ログイン / 会員登録するアカウントを選択

台湾の縁結び専門職「月下老人」に恋愛成就祈願♪

141
台湾の縁結び専門職「月下老人」に恋愛成就祈願♪
※こちらの記事は2014年1月13日に公開されたものです

台北の迪化街(ディーホアジエ)「霞海城隍廟(シアハイチェンホアンミャオ)」に収められた月下老人は、縁結びの霊験あらたか。良縁を願う人々が後を絶ちません。

台湾いちの縁結びスポットといえばココ

台湾いちの縁結びスポットといえばココ
迪化街にある「霞海城隍廟」には、天災を鎮め、邪気を払う、土地の守護神である城隍が祀られています。そして城隍のほかに、もう一柱大人気の神様がいます。それが月下老人(ユエシャーラオレン)、最強の縁結びパワーをもつと大評判の神様なのです。

月下老人は結婚の運命が記された本を持ち、最高の伴侶に結びつく赤い糸を授けてくれるといわれています。

「運命の赤い糸」の由来はここから。

今日も国・年齢を問わず、多くの男女が廟を訪れ、良縁を祈願した縁結びの赤い糸を持ち帰っています。

赤い糸をたぐり寄せる、正しいお参り手順

普段ゆるーい台湾人も、お参りの時だけは作法どおり。 日本語ボランティアさんの助けも借りつつ、手順をおさえましょう。

1.廟横の売店で、お賽銭の意味を持つ「金紙」と「線香」3本のセット(50元)を購入します。

2.赤い糸が入ったお守り入りの「お供えセット」(250元)も、廟内で売っています。必須ではないものの、本気ならぜひ。

3.金紙とお供えセットは廟前の台の上に置きます。線香は売店前右のガス台「點香處」ですべて火をつけます。

赤い糸をたぐり寄せる、正しいお参り手順

4.線香を持ち、まずは通り側の爐に向かって、最も偉い天の神様「天公」にご挨拶します。「天公」は玉皇大帝、天帝、上帝などとも呼ばれ、道教においてすべての神様を統率する中心となる神様です。

頭の中で、ゆっくりと名前・年齢・住所と願い事を唱えます。以降、どのお参りも同じように伝えましょう。

5.正面から入り、一番奥のご本尊城隍爺(チャンホアンイエ)にお参り。ご利益は無事息災・金運上昇です。

6.そしていよいよ月下老人にご対面。この時は、名前・年齢・住所のほかに、さらに好きな人の名前と、彼とどうなりたいかをしっかり伝えます。もし特定の人がいないなら、好みのタイプを。

7.右側の部屋に移り、左から順に3人の神様に参拝します。

8.最後にもう一度「天公爐」をお参りし、爐に線香を立てます。

9.「お供えセット」の中のお守りを取り出し、爐の煙にかざし時計回りに3回まわします。

10.「お供えセット」の砂糖「喜糖(シータン)」は月下老人の前に置いていきます。「金紙」は回収BOXへ。そしてお守りは大切に持ち帰りましょう。

台北を訪れた時は、立ち寄って「運命」を引き寄せてみてくださいね。

霞海城隍廟(シアハイチェンホアンミャオ)

台湾 台北市大同區迪化街一段61號 MAP

6:16~19:47

なし

霞海城隍廟

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD