ログイン / 会員登録するアカウントを選択

元果物店が営むカフェ、椎名町の「CAFEのら」で旬のフルーツを♪

131
元果物店が営むカフェ、椎名町の「CAFEのら」で旬のフルーツを♪
「CAFEのら」は、だれでも気取らずにゆっくり過ごせる喫茶店です。元果物店が営むカフェならではの、季節のフルーツをたっぷり使ったスイーツを堪能しましょう。

果物店だった建物を利用したカフェ

西武池袋線の椎名町駅北口を出ると、すぐ左手の見えるところに「CAFEのら」はあります。旬のフルーツをこだわりのコーヒーとともに味わえる喫茶店です。

オープンしたのは2011年。お義父さまが長年営まれていた果物店を引退するのを機に、オーナーの石垣さんがその場所を建物ごと引き継いで始めたお店です。今もお店の前では新鮮なフルーツが売られ、果物店であったときの面影を残しています。

果物店だった建物を利用したカフェ

天井が高く、明るく開放的な店内

天井が高く、明るく開放的な店内
白を基調とした手作り感のある店内では、だれもが気取らずゆっくりと時間を過ごすことができます。2階は天井が高く、明るい窓際の席から通りを眺めているだけでも、時間が過ぎるのを忘れてしまいそうです。

「野良猫がのんびりできれば人間ものんびりできるはず。野良猫さえもホッとできるお店にしたい」という思いから、店名は「のら」と決めたそうです。

フレッシュな果物の風味を楽しむ

市場から仕入れた季節のフルーツで作る、オリジナルのスイーツはまさに絶品です。

大きめにカットされたフルーツがきれいにデコレーションされた「のらパフェ」は、フルーツ本来のおいしさを味わえるよう、アイスクリームや生クリームの甘さを抑える配慮がされています。

ほかにも5、6種類の果物を生クリームと一緒にサンドした「フルーツ・サンドイッチ」(650円)や、シンプルに旬の果物2種類をコーヒーといただく「今日のフルーツ&コーヒーセット」(650円)などもおすすめです。

フレッシュな果物の風味を楽しむのらパフェ800円

飲み歩いて見つけたこだわりのコーヒー

飲み歩いて見つけたこだわりのコーヒー のらブレンドコーヒー500円
ドリンクメニューに込められたこだわりも見逃せません。北鎌倉にある「石かわ珈琲」で焙煎された珈琲豆を使った「のらブレンドコーヒー」は、コク・酸味のバランスがよく、飲んだ後に上品な香りが口の中に広がる一杯。

「バナナミルク」(500円)やフルーツ酢といった旬の果物を使った自家製ドリンクも揃っています。

「もっと果物を楽しめるメニューを増やしていきたい」とおっしゃる石垣さん。これからもどんなおいしいスイーツが登場するのか、とても楽しみです。

CAFEのら(カフェノラ)

東京都 豊島区長崎1-3-12 MAP

03-3957-0077

9:00~20:00(LO19:00、土・日曜、祝日は10:00~)

月曜

CAFEのら

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD