ログイン / 会員登録するアカウントを選択

「東京ノーブル」で自分だけのオリジナル傘を作って、梅雨を楽しく過ごしましょう♪

111
「東京ノーブル」で自分だけのオリジナル傘を作って、梅雨を楽しく過ごしましょう♪
※こちらの記事は2014年6月24日に公開されたものです。

「Tokyo noble(東京ノーブル)」は、生地の色、持ち手、傘の長さを選び、自分だけのオリジナルの傘を作ることができるお店です。雨の日が楽しみになる、自分だけの傘を作りましょ。

東京の職人の手仕事が結集した傘です

東京の職人の手仕事が結集した傘です
御徒町駅と秋葉原駅の間の高架下にある、ものづくりをテーマにした工房兼ショップが集まる「2k540 AKI-OKA ARTISAN」。真っ白な壁にガラス張りの店舗約50軒が並ぶおしゃれな一角に、「東京ノーブル」はあります。

店内へ入ると約400種類もの商品のほか、傘のパーツや完成途中の傘も並び、わくわくします。
店主の花田さんは、30年以上も傘業界に携わり、数々の有名ファッションブランドの傘の製造を任されてきた傘作りのエキスパート。

こちらのお店では、“Made in TOKYO”にこだわり、花田さんをはじめとするスタッフが、生地、持ち手など各パーツごとの東京の職人さんに、1つひとつどんなデザインや色にしたいのかなどを伝え、相談しながら仕上げてもらっています。

オーダーしてから30~40分で完成します

オーダーしてから30~40分で完成します
傘の注文は、まずは店内にある商品を見ながら、長傘か折りたたみ傘等のタイプを決めます。

長傘は骨組みが50cmの「short」と、60cmの「long」各6480円~。折りたたみ傘はコンパクトに持ち運びのできる「mini」と、少し長めですが簡単に折りたためる「simple」各6480円~。

型を決めたら、77色ある中から色を選ぶのですが、定番の黒、紺系のものから、赤、緑、青、珍しいホワイトなどたくさんあり、どれにしようか迷っちゃいます。

さらに長傘の場合は、持ち手と先端の長さが選べます。持ち手は50種類以上から選ぶことができ、細長いタイプや太くて短いタイプなどさまざま。折りたたみ傘の場合も、50種類以上の曲がり手元やコンパクトに持ち運べるクリスタルの持ち手を選ぶことができます。
店主の花田さん自身も傘の職人さんでもあり、熟練の腕前です。 内容が決まったら店内の職人さんが組み立てて下さいます。30分から40分ほどで完成です!

ユニークな傘もいろいろあります

ユニークな傘もいろいろあります
アイスクリームの持ち手が可愛い「長傘 long」1万800円。
こちらはオーダーメイドではなく完成品ですが、7月以降にこのアイスクリーム型の持ち手を入荷予定。オーダーメイドの傘の持ち手として選ぶこともできるようになるので、お楽しみに。

まるでサニーレタスのような形の傘も!

まるでサニーレタスのような形の傘も!
パッケージにまでこだわった、サニーレタスのような見た目の「vegetabllea」4860円。
こちらは、「すみだ地域ブランド推進協議会」が進める“ものづくりコラボレーション”企画の一環として作られました。

広げると中心部が白っぽく、全体的にシワシワの加工が出る、ちょっと変わったデザインの折りたたみ傘です。ちなみに携帯用の袋に入れるととうもろこしのようになり、遊び心たっぷり。

「仕事は楽しく!」がモットーの市瀬さん。お店の中はユニークなアイテムで溢れているので、まずはぜひ遊びに行ってみて。

Tokyo noble(トウキョウ ノーブル)

東京都 台東区上野5-9-19 2K540 N-3 MAP

03-6803-2414

11:00~19:00 ※季節により変動あり

水曜

Tokyo noble

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD