭まであるゆったりとした造りで、のんびり過ごせます。
注文を受けてから焼いてくれる「ろじうぜん 塩サバ焼」
メニューは朝食からスイーツ、ドリンクまで心をこめた手づくり。朝食が有名ですがランチも楽しみです。「塩サバ焼」(写真)と「から揚げ」の2種のお膳があり、どちらも野菜たっぷりのおばんざいとみそ汁、漬物がセット。京都らしくて身体にやさしいセットです。

ろじうさぎ(ロジウサギ)

京都府京都市東山区下柳町176 宮川町歌舞練場上ル一筋目東入ル 恵美須神社西側MAP

075-551-0463

朝食8:00~11:00、ランチ&カフェ12:00~17:00※朝食のみの営業日あり。要確認

不定休(公式サイト、SNSにて告知)


【烏丸】もと呉服店にスパイスが香る「京都四条くをん」

【烏丸】もと呉服店にスパイスが香る「京都四条くをん」 格子窓は昔のものを再利用。京都らしい風情たっぷり
京都でも指折りの繁華街・烏丸四条に2018年にオープンした「京都四条くをん」。ユニークなカレーうどんとスイーツで、瞬く間に人気となったお店です。建物は呉服店だった町家をリノベーション。1階がテーブルとカウンター、2階がテーブルと掘りごたつの席となっています。箱階段や坪庭など京町家らしい意匠も楽しみながらゆったり過ごせます。
「串天五種盛りかしわキーマうどん」。ピンチョス風の天ぷらは食べやすくておしゃれ
メニューは「名物かしわキーマうどん」と「かしわキーマつけうどん」の2つ。20種以上のスパイスを石臼で手挽きして独自にブレンドしたカレーと、スパイスにつけこんだかしわ(鶏肉)、2種類の小麦粉で香ばしく仕上げたうどんの組み合わせが絶妙です。

京都四条くをん(キョウトシジョウクヲン)

京都市中京区新町通四条上ル小結棚町420MAP

075-251-6661

ランチ11:00~15:00(14:30L.O.)、ディナー17:00~21:00(20:30L.O.)

不定休


【五条】新感覚のおばんざいを温かな空間で。「食と森」

【五条】新感覚のおばんざいを温かな空間で。「食と森」
レトロな雰囲気を生かしつつモダンにリノベーション
市営地下鉄五条駅から徒歩9分、京都駅からも10分ほどで歩ける場所にある「食と森」。西本願寺と東本願寺の間の路地にあり、静かな時間が流れます。建物は、大正時代に建てられたもと豆腐店。店内は以前のまま残っていた箪笥や額入り障子を残した温かな雰囲気です。
ごはんとみそ汁がつくプレートランチ。建物の歴史にちなんで豆腐を使うことも
店主の松田さんは、国内外の星付きフレンチやイタリアンで活躍した経歴の持ち主。天ぷらの衣にイーストを入れたり、赤ワインビネガーやバジルソースを使うなど、洋風の素材や調理法を取り入れた新感覚のおばんざいを生み出しています。ランチはおばんざいを7〜8種盛り合わせたプレート。内容は日によって変わり、季節の味との出会いを楽しめます。

食と森(ショクトモリ)

京都府京都市下京区蛭子水町605MAP

080-4703-4028

11:30~15:00(14:30L.O.)※食材がなくなりしだい閉店の場合あり

不定休


【烏丸御池】路地裏にある大人の隠れ家「火裏蓮花」

piyopiyo piyopiyo
火裏蓮華

路地裏みたいなところにひっそりとあるお店
「火裏蓮華」☺︎
ずっと行きたくて、、でも、いつも定休日。ww
やっっと行くことが出来ました♩
田舎のおばあちゃんの家にいるような、静かでゆったりした時間が過ごせます。
ランチメニューは2種類
この日はひとつが売り切れだったのですが、一番人気のBピラフ( ´ ▽ ` )
カレー?ビーフシチュー?ハヤシライス??
ゴロッとお肉と甘めのルーがめっちゃ美味しかったです♩お腹も大満足!
夏はかき氷が有名です🍧
#京都#京都カフェ#ランチ#コーヒー#珈琲#町家

4
地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分ほど、柳馬場通りから細い路地を進んだ先にある「火裏蓮花(カリレンゲ)」。こぢんまりとした空間に静かな時間が流れる町家カフェです。

こちらのランチは2種類。照り焼きチキンとバターライスを自家製デミグラスソースでいただく「Bピラフ」(写真)と、オリジナルブレンドのスパイスで仕上げた「キーマカレー」があり、どちらも14時まではミニデザートとドリンクもセットで楽しめます。

【丸太町】四季を味わえる「パンとエスプレッソと本日の」

hina hina
本日の

京都御所の近くに昨年オープンした
「パンとエスプレッソと」の姉妹店「本日の」
子供のオープンキャンパスの後に行ってきました。

京町家をリノベーションしたお店に入ると、パンの販売コーナーが。奥に進むと、カウンター席とテーブル席があり、その奥にはお庭を眺められるお座敷もあります。

ランチは、季節野菜のポタージュがメインのスープセットをいただきました。今回のコーンスープは、みずみずしいトウモロコシにそのままかぶり付いたかのような自然な甘みを楽しめるヒトサラでした。

もちろんパンも、もっちりじゅわ~っと幸せなおいしさ。帰りにいっぱい買い込んで、大満足でした😊
#京都カフェ#ベーカリー#ランチ#パンが好き

9
地下鉄丸太町駅から歩いて6分ほどの場所にある「パンとエスプレッソと本日の(旧「本日の」)」。築130年以上の京町家をリノベーションした店内には、庭を眺められる席や縁側の席、井戸を改装した席などがあり、席ごとに違った雰囲気を感じられます。

ランチでは季節のスープ・パン盛り合わせ・ドリンクのセット(写真)や牛カツサンド、サンド・デリ・スープのセット4種類などが揃い、パンの美味しさを堪能できます。

パンとエスプレッソと本日の(パントエスプレッソトホンジツノ)

京都府京都市中京区指物屋町371MAP

075-746-2995

9:00~18:00

不定休


【京都】昭和レトロがキュートな老舗「とんかつ一番」

カフー カフー
とんかつ一番

旨みを重ねた秘伝のデミグラスソースで味わう絶品とんかつ🐷
ぬくもり溢れる昭和レトロな洋食屋『とんかつ一番』さんの《名代とんかつ》
粗めと細めの2種類の生パン粉をブレンドした衣はサクッと軽い仕上がり✨
クセがない上品な味わいの“米澤豚”に甘く深い味わいのデミグラスソースがよく合う😆
付け合わせのポテトサラダやスパゲティにもデミグラスソースをしっかり絡めて残さず楽しむ😋
▶︎
おすすめの山形県産ブランド豚も味わう《平田牧場金華豚 ロース ごほうびサイズ200g》
噛み締めるたびに旨みがあふれる、甘くジューシーな“金華豚”は3種のお塩で楽しむ
もちろん、デミグラスソースで味わうのもGOOD😉❤️
🐽メニューはすべて単品
プラス250円でごはん、お味噌汁、お漬物付
ℹ️お店情報
ミシュランガイド京都2021“ビブグルマン”掲載店
JR京都駅、京都水族館や京都鉄道博物館からも徒歩圏内
#おでかけ #食べる #ランチ #洋食 #とんかつ #トンカツ #米澤豚 #金華豚 #洋食屋
#名代とんかつ #とんかつ一番 #ビブグルマン
#町家 #町屋 #京町家
#七条 #京都 #下京区 #ことりっぷ京都 #冬を味わう #カフー

19
JR京都駅から徒歩15分ほど、梅小路公園近くの路地裏に昭和35年に創業した「とんかつ一番」。革張りの椅子やチェックのクロスなど昭和が香る内装がすてきです。

『ミシュランビブグルマン』選出の名店ですが、“手の届くご馳走”がコンセプト。こだわりの豚肉を高級ラードで揚げ、秘伝のデミグラスソースで食べるとんかつが名物です。平日限定の定食やソースかつ丼、定番の洋食など、ランチにぴったりのメニューも豊富。

とんかつ一番(トンカツイチバン)

京都府京都市下京区黒門通木津屋橋上る徹宝町403MAP

075-371-0722

11:30~14:00(L.O.)、17:00~20:00(L.O.)

火曜、第2・第4水曜(祝日の場合は変更あり)


いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、美味しいを楽しめる京都市内のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日、感染対策などは最新の情報をご確認のうえ、おでかけくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真