ログイン / 会員登録するアカウントを選択

青山の骨董通りで、自分だけの陶器を作る「アットキルン青山」

138
青山の骨董通りで、自分だけの陶器を作る「アットキルン青山」
※こちらの記事は2015年2月13日に公開されたものです。

「at Kiln AOYAMA(アットキルン青山)」は、青山の骨董通りにある、陶芸スタジオ、雑貨、カフェ、ギャラリーが楽しめる複合施設です。自分で作ったオリジナルの陶器を使えば、料理や飲み物がおいしく感じられそう♪また、心のこもったギフトにもぴったりな、世界にひとつだけの陶器を作ってみませんか。

ビスク・アートとタタラ・アートが体験できる陶芸スタジオ

東京メトロ表参道駅B1出口から、骨董通りに入ってまっすぐ歩くこと約10分。六本木通りに入る少し手前に「アットキルン青山」はあります。南仏のプロヴァンスにあるアトリエをイメージして造られたという建物は窓が大きく、解放的で洗練された雰囲気です。

こちらは、“1300年の歴史を持つ美濃焼の素晴らしさを知ってほしい”と、岐阜県多治見市の陶器の企画・卸の老舗「アートホームデザイン」が2014年10月にオープンしました。

ビスク・アートとタタラ・アートが体験できる陶芸スタジオ
2階のスタジオには電気窯が用意され、素焼きの器に銅版紙をデコレーションする「ビスク・アート」(体験料金4000円~)と、板状の土を型に押し当てて器を成型する「タタラ・アート」(体験料金5000円~)で、自分だけの陶器作りが体験できます。

専門家が目利きした豆で淹れた、カプチーノでほっと一息

専門家が目利きした豆で淹れた、カプチーノでほっと一息
スタジオで集中して作陶した後は、カフェでほっと一息つきませんか。おすすめは、酸味の強いコーヒーにミルクをあわせることでとてもまろやかに仕上げた「カプチーノ」(500円)。コーヒーのプロフェッショナルが、特別に選び抜いて焙煎したスペシャルティコーヒーを使用しています。

カフェだけでの利用もできるので、お買いものや散歩の途中に立ち寄ってもよさそうです。食事メニューは現在パンのみですが、今後はランチも始める予定なのでお楽しみに。

もうひとつ、「アットキルン青山」ならではの魅力が、自分で作ったカップを利用したティータイムを過ごせること。自作のカップで飲むカプチーノは、よりおいしく感じられそうですね。

ギフトにもぴったりな雑貨が並びます

ギフトにもぴったりな雑貨が並びます 「クールゴブレット」などの陶器は、購入するとオリジナルの麻布と箱に入れてもらえます
店内に入ってすぐの雑貨スペースには、2階のスタジオにある電気窯で焼かれたお皿のほか、凝ったデザインのワイン用陶器「クールゴブレット」(4000円)、フランスのアトリエから直輸入した食器類、シーズンごとのカトラリーやファブリックが並びます。

自分で作った器と、こちらで販売している雑貨を組み合わせれば、オリジナリティあふれるギフトにもなります。
また、中2階のギャラリースペースでは、その時ごとの展示品が楽しめます。2015年2月17日(火)まで多治見の若手作家さんたちの作品を展示中。

陶芸体験、カフェ、雑貨、ギャラリーを通じて、陶器の本当の魅力を感じに、「アットキルン青山」へ出かけてみませんか。

at Kiln AOYAMA(アットキルン青山)

東京都 港区南青山6-6-22 MAP

03-5778-3196

13:00~21:00(スタジオ)、11:00~(カフェ、ショップ、ギャラリー)

不定休

at Kiln AOYAMA

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真