ログイン / 会員登録するアカウントを選択

茶師十段が作る濃厚抹茶かき氷が話題。行列のできる日本茶専門店「しもきた茶苑大山」

999+
茶師十段が作る濃厚抹茶かき氷が話題。行列のできる日本茶専門店「しもきた茶苑大山」
※こちらの記事は2016年5月22日に公開されたものです

「しもきた茶苑大山」は、全国で13名しかいない茶師十段の認定者が2名いる日本茶専門店。確かな舌や鼻で選び抜いた日本茶を販売しているほか、喫茶室では抹茶やほうじ茶のかき氷を提供。そのふんわり食感や濃厚な味をもとめて人々が行列をつくっています。

日本茶の名人がいる創業46年の店

日本茶の名人がいる創業46年の店 喫茶室へは右手の通路を抜けるか、建物を右へぐるりとまわってから階段を上る
下北沢駅北口より、しもきた駅前通り商店街を歩いて約2分。「茶」と書かれたのれんが目印の日本茶専門店「しもきた茶苑大山(しもきたちゃえんおおやま)」があります。

こちらのお店の茶師十段認定者は、大山泰成さんと拓朗さんご兄弟。茶師とは日本茶の特性を熟知し、品質のよしあしを鑑定したり、それぞれの持ち味が出るようにブレンドしたりする人。「全国茶審査技術競技大会」によって段位が認定され、十段が最高位です。

一年中食べられるふんわり食感のかき氷

一年中食べられるふんわり食感のかき氷 大山さんご兄弟は数々の賞も受賞しており、喫茶室には賞状やトロフィーがずらり
同じ建物の2階にある喫茶室では一年を通して、かき氷が食べられます。1〜5月、10〜12月はほかに北海道十勝産小豆を炊いた「ぜんざい」(800円)や「抹茶」(700円、セットの場合は400円)なども味わえる一方、6〜9月はかき氷のみのメニューになります。

気温が上がる4〜9月は行列ができる日が多く、開店1時間前の13時から整理券が配られます。できるだけ長時間並ばずに食べたい人は早めに行って整理券を手に入れ、下北沢の街を散策しながら順番を待つのがおすすめですよ。
「ほうじ茶あずき」(820円)。氷がふわふわでスプーンがすっと入る感触にびっくり
人気のかき氷は、兄の泰成さん選りすぐりの京都宇治産高級抹茶を使用した「微糖抹茶」(メイン写真 1130円)。抹茶の味と香りを最大限に楽しめるように、抹茶シロップをかけたうえに、さらにムースのような泡状の抹茶エスプーマがたっぷりとかけられています。

氷が粉雪のようにやわらかくてふわふわなのは、ゆっくりと凍らせたものを細かく削っているから。口の中に入れると一瞬にして溶け、舌の上に抹茶の濃厚な風味が残ります。黒みつ、白みつ、ミルクのなかから選んだみつをかければ、抹茶と甘味が織りなす上品な味わいも広がります。
ほうじ茶あずきの中にはふっくら小豆がぎっしり
「ほうじ茶あずき」も、お茶の深い味わいをしっかりと楽しめるかき氷です。こちらは氷の中に、ほどよい甘さにふっくらと炊かれた小豆が入っていて、香ばしいほうじ茶と絶妙の相性。あらためて、お茶のおいしさを気づかせてくれます。

茶師十段が入れるお茶を飲みたいときは茶会へ

茶師十段が入れるお茶を飲みたいときは茶会へ 「茶師十段茶会」は1回につき定員5名。料金は1人5,000円 (お茶、甘味、軽食付き)
喫茶室では、7~9月を除く水曜に「茶会」も開催しています。日本茶をおいしく入れるには、高級な煎茶や玉露はぬるめのお湯で時間をかけると旨味が出るといわれますが、重要なのは自分の好きなお茶の味を知ることなのだとか。どの茶葉をどう入れたらおいしく感じるかがわかるようになると、日本茶がもっと好きになりそうですね。

まずは、茶師十段のかき氷をどうぞ。行列に並んでも食べたいという人が続出する味わいですよ。

しもきた茶苑大山(しもきたちゃえんおおやま)

東京都 世田谷区北沢2-30-2 丸和センター2F MAP

03-3466-5588

14:00~L.O.18:00

月・火曜 ※臨時休あり。HPで確認のこと

しもきた茶苑大山

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真