ログイン / 会員登録するアカウントを選択

パリ発♪ 思い出をデザインで楽しむPiqpoq(ピックポック)社のアルバムノート三部作

36
パリ発♪ 思い出をデザインで楽しむPiqpoq(ピックポック)社のアルバムノート三部作
デザインのセンスがある人はもちろん、自分ではなかなかかわいくアルバムを作れない人でも、納得のいくオリジナルなノートが出来上がると大好評なのがパリのピックポック社が作る「アルバムノート」です。

大切な思い出こそ自分の手で記憶したい

ピックポック社のアルバムノートは、「ベイビーブック」、「トラベルジャーナル」、「アイディアブック」の3つ。時をつなぐ年表のように、長い紙をじゃばら状に折ってノートにしたシリーズです。

紙に施されたデザインはミニマルでシンプルですが、どこかにニクイ仕掛けがあり、自然とノートが美しく仕上がるように導いてくれています。

大切な思い出こそ自分の手で記憶したい

身長計にもなるベイビーブック

身長計にもなるベイビーブック
たとえば「ベイビーブック」。これは、子供の成長を自由に書きとめるためのノートですが、長い紙の両端には身長を測れるようにセンチとインチで目盛が付いています。つまり、アルバム機能と身長計を兼ねそろえた一冊。子供の身長を随時記録し、そのときの思い出を一言添えるだけでも、価値のあるオリジナルノートの出来上がり。これはオシャレな出産祝いとしても重宝しそうです。

旅の思い出をインテリアに

旅の思い出をインテリアに
畳んでも、広げても飾れるノートは、インテリアとしても使えます。例えば「トラベルジャーナル」に思い出の旅をつづり、広げて飾っておくのも素敵。文章を書くのはもちろん、写真や切符、雑誌の切り抜きを貼ったり、イラストを描いたり、コラージュをしたりと、使い方は持ち主のアイディア次第で無限に広がります。

ピックポックってどういう意味?

ピックポックってどういう意味?
ピックポック創設者のキャロルは、子供向けの家具や工業デザインに注目し、さまざまな本を作っています。ちなみに変わった名前の社名「Piqpoq(ピックポック)」ですが、会社を始めた当時の社名「L’as de pique(スペードのエース)」が由来なのだとか。

この名前を選んだのは「子供っぽい響きと、社名をロゴにしたときのデザイン的な面白さ」が理由なのだそうで、「デザイン」と「子供」はキャロルのキーワードのようです。

実は「ベイビーブック」も、キャロルが妊娠していたときに「この素晴らしい思い出を自分の手で何かに残したい」という思いから生まれました。ピックポックのアルバムノート三部作は、思い出をしまっておくための、とっておきのスペースなのです。

おしゃれでかわいく、それでいてアイディアが詰め込まれたピックポック社の商品はパリにあるMillimètresなど雑貨店で購入できますよ。ぜひ、手に取ってみてください。

Millimètres(Piqpoq取扱店のひとつ)

フランス 19, rue Milton 75009 Paris MAP

11:00~19:00

日曜・月曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

※所在地は、Millimètresですが、URLはピックポック社のものです。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真