ログイン / 会員登録するアカウントを選択

沖縄本島のおしゃれなホテル8選。憧れのリゾートホテルで楽園ステイ

79
沖縄本島のおしゃれなホテル8選。憧れのリゾートホテルで楽園ステイ
日常から抜け出して、南国沖縄へ。
大自然の絶景を眺めたり、リゾートホテルでのんびりしたり、心とからだをリフレッシュする旅にでかけませんか?

今回は沖縄の一度は泊まりたい話題のおしゃれな宿をご紹介。
琉球王国の邸宅をテーマにしたものから、国際通りから徒歩圏内のホテル、高級感漂うプライベートヴィラまで、沖縄の人気ホテルをあつめました。

朝日が美しい東海岸リゾート|THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄



画像提供:一休


沖縄本島のほぼ中央部・東海岸に位置し、コバルトブルーの海から亜熱帯グリーンの美しさまで、その両方を味わえる魅力が詰まった宜野座村。水平線から昇る朝日が美しい東海岸ならではのロケーションに佇むのが、美食のリゾート「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄」です。


画像提供:一休

画像提供:一休


海を臨むインフィニティプール、海岸沿いのプール付ヴィラ、全室ジャグジーを設えた贅沢な客室、グランメゾンのこだわりでお迎えするレストラン。料理・宿泊・おもてなしのすべてを追求し尽したリゾートで、朝日と風と時間を味わう休日が過ごせます。


画像提供:一休

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄

沖縄県国頭郡宜野座村字松田1425番


心と身体が調和する楽園|ザ・テラスクラブ アット ブセナ



画像提供:一休


南国の美しく青い海をステージとした部瀬名岬にある、ワンランク上のブセナ「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」。ホテル全館がクラブフロアというスタイルは、まさに大人のための贅沢な空間。島野菜を中心とした健やかな料理、美ら海の恵みを受け実現したタラソ施設、ホスピタリティあふれるサービスが極上の休日を彩ります。


画像提供:一休


部瀬名岬で汲み上げられた海水を用いた、開放的な屋外型多機能海水プール「タラソプール」。温められた海水(33℃・36℃)の心地よさと、水流ゾーンやジェットバス水流ゾーンやジェットバス機能による身体機能の活性化やリラクゼーションが楽しめます。


画像提供:一休


食事は県産食材を中心にヘルシーな調理法でカロリー控えめの「ウェルネスキュイジーヌ」とたっぷり味わいたいグルマン向けの「simaキュイジーヌ」を提供するダイニングや、ヘルシーランチをいただけるカフェ、リゾートならではの夜を演出するバーなど、寛ぎの空間があります。


画像提供:一休

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

沖縄県名護市喜瀬1750


琉球のシンボルをモチーフにした高級感溢れるリゾート|ザ・リッツ・カールトン沖縄



画像提供:一休


「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、琉球のシンボルとなっている首里城の赤瓦と白い城壁、また古来より聖地とされ崇められてきた水の湧き出る場所をモチーフとしています。 琉球の「城」とは、訪れる人を温かく迎え入れる場所でもあり、「城(グスク)」と呼ばれます。 古くより礼を重んじ礼を守り琉球の人々が大切にしてきたおもてなしの心「迎恩(ケイオン)」の精神を具現化した「城(グスク)」で、ゲストを迎え入れてくれます。


画像提供:一休


食事は枠にとらわれない現代感覚で島独特の食材の個性を引き出した3つのレストランにて。イタリアンレストラン“ちゅらぬうじ”、鉄板焼きレストラン“喜瀬”、そして、洋食と和食がおたのしみいただけるダイニング“グスク”。思い出に残るパーソナルなダイニング体験を堪能ください。


画像提供:一休

画像提供:一休

ザ・リッツ・カールトン沖縄

沖縄県名護市喜瀬1343-1


1日1組だけをお迎えするプライベートVILLA|GLAMDAY VILLA OKINAWA 中村邸



画像提供:一休


沖縄の絶景の地で自由・贅沢を愉しむ新しいスモールラグジュアリーリゾートとして、 1日たった一組だけを迎え入れる「GLAMDAY VILLA OKINAWA 中村邸」。 こちらは日本を代表する作曲家/編曲家である中村 正人氏所有の滞在型レコーディングスタジオを新しいラグジュアリーリゾートとして開放して誕生しました。


画像提供:一休


広大なガーデンにあるプライベートプールから東シナ海に沈むサンセットが臨め ナイトシーンでは一面に輝く満点の星空がラグジュアリーリゾートを演出。 パノラマに大きく開かれた窓を持つリビングからは水平線が美しく広がり、 ダイニングキッチン、3つのベッドルームが用意されています。


画像提供:一休


館内は、世界各地から集めた家具や調度品が備えられた空間。 世界中のどこにもない新しいリゾートです。


画像提供:一休

GLAMDAY VILLA OKINAWA 中村邸

沖縄県国頭郡恩納村真栄田塩屋原


テーマは琉球王国の邸宅|UMITO PLAGE The Atta Okinawa



画像提供:一休

画像提供:一休


球王国の邸宅をテーマにした 「RYUKYU MANOR HOUSE&RESORT」。
ランドスケープを抜け、花ブロックの重厚感のある外観から一歩館内に入ると、 南国ならではの緻密で美しいモザイク、琉球石灰岩のコラージュを取り入れた内装デザインが、 琉球の歴史を感じさせる空間です。


画像提供:一休


レストラン「aisance」のテーマは「琉球王国の美食」。 アットホームなモダンフレンチは、創作される料理の数々もクラッシックな料理技法を用いながらアレンジを加え、お客様と共に創作を楽しめる料理を提供しています。


画像提供:一休

UMITO PLAGE The Atta Okinawa

沖縄県国頭郡恩納村字安富祖1894番地1


最高のロケーションと圧倒的な開放感を心ゆくまで楽しむ|カヌチャベイホテル&ヴィラズ



画像提供:一休


沖縄県本島の東海岸に約80万坪の広大な敷地を誇る、カヌチャリゾート。朝はやんばるの森から、小鳥のさえずりや生き物の鳴き声が聞こえ、ビーチは自然の岩肌がそのまま残ります。また、夕方にはやどかりのお引越しが見られるといった“沖縄の自然をそのまま贅沢に”感じることができるリゾートです。


画像提供:一休


2021年7月12日、「ノースウィング」がリニューアルオープン。 沖縄を代表する伝統的な染色技法「紅型」を取り入れることで、これまでよりさらに沖縄を身近に感じることのできる空間へ。 さらにご要望の多かった浴室周りのグレードアップ、アメニティも「サステナブルなアイテム」へ変更するなど、これまで親しまれてきたテイストを大切にしつつ環境にも配慮した【新しいカヌチャスタイル】になっています。


画像提供:一休

画像提供:一休

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

沖縄県名護市安部156-2


日本と琉球の文化が融合した那覇の隠れ家|OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES NAHA



画像提供:一休


那覇空港より車で約10分の場所位置する「OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES NAHA」。 数々の賞を受賞しており、そのホスピタリティには定評があります。


画像提供:一休


全67室のゆったりとしたくつろぎ空間はまさにラグジュアリー。そう呼ぶにふさわしい、ゆとりとくつろぎを実現した客室です。あえて全67室という規模に抑え、隅々にまでおもてなしを行き届かせる配慮を最優先したのだそう。


画像提供:一休


朝食は全室ルームサービス。自慢のメニューは、琉球の食材をふんだんに使った滋味あふれるバランスの取れた美味しい料理の数々。内側から健康に綺麗になれるよう作り上げられたココロとカラダが喜ぶメニューです。


画像提供:一休

OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES NAHA(沖縄かりゆしリゾートEXES那覇)

沖縄県那覇市泉崎1-11-5


那覇市内唯一のインフィニティプールがあるホテル|ノボテル沖縄那覇



画像提供:一休


国際通りも徒歩圏内、観光のアクセスポイントとしても便利な立地にもかかわらず、リゾート気分を味わえると話題の「ノボテル沖縄那覇」。 夜も楽しめるインフィニティプールは高台から那覇市街の景色を望み、キッズプールもあるのでファミリー、お子様連れでのご利用もおすすめです。


画像提供:一休


客室はシングルからスイートまで9つのタイプをご用意。沖縄の植物をモチーフにしたウォールアートをはじめ、シンプルモダンなインテリアと機能性・快適さを備えた客室です。


画像提供:一休


スタイリッシュでバラエティに富んだレストラン。本格的な和食や沖縄料理をはじめ、気軽にグラブ&ゴーできるシグネチャーカフェや、ブッフェレストラン、バーベキューなど、バラエティ豊かな料理を楽しめます。


画像提供:一休

ノボテル沖縄那覇

沖縄県那覇市字松川40番地


*****
いかがでしたか?
特別な日こそ泊まりたい、贅を尽くしたホテルステイで、沖縄リゾートを体感してくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真