ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都の日本茶スタンドが東京初上陸「八十八 浅草」木造民家を改装した和モダンな空間で本物の抹茶を

81
京都の日本茶スタンドが東京初上陸「八十八 浅草」木造民家を改装した和モダンな空間で本物の抹茶を
2023年1月20日、京都の日本茶スタンド「八十八良葉舎」が、東京初上陸となる「八十八 浅草(はとやあさくさ)」をオープンしました。

看板商品の抹茶・焙じ茶・和紅茶のラテ・スイーツに加え、「八十八 浅草」限定商品の「浅草プリン」も数量限定で販売。隅田公園近くの築70年釘なし木造民家を改装した和モダンな空間で、隅⽥川や東京スカイツリーをバックに、京都の本物の抹茶を堪能できます。
このエリアのホテルを予約
ことりっぷ編集部おすすめのホテルをピックアップ

嵐山に店を構える日本茶スタンド

嵐山に店を構える日本茶スタンド
嵐山をはじめとする京都の観光地を走る嵐山本線(通称嵐電)の駅「車折神社前駅」の目の前にある日本茶スタンド「八十八良葉舎」(はとやりょうようしゃ)。たった2坪のお店で、店内はカウンターのみ。お客さんの目の前でお抹茶を点てて提供するのが、お店の魅力の一つです。

元バリスタの丸山順裕氏が1杯の玉露との出会いをきっかけに、お茶屋での修業を経て本物の抹茶を追求し、2019年10月に「八十八良葉舎 嵐山」をオープン。店主がこだわり抜いた京都府産の高品質なお茶を取り扱っており、季節に合う京都の美味しい抹茶を7種類用意。各種日本茶のラテ・スイーツを取り揃えた日本茶専門店です。

毎年収穫時期になると、生産者と共に茶の収穫作業を行っています。各生産者や各道具の作家の元へと足を運んで交流することで、お客さんに生の声を伝えることを目指しています。

待望の2号店がついに東京浅草でOPEN

待望の2号店がついに東京浅草でOPEN
今回、ファンからの熱い要望に応え、ついに東京浅草に初出店。これまで「八十八良葉舎」や各地の催事にて好評だった商品を、今後は浅草でも楽しめるようになります。

「八十八 浅草」では、隅田公園近くの築70年釘なし木造民家を改装し、和モダンな空間を作り出しています。隅⽥川や東京スカイツリーをバックに、京都の本物の抹茶を堪能することができます。(店内にはイートインスペースも用意されています。)

看板商品の抹茶・焙じ茶・和紅茶のラテ・スイーツ

看板商品の抹茶・焙じ茶・和紅茶のラテ・スイーツ
左から、八十八良葉舎で不動の人気を誇る「抹茶ラテ壱」・エグ味が少なく華やかな味わいが特徴の「和紅茶ラテ」・深入りの焙じ茶を贅沢に使用した「ほうじ茶ラテ」。アイス各種と白玉もトッピング可能です。
昨年の催事で予想以上に好評となった、抹茶バターサンドラテフロートも登場します。また、新作トッピングの泡抹茶も用意されています。

「八十八 浅草」限定メニュー「浅草プリン」

「八十八 浅草」限定メニュー「浅草プリン」 浅草プリン
「八十八良葉舎」で圧倒的な人気を誇る「八十八プリン」。
「八十八 浅草」では、東京進出の為に改良した新形態の抹茶プリン「浅草プリン」を数量限定で販売します。
八十八プリン
「八十八プリン」はミルクプリンに抹茶ソースをかけていますが、「浅草プリン」はミルクプリンにも抹茶を配合し、さらに抹茶ソースも濃厚に仕上げ、より抹茶の深い味わいを感じることができます。

* * *

詳細は、公式サイトをご覧ください。
京都のお茶を使用したこだわりの商品を、この機会にぜひ味わってくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真