ログイン / 会員登録するアカウントを選択

一笑堂

今治駅から、瀬戸内海に向かって20分弱あるいた場所にある一笑堂。約400年前の今治藩の築城のころ、大手門付近で大手饅頭というお饅頭が人気だったそう。この大手饅頭を水を使わず卵を用いて作ったのが一笑堂の名物「鶏卵饅頭」で、1790年(寛政2年)のことだそうです。創業当時は蛭子屋という名前だったそうですが、5代目の定四郎さんの時に「お客様を笑顔で迎えられるように」と、一笑堂と屋号を変更されました。
箱を開けた状態。こんな感じでぎっちり入っています。1個2センチほどと、超小さい!こんな小さなお饅頭の中に、餡子が入ってます。
今治銘菓でおすすめです(*^^*)
#おみやげ #写真 #今治銘菓 #iPhoneXS
#和菓子 #お気に入り #愛媛

ユーザーの投稿写真