ログイン / 会員登録するアカウントを選択

世界で一番暮らしやすい街、バンクーバーの魅力とは?

55
世界で一番暮らしやすい街、バンクーバーの魅力とは?
都会と自然が共存する街バンクーバー。治安がよく、「世界で最も暮らしやすい街」ランキングで何度もトップになるほど。そんなバンクーバーをご紹介します。

温暖な気候と豊かな自然

温暖な気候と豊かな自然
カナダの西海岸、ブリテュッシュ・コロンビア州の南部にあるバンクーバー。
緯度でいうと北海道より北に位置していますが、暖流のおかげで冬はさほど寒くならず、雪が積もることもあまりありません。夏もそれほど暑くならないので、年間を通じてとても過ごしやすい土地です。

街の中心部には大都会らしく高層ビルが立ち並んでいますが、そこから10分も歩けば緑豊かな大きな公園が広がっています。都会の便利さや快適さと、海と山に囲まれた豊かな自然が同居する街なのです。

街中の広大な緑の空間「スタンレーパーク」

ダウンタウンの西に広がる大きな公園「スタンレーパーク」。園内には水族館などの見どころもありますが、何といってもダウンタウンから徒歩10分のところにあるとは思えない、豊かな緑と開放的な空間が魅力です。

公園の外周はジョギングやサイクリング、ローラブレード専用のトラックが設けられており、園内はピクニックが楽しそうな芝生の空間や、森林浴が気持ちよさそうな深い森が広がっています。

街中の広大な緑の空間「スタンレーパーク」

一番の見どころ「グランビルアイランド」

ダウンタウンの南側に位置し、「アイランド」という名前ですが、実際は運河に面した陸続きの半島です。
いくつもの工場が並んでいた土地を再開発して生まれたスポットで、活気溢れるパブリックマーケットを中心に、ショップやレストラン、劇場などが並んでいます。

昔の佇まいを残したレトロな雰囲気ですが、ショップやレストランは最先端の人気店が多数集まっていて、丸一日過ごしても飽きないほどです。

一番の見どころ「グランビルアイランド」

バンクーバーの街は「ギャスタウン」から始まりました

バンクーバーの街は「ギャスタウン」から始まりました
19世紀後半、現在のダウンタウンの東側の一角にあるこの辺りから、街としてバンクーバーが始まりました。一時期は治安の悪化で人が離れてしまいましたが、近年再開発が進み、石畳の通りはそのままに、新しいビルが建ったり、古い建物を再生しておしゃれなブティックやレストランに改装したりと、再び活気にあふれる街となっています。

若者が集まるクラブなどができて、観光客だけでなく、地元の人にも人気があるエリアです。

カナダが誇る「食」の街

新鮮な海の幸はもちろんのこと、山の幸も豊富なバンク―バーは、「食」を目的に訪れてもとても楽しめる街です。
食材が豊富なだけでなく、それらの食材は環境に配慮したものが多いのが大きな特徴。
たとえば農産物については「100マイル・ダイエット」という言葉があり、これは“100マイル走って痩せましょう”という意味ではなく、“生産地が100マイル以内にある食材を積極的に使いましょう”という活動で、「地産地消」を実践しているお店が多いのです。
食材が新鮮なのはもちろん、その素材を活かした料理が多いのも、バンクーバーの特徴といえるでしょう。

そんな多くの魅力に溢れている都市・バンクーバーに、あなたも行ってみませんか?

カナダが誇る「食」の街

2014年3月30日よりANAの羽田ーバンクーバー便が新規就航。バンクーバーに行くなら地方からの乗り継ぎも便利な羽田空港発着のANAでどうぞ♪

カナダ MAP

2014年3月30日よりANAの羽田ーバンクーバー便が新規就航。バンクーバーに行くなら地方からの乗り継ぎも便利な羽田空港発着のANAでどうぞ♪

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

【お知らせ】 ことりっぷウェブサイトでは3月30日から新規就航するANAの羽田―バンクーバー便を記念して、4月16日までバンクーバーの往復チケットが当たるキャンペーンを、ウェブサイト内のアンケートページで実施中♪この機会にバンクーバーへことりっぷしてみませんか? <PR>

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真