ログイン / 会員登録するアカウントを選択

台北に来たら食べたい、鉄板B級グルメ「胡椒餅」3選

383
台北に来たら食べたい、鉄板B級グルメ「胡椒餅」3選
食の楽しみがたくさんの台北。小麦粉の生地に味付けした豚ひき肉や青ネギなどを包み、窯で焼き上げる「胡椒餅(フウチャオピン)」は、地元でも特に人気の粉系テイクアウトグルメです。店によって食感や中身の餡の味はいろいろ。食べ歩いてお気に入りを見つけませんか?

ネギの甘みが口いっぱいに広がる。「福州元祖」

ネギの甘みが口いっぱいに広がる。「福州元祖」 ネギの甘みがたっぷり
龍山寺近くの路地裏にある、昔ながらの味を大切にしている老舗「福州元祖」。奥まった場所にあり、飾り気のない質素な店構えですが、日々行列ができるほど人気です。厚めの皮はボリュームたっぷりなのに油っぽくないのでぺろりと食べられますよ。
路地裏ながらも行列が絶えない
○福州元祖 胡椒餅(フウツォウユエンズー フウチャオピン)
[住所]和平西路3段89巷2弄5号
[電話]02-2308-3075
[時間]9:30~19:00
[休]無休

カレー味のオリジナル胡椒餅が評判。「大學口」

カレー味のオリジナル胡椒餅が評判。「大學口」 カレー風味チキン。カレー風味はほかに羊肉もある
定番の豚肉のほか、牛肉やカレー風味チキンなどの味を販売している「大學口」は、学生街にある個性派店。胡椒餅のバリエーションが豊富なので迷ってしまいそう。ひと口ほおばると、ジューシーな肉汁がじわ~っとあふれ出てきます。
ビルの壁にくっついている公館店。大路駅近くには師大路店もある
○大學口 胡椒餅(ターシュエコウ フウチャオピン) 公館店 
[住所]羅斯福路3段335号1‐1
[電話]02-2363-2181
[時間]11:00~23:00
[休]祝日

モチモチ食感に胡椒がピリリ。「南京東路」

モチモチ食感に胡椒がピリリ。「南京東路」 宜蘭県三星郷産の上質なネギをたっぷり使っている
南京復興駅のATT百貨店近くにある「南京東路」は家族で切り盛りしている人気の屋台。皮が薄めで小ぶりの胡椒餅はモチモチした食感です。濃厚な味わいに胡椒がピリッと効いた、パンチのある風味が楽しめます。
作られる過程も見える屋台では、待っている時間もわくわく
○南京東路 胡椒餅(ナンチントンルウ フウチャオピン)
[住所]南京東路3段269巷口
[電話]0935-137-636
[時間]13:30~18:30
[休]土・日曜
*****
いかがでしたか?街角には驚くほどの胡椒餅屋さんが並び、ひとつ日本円でも200円ほどと気軽に購入できます。地元っ子のような気分で、温かいうちにをパクッといただきましょう。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真