ログイン / 会員登録するアカウントを選択

レトロ食堂で味わう魅惑の沖縄ぜんざい&かき氷5選

193
レトロ食堂で味わう魅惑の沖縄ぜんざい&かき氷5選
冷たくて甘い沖縄ぜんざい&かき氷は、幸せな気分にさせてくれる魔法の一皿。町のはずれに佇む小さな食堂で、なごみのひとときを。1年を通して暖かい沖縄は、冷たいおやつが充実してるのです。

種類豊富な専門店「ぜんざいの富士家 泊本店」

種類豊富な専門店「ぜんざいの富士家 泊本店」 富士家ぜんざい320円
氷を金時豆の煮汁で作るのが特徴で、溶けてもおいしさはそのまま。下にある大きめの金時豆も、絶妙な甘さ加減。さらに練乳やフルーツ、バニラアイス、白玉の追加トッピングができます。抹茶や黒糖など味のバリエーションが豊富なのも魅力です。
古民家風の建物に施されたアートが目印
○ぜんざいの富士家 泊本店
[住所]那覇市泊2-10-9
[TEL]098-869-4657
[時間]11:00~21:00
[休]無休

那覇の親子3代の常連客が通う「千日」

那覇の親子3代の常連客が通う「千日」
長年地元で愛され続けている甘味処で、じっくり煮込んだ金時豆がたっぷり入るアイスぜんざいが看板メニュー。いちごミルク金時にはイチゴシロップと練乳がかかり、高さは20cm以上と驚きの大きさ。テイクアウトもできます。

○千日
[住所]那覇市久米1-7-14
[TEL]098-868-5387
[時間]11:30~19:00(夏季は~20:00)
[休]月曜(祝日の場合は翌日休)

名護にあるサラサラの氷が自慢「ひがし食堂」

名護にあるサラサラの氷が自慢「ひがし食堂」 店構えも味がある
沖縄情緒あふれる食堂で、チャンプルー料理などの豊富な食事メニューとともに、21種類もかき氷がそろいます。壁には手書きのメニュー札がずらりと並び、そのうちの多くがかき氷なのにびっくり。お店の自信がうかがえます。ふわふわのきめ細かな氷を一度食べてみて。

○ひがし食堂
[住所]名護市大東2-7-1
[TEL]0980-53-4084
[時間]11:00~18:30
[休]旧盆

なつかしいテイストのかき氷、三色みぞれ320円

読谷の甘さ控えめの上品な味「鶴亀堂ぜんざい」

読谷の甘さ控えめの上品な味「鶴亀堂ぜんざい」
世界遺産・座喜味城跡のむかいにあるお店で、6時間以上かけて、コトコト煮込んだ上品な味わいの金時豆の味に定評があります。人気は紅芋黒糖ぜんざい。読谷村特産の紅いもをふんだんに使っていて、氷の下には、もちもちの白玉が隠れているのが特徴です。

○鶴亀堂ぜんざい
[住所]読谷村座喜味248-1
[TEL]098-958-1353
[時間]10:00~18:00
[休]水曜(夏季は無休)

紅芋黒糖ぜんざい580円

本部の行列ができる有名店「新垣ぜんざい屋」

本部の行列ができる有名店「新垣ぜんざい屋」
創業50年以上、地元で根強い人気を誇る沖縄ぜんざいの専門店。薪で8時間かけて炊く金時豆はふっくらおいしく、この味を求めて店の前に行列ができるほど。メニューはぜんざいのみ。テイクアウトもできます。

○新垣ぜんざい屋
[住所]本部町渡久地11-2
[TEL]0980-47-4731
[時間]12:00~18:00(売り切れ次第閉店)
[休]月曜(祝日の場合は翌日休)

ふっくらとした金時豆が入ったぜんざい250円
ことりっぷ沖縄

ことりっぷ沖縄リニューアル!

人気ガイドブック「ことりっぷ」国内版がリニューアル!第一弾18点が7月1日より全国の書店およびネット書店などで発売します。ぜひ夏旅のパートナーとしてご活用ください。

Amazonでの購入はこちら

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD