ログイン / 会員登録するアカウントを選択

まるで海上のショッピングモール! ヘルシンキから世界遺産の街タリンへ、大型フェリー乗船体験

124
まるで海上のショッピングモール! ヘルシンキから世界遺産の街タリンへ、大型フェリー乗船体験
フィンランドの首都・ヘルシンキから、フィンランド湾を挟んで対岸にあるエストニアの首都・タリンへは、大型フェリーで2時間~2時間半で行くことができます。ガイドブックには詳しく載っていない、船でのアクセス方法をご案内します。

まずはチケットを購入します

まずはチケットを購入します
タリンへ渡る船は主に3つの船会社が運行しています。ひとつがタリンクシリアライン、もうひとつがエッケロライン、そしてヴァイキングラインです。今回は往路にタリンクシリアラインのスーパースター号、復路にエッケロラインのフィンランディア号を利用することにしました。

乗船ターミナルは2社ともヘルシンキの中心部からトラムの9番で南下した終点駅、西ターミナル(Länsiterminaali)にあります。建物に入ると2階にチケットの購入窓口が並んでいるので、チケットを購入しましょう。事前にインターネットでも購入可能で、その場合はセルフチェックイン機でボーディングパスを出力します。
購入の際にはパスポートが必要になるので、忘れないよう注意。

時間帯や季節によって、費用、運航スケジュールなどが異なるので、ホームページで確認しましょう。

出航の1時間前にはスタンバイを

出航の1時間前にはスタンバイを
だいたい出航時間の1時間前にはターミナルに着いておくと安心です。早いように思いますが、乗船も早めに始まってしまうのと、席の確保は早い者勝ちなので、せっかくなら早めに行って眺めも座り心地もいい席を確保しましょう。

また、日本では考えられないですが、出航時間より早く船が出てしまうことも多いので、ギリギリの駆け込み乗船はやめておきましょう。今回も予定より10分程度早く出航してしまいました。
ターミナルビルのゲートから船に乗るまでは10分程度歩く

まずは船首を目指します

まずは船首を目指します
乗船したら、まずは船首に向かうのがおすすめです。タリンクシリアラインもエッケロラインも、船首の6~8階が展望席になっており、ソファーのボックス席が並んでいます。まっさきにこのエリアから埋まっていくので、せっかくなら快適な船旅ができる席を確保しましょう。

真ん中のステージでは、DJブースがあったりビンゴゲームなども行われたりと、ミニイベントを開催。DJに曲をリクエストしたり、ビンゴに参加してみるのも面白いですよ。もちろん無料でWi-Fiも繋がるので、ネットをしながらゆっくり過ごすのもいいですね。

食事もショッピングも何でもできます

食事もショッピングも何でもできます
船内にはカフェはもちろん、フードコートやレストラン、バーなどありとあらゆる施設が揃っています。会議室もあるので仕事もできますし、キッズスペースもあるので子連れでも安心です。大型客船なので揺れも少なく、船酔いしている人もほとんど見かけませんでした。

また、ショッピングについては国際航路ということもあり、免税のパフュームショップや、定番のおみやげがそろうスーベニアショップ、はてはスーパーまで入っていて、街なかの店と変わらないくらいの品ぞろえ。まるでショッピングモールが海の上を移動しているようです。
流行りものや電化製品などを扱っている「トレンドショップ」
喉が乾いたときは、カフェスタンドではなくスーパーで缶ジュースを調達するのもコスト減のひとつ
広々とした船内のスーパー

あっという間に到着です

あっという間に到着です
船内を探検しているうちに、あっという間にタリンへ到着します。タリンクシリアラインはDターミナル、エッケロラインはAターミナルに発着し、タリンの観光スポットまではDターミナルから徒歩20分ほど、Aターミナルからは徒歩で10分ほどです。
タリンの旧市街は世界遺産に登録されているので、情緒ある街並みを気ままに散策しましょう。

帰りも時間に遅れずに乗船を

帰りも時間に遅れずに乗船を

タリン観光後、再度フェリーに乗ってヘルシンキに戻ります。今回は帰りをエッケロラインにしましたが、船内はタリンクとほぼ同じなので、やはり船首の席がおすすめです。

船内ではマジックショーが行われていて、子どもたちが参加していました。フィンランド語のショーですが、目で楽しめるマジックショーは世界共通の面白さということで、さまざまな国の人たちが眺めていました。

なお、ヘルシンキとタリンは物価の差が激しいので、ヘルシンキの人は物価の安いタリンへ買い物に出かけるそう。おみやげをたくさん買いたい場合は、タリンでまとめ買いするのもひとつの手ですよ。
気軽に隣の国へと往復できる大型フェリー。ヘルシンキに行く際にはぜひこんなワンデイトリップも検討してみてくださいね。

Tallink Silja Line (タリンクシリアライン)/Eckerö Line (エッケロライン)

フィンランド

http://www.tallinksilja.com/en/web/int/japanese

▲タリンクシリアライン(日本語)

https://www.eckeroline.ee/

▲エッケロライン(英語)

Tallink Silja Line (タリンクシリアライン)/Eckerö Line (エッケロライン)

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD