ことりっぷ

フォトジェニックなスポットがたくさん♪コキアの絶景と絶品“栗スイーツ”をめぐる茨城さんぽ

2017-09-14 10:09

茨城県の国営ひたち海浜公園では、間もなくコキアが見頃を迎えます。丘一面を真っ赤に染め上げるコキアは、この時期にしか見られない絶景です。また、日本有数の農業県でも知られる茨城県は秋の味覚、栗の産地でもあり、収穫量はなんと全国第1位。そんな日本一の栗を使ったスイーツも食べてみたい!絶景と栗スイーツを求めて、ひたちなかエリアへおさんぽにでかけましょう。

絶景!真っ赤に染まるコキアの丘

丘全体を真紅に染める約3万2000本のコキア。時期だけでなく、時間帯によっても色彩が異なる

さんぽのスタートは、国営ひたち海浜公園。園内の「みはらしの丘」は、春のネモフィラでも知られる場所ですが、秋のコキアも見逃せません。真っ赤に色づいたコキアがもこもこと丘を埋めつくす光景は、まさに感動モノ。思わず写真を撮りたくなる景色ですよ。

みはらしの丘のすそ野に咲くコスモス。その数は約280万本

紅葉したコキアの見頃は10月上旬から中旬ごろ。同じ時期にはコスモスも見頃となり、赤色のコキアとピンク色のコスモスとの競演も必見です。

青空に映える夏のコキア

夏のコキアは草がやわらかい。園内に植えられているのは観賞用の品種

コキアは和名「ほうき草」という名の通り、ほうきの原材料として使われている植物。そんなコキアは、夏の間はさわやかな緑色。鮮やかなグリーンの絨毯を思わせる景色も美しく、こちらも見ごたえがあります。

緑と赤の絶妙なコキアのグラデーションも楽しもう

葉の先端から赤に染まっていくコキア

夏を過ぎ9月下旬になると、コキアは上部から徐々に赤く染まり出します。緑から赤へと移り変わるグラデーション風景もおすすめ。さらに紅葉が終わった10月下旬には、黄金色の姿へと変身。紅葉だけではなく、長い期間、色彩の変化を楽しめるのもコキアの魅力です。

国営ひたち海浜公園(コクエイヒタチカイヒンコウエン)


  • ひたちなか市馬渡大沼605-4
  • 029-265-9001
  • 9:30~17:00(閉園、時期により異なる)
  • 月曜(祝日の場合、翌日休)、年末年始(12/31~1/1)、2月の第1火曜日からその週の金曜日まで ※季節により無休期間あり
  • http://hitachikaihin.jp

県産野菜がたっぷりのランチプレートとふわふわスコーン

季節ごとに変わるソースがかかった「ご馳走プレート 自家製ふわふわハンバーグ 」(1750円)。追加料金で、自家製コンフィチュール3種(+200円)、クローテッドクリーム(+100円)が付く。取材時は、夏野菜たっぷりのガーリックソース

コキアの風景に癒されたら、国道245号沿いにある「La table de Izumi(ラ・ターブル・ドゥ・イズミ)」でランチをいただきましょう。アンティークの家具や雑貨が並び、ヨーロッパの邸宅を思わせる空間で味わうのは、1日限定10食の「ご馳走プレート 自家製ふわふわハンバーグ 」。

メインのハンバーグはふっくらした食感に、旬の野菜たっぷりのソースがかかり、食べごたえ十分。地産野菜を使ったサラダや、自家製コンフィチュール入りのヨーグルトなども添えられ、プレートを華やかに彩ります。

県産のフルーツなどを使った自家製コンフィチュール(900円〜)。

また、店自慢の焼き立てスコーンは、毎日4種類を提供。紅茶も約20種類と豊富で、好みのものが選べます。

スコーンと自家製のオリジナリティ溢れるコンフィチュールは販売もされていて、購入目的で来店するお客さんも多いそう。コンフィチュールは試食できるものもあるので、気に入ったものをおみやげに買って帰ってみては。

La Table de Izumi(ラターブルドゥイズミ)


  • ひたちなか市馬渡907-1
  • 029-274-5331
  • 10:00〜21:30(L.O.20:00)、火・水曜は〜17:30(L.O.16:00)
  • 月曜(祝日の場合は翌日休)
  • http://scone-tea.com/

和栗のおいしさをギュッと濃縮した贅沢パフェに感動

和栗の濃厚な味わいが広がる「和栗のモンブランパフェ」(1100円)。ほうじ茶などドリンクとのセットは1300円。生乳のソフトクリームは単品(380円)でも味わえる

お昼を食べたら、次はデザート。東海駅近くの住宅街に2017年1月オープンした「郷土自然菓子 菓野恵(かのえ)」は、地元の食材を盛り込んだスイーツが評判のお店です。

イートインスペースがある店内で食べたいのが「和栗のマロンパフェ」。
日本有数の栗の名産地、茨城・岩間(笠間市)の栗を甘露煮やマロンクリームなどにたっぷり使い、思う存分栗を満喫できます。ソフトクリームには県内でも酪農どころとして有名な小美玉市の新鮮な生乳を使い、すっきりした甘さで栗の味を引き立ててくれます。

店内にはフルーツや野菜、酒粕など地元の食材を使ったバラエティ豊かなスイーツがずらり

おみやげ用には栗の風味が豊かな「和栗のモンブラン」(500円)や、熟成栗の甘露煮が一粒まるごと入った「和栗のマロンパイ」(300円)を。旬の栗のおいしさを楽しめます。

郷土素材自然菓子 菓野恵(キョウドシゼンガシカノエ)


  • 東海村舟石川駅西1-7-20 小川マンション1F
  • 029-352-9988
  • 10:00〜19:30、カフェは12:00〜17:00(L.O.)、土・日曜、祝日は11:00〜
  • 第1・3木曜
  • http://www.kanoe-shop.com/

見ても食べても大満足の秋の茨城へ

国営ひたち海浜公園の真っ赤なコキアから人気店でのランチ、栗スイーツなど、さまざまな魅力が詰まった秋の茨城へ出かけてみませんか。

ことりっぷトップへ

[PR]

ジャンル
ごはん スイーツ・お菓子 たびレポ イベント 風景・景色 おみやげ
タグ
#ひたちなか #コキア #国営ひたち海浜公園 #ラターブルドゥイズミ #栗 #菓野恵
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:渡部真人 写真:清水亮一

アプリダウンロードはこちら