ログイン / 会員登録するアカウントを選択

本場スペインで食べたい!さくっとおいしいチュロス

51
本場スペインで食べたい!さくっとおいしいチュロス
スペインの首都、マドリードにある老舗チュロス店。100年以上もの間人々に愛されてきた秘密は、そのおいしさと店の雰囲気のよさにありました。

おしゃべりにも花が咲くおいしいチュロス

おしゃべりにも花が咲くおいしいチュロス
店内に並んだ小さなテーブルは、ほぼ満席です。ウェイターさんが忙しそうに行き来する中、観光客や地元の人々が、にぎやかにおしゃべりしながらあるものをほおばっています。同じものを注文してみると、運ばれてきたのはスペインの揚げ菓子、チュロスです。こんがりキツネ色をした1本をつまんで、濃厚なホットチョコレートに浸します。カカオの風味が口中に広がると同時に、さくっとした歯ごたえを感じ、思わず「おいしい!」と声が出てしまいます。人々がこんなににぎやかに楽しそうにしているわけも、チュロスがお供だからかもしれないな、と思うのです。

100年前とほぼ変わらない味を

100年前とほぼ変わらない味を
スペインのマドリードにあるこのお店「チョコラテリア・サン・ヒネス」は、1894年創業の老舗。マドリードの中心地、プエルタ・デル・ソルから徒歩5分。細い路地を進んだ先に、明るい黄色に塗られた建物がありました。このお店では、なんと創業当時からほぼ同じレシピを守り続け、今にいたるそうです。スペイン人は、朝食やデザートとして、もしくはお酒の後の締めとして、チュロスを食べる習慣があるのだとか。そのため店は24時間営業で、いつ行っても開いているのが嬉しいです。

作り方もおもしろいチュロス

作り方もおもしろいチュロス
こんなにおいしいチュロス、いったいどうやって作っているの?ということで、キッチンを見せてもらいました。高温の油の前で、職人さんが絞り器のレバーを回し、生地を油の中にうずまき状に落としていきます。この絞り口が星型のため、チュロスの断面は星の形になるのだそう。ほどよい頃を見計らって油から揚げ、同じ長さにカットします。ここのチュロスがわずかに曲がっているのは、もともとうずまき状だったからなのです。このほかに、チュロスより少し太い「ポラ」も注文可能。さっぱりとして軽いチュロスと、甘さ控えめのチョコレートの相性は抜群。マドリードを訪れたら、一度は試したいスペイン伝統のおいしいおやつです。

Chocolatería San Ginés(チョコラテリア・サン・ヒネス)

スペイン Pasadizo de San Ginés, 5, Madrid MAP

24時間

無休

Chocolatería San Ginés

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真