ログイン / 会員登録するアカウントを選択

オープンは週3日のみ。緑に囲まれたほっこり空間で甘酒を使ったごはん&ドリンクを

269
オープンは週3日のみ。緑に囲まれたほっこり空間で甘酒を使ったごはん&ドリンクを
山形市郊外にある「暮らしの道具と糀カフェ 晴間(くらしのどうぐとこうじかふぇはれま)」は、甘酒を使ったドリンクやスイーツがそろうカフェ。緑あふれるのどかな風景を望む店内で、体にうれしいメニューを味わいながらほっとひと息ついてみませんか。

木のぬくもりを感じる居心地のよい空間

木のぬくもりを感じる居心地のよい空間
山形市街から車で30分ほど、山形と宮城の県境に近い自然豊かなエリアに「暮らしの道具と糀カフェ 晴間」はあります。スギの無垢材を使った店内はさわやかな木の香りに満ち、深呼吸したくなるようなここちよさ。ナチュラルな空間に、古い蔵の床板で作った扉やアンティークのテーブルなどレトロなアイテムが調和しています。

大きな窓を設けた店内からは、周囲に広がる畑や山々を眺めることができます。暖かい季節には、テラス席や屋外の東屋も利用するのもおすすめです。

すっきりと飲みやすい自慢の甘酒

すっきりと飲みやすい自慢の甘酒 「甘酒プレーン」(塩麹クラッカー付、HOT/ICE・540円)
「暮らしの道具と糀カフェ 晴間」では、すべてのメニューに自家製の甘酒を使用。甘酒は、福島県の酒蔵「仁井田本家(にいだほんけ)」の糀と、山形県産の「命仁(みょうじん)」という米を合わせて仕込みます。

甘酒そのものの味をシンプルに楽しみたいときは、「甘酒プレーン」がおすすめ。さらさらとした飲み口の中にほどよく米の粒が残り、すっきりとした甘さが特徴です。添えられた塩麹入りクラッカーとともに味わうと、適度な塩気が甘酒の自然な甘みをより引き立ててくれます。じんわりと体に染み渡るような、滋味深い味わいを堪能しましょう。

旬のフルーツがごろごろ♪ デザート感覚の甘酒ドリンク

旬のフルーツがごろごろ♪ デザート感覚の甘酒ドリンク 「ごろごろ果実の生フルーツ甘酒」(734円)
旬のフルーツと冷たい甘酒を合わせた「ごろごろ果実の生フルーツ甘酒」も人気です。ブルーベリーや甘夏、キウイフルーツなど季節によってさまざまなフルーツがラインナップ。この日はいちごをオーダーしました。果実をスプーンでつぶしながら食べるのがおすすめだそう。まろやかな甘さの甘酒にフレッシュな果肉が加わり、デザート感覚で味わえる一品です。

ほかに、シナモンを効かせた「甘酒チャイ」(626円)や、しょうが風味の「ジンジャー甘酒」(594円)などの甘酒ドリンクもあります。美容と健康によいとされるシナモンやしょうがが加わることで、“飲む点滴”といわれる甘酒がさらにパワーアップしています。

グリーンカレーやチーズケーキも甘酒入り

グリーンカレーやチーズケーキも甘酒入り 「グリーンカレー」(サラダ・甘酒フルーツ付、1296円)
フードメニューの定番は、甘酒入りの「グリーンカレー」です。カレーペーストに甘酒を合わせているので、スパイシーな辛さはありながら後味はまろやか。エスニックな香りに誘われて、どんどん食が進みます。ご飯は甘酒と同じ「命仁」に黒米をブレンド。なすやたけのこ、鶏肉などの具材がたっぷりで、食べごたえも抜群です。
「チーズケーキ」(抹茶・486円)
デザートにいただきたいのが、生地に甘酒を入れた「チーズケーキ」です。甘さひかえめのベイクドチーズケーキで、クリームチーズの濃厚な風味と抹茶のほろ苦い香りがマッチ。なめらかな舌ざわりと、金時豆のほくほくとした食感を楽しめます。

「暮らしの道具と糀カフェ 晴間」で使われている器の多くは、店主の手作り。カフェに隣接する陶芸工房で創作を行なっているそう。オリジナルの器をはじめとした暮らしの道具を、今後カフェで販売していく予定です。
のんびりと甘酒メニューを味わいながら、お気に入りの器を探すのも楽しそう。ゆったりと過ごしたい休日に、「暮らしの道具と糀カフェ 晴間」を訪れてみてはいかがですか。

暮らしの道具と糀カフェ 晴間(くらしのどうぐとこうじかふぇはれま)

山形県 山形市大字新山166-1 MAP

023-674-8605

10:30~15:00

月・水・金・日曜

暮らしの道具と糀カフェ 晴間

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真