ログイン / 会員登録するアカウントを選択

文房具好きにはたまらない、表参道の路地裏にある「文房具カフェ」

547
文房具好きにはたまらない、表参道の路地裏にある「文房具カフェ」
※こちらの記事は2015年3月16日に公開されたものです。

ステーショナリーが好きな人たちの間で話題になっている、その名も「文房具カフェ」を表参道で見つけました。ユニークなものから最新のものまで、個性的な文房具を見て、触って、体験してみませんか。

文房具愛を語り合える、交流の場にもなっています

文房具愛を語り合える、交流の場にもなっています 右手の黒いテーブルが”ひとふでがき”
東京メトロ表参道駅A2出口から徒歩4分。表参道の大通りから原二本通りへ入り、「フライング タイガー コペンハーゲン」を少し過ぎたところに「文房具カフェ」はあります。

階段を下りると、意外にも広々とした店内にちょっとびっくり。カフェに入ってまず目に入るのは、入口に置かれた大きなテーブル席です。なんでも、オープン時に店長の一筆書きから生まれたことから、“ひとふでがき”と名付けられたのだとか。U字形のため、お隣や対面する席の手元が見えるため、たまたま居合わせたお客さん同士の交流などもあるそうです。

文房具問屋ならではのユニークな品ぞろえ

文房具問屋ならではのユニークな品ぞろえ ペンから手帳等まで、約3000点ほどそろっています
文房具コーナーは、テーマやメーカーなどに着目した特集コーナーもあります。「文房具カフェ」を開業したのは「東光ブロズ」という文房具問屋さん。“文房具をポジティブに楽しんで欲しい”という思いからこのお店を作ったそうです。クーピーペンシルなどの懐かしいものから、ぺんてるの海外仕様など珍しいものまでずらり。昔よく使っていた文房具を見つけて思わず買ってしまうという、素敵な出会いがあるかもしれませんね。

また、文房具を自由に使えるコーナーが用意されています。たくさんの種類があるので、さまざまなノートの書きごこちを試してみたり、ランチョンマットや寄せ書き帖に落書きしたりと、童心に返ったように熱中してしまいます。

ほっこりできるカフェご飯も魅力のひとつ

ほっこりできるカフェご飯も魅力のひとつ
お楽しみは文房具の品ぞろえだけではありません。11〜17時と長めのランチタイムには、「文房具カフェ自家製 酒粕のクリームソース 鶏つくね御膳」(1234円、限定20食)など、ほっこり和の風味でまとめられた食事が豊富にあります。ほぼすべてを店内で調理されたメニューは、どれもちょっと工夫をこらしてあります。例えば「鶏つくね御膳」には、ちいさなうずらの卵を割るための専用ハサミが付いています。ランチ限定で、プラス100円の「お楽しみ文房具クジ」を引けて、メーカー協賛の文房具がをもらえるというお楽しみも。

スイーツでは、定規形のクッキーがのった「文房具パフェ」(1008円)を鉛筆形のお箸で食べるのも、楽しいアイデアです。夜は、ブルーチーズとはちみつの組み合わせがおもしろい「文房具カフェの自家製 チーズ豆腐」(597円)などをおつまみにお酒を飲むこともできます。
「文房具パフェ」(1008円)。お箸やスプーンは筆箱に入っています
コーヒーと合わせるなら「アボカドと豆乳のチーズケーキ」(823円)。クリーミーなアボカドとしっとりした豆腐を混ぜた、やさしい味わいです
芯削りがセットセットになった文房具カフェロゴ入り「大人の鉛筆」(734円)、「消しゴム」(160円)などのオリジナル文房具は記念のおみやげに
お店の雰囲気が気に入ったら、ぜひ会員(入会時700円)になってみてください。文房具メーカーを招いたトークセッションなどに参加できることができるそうです。

こだわればこだわるだけ愛着がわいてくる文房具。「文房具カフェ」なら、新しい文房具やお気に入りの文房具に出会えるはずです。

文房具カフェ(ぶんぼうぐカフェ)

東京都 渋谷区神宮前4-8-1 内田ビルB1F MAP

03-3470-6420

10:00〜23:00(L.O.22:00)

無休

文房具カフェ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真