ログイン / 会員登録するアカウントを選択

パリ発モードに敏感な編集者たちが立ち上げたセレクトショップ 「The Broken Arm」

23
パリ発モードに敏感な編集者たちが立ち上げたセレクトショップ 「The Broken Arm」
モードをテーマにしたライフスタイルのオンラインマガジンを運営している3人が立ち上げたセレクトショップ、「The Broken Arm」(ザ・ブロークン・アーム)。パリのおしゃれ街、マレ地区にオープンするやいなや、たちまち人気セレクトショップの仲間入りをし、注目を集めています

感性光るマガジンがセレクトショップへ

『De Jeunes Gens Modernes』というオンラインマガジンは、生活の中の「モード」がテーマで、アートやデザイン、ファッション界に精通している7人が、それぞれの経験を持ち寄り、情報を発信しています。このマガジンの編集長であるギヨームと、メンズファッション担当のロマン、レディースファッション担当のアナイスが立ち上げたのが、こちらのセレクトショップ。マガジンの透き通った雰囲気をそのまま立体化したような、白を基調とした店内は、地下と1階に分かれており、洋服、鞄、靴、アクセサリー、本、文房具など、幅広い商品が並んでいます。

まるでギャラリーのような品ぞろえ

まるでギャラリーのような品ぞろえ
ナチュラルレザーが美しいPB 0110のバックパックや、有名メゾンの商品も手掛けるオーレリー・ビダマンのアクセサリー、ナイキのフリー・イネバ・ウーブン。刻々と移りゆくモードと共に商品も変わっていくので、いつ訪れても新しい発見が得られるのはセレクトショップならではの楽しみ。洋服は基本的にはショーを行っているブランドを中心に扱っており、ケンゾーやクリストフルメール、ラフシモンズなどの著名ブランドはもちろん、セドリック・シャルリエやジャックムーのように勢いのあるデザイナーの作品も並びます。

こだわりのメニューが並ぶカフェでひと休み

こだわりのメニューが並ぶカフェでひと休み
店に併設されたカフェは、小さいながらもフランスのガストロノミーレストランに携わったことのある一流のシェフが腕を振るっていて、カフェだけを目当てにやってくるファンもたくさんいます。その日に仕入れた素材でメニューが変わり、ピスタチオ風味のクルトンが入ったクレソンスープ、鴨の燻製薄切りとネクタリンのグリルなど、次々と斬新なメニューが生み出されています。このこだわりが、The Broken Armの価値をより高めているのでしょう。今年の9月中旬にはイヴァン・アタル監督がこのカフェを映画の撮影に使い、ちょっとした話題になっていました。そんなフランス文化の一面を担う新しいスポットの誕生に、パリジェンヌたちは夢中になっています。

The Broken Arm(ザ・ブロークン・アーム)

フランス 12 rue Perrée 75003 Paris France MAP

33-1-4461-5360

9:00~19:00(月14:00~)

日曜

The Broken Arm

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD