ログイン / 会員登録するアカウントを選択

100年続く焼きいもと静岡おでんのお店「大やきいも」で、ノスタルジックなひとときを

155
100年続く焼きいもと静岡おでんのお店「大やきいも」で、ノスタルジックなひとときを
静岡のおでん文化のはじまりは大正時代。廃棄処分されていた牛すじや豚もつなどを、捨てずに煮込みにしたのがはじまりとされています。
毎日継ぎ足して煮込み続け、黒くなったダシ汁は歴史と伝統の証。おでんの仕上げには、旨みとおいしさが増す魔法の粉「だし粉」をかけるのも、静岡おでんの大きな特徴のひとつです。

静岡おでんのおすすめ店第4弾は、100年続く焼きいもとおでんの老舗をご紹介します。

ホッとする懐かしさと人情味あふれる名店

ホッとする懐かしさと人情味あふれる名店
JR静岡駅からは車で8分、静岡浅間神社の楼門へとまっすぐに続く長谷通り。昔ながらの店が今もにぎわいを見せており、歴史とともに地元のあたたかみを感じる商店街です。その一角にあるノスタルジックな雰囲気の「大やきいも」は、約100年続く焼きいもとおでんのお店です。

2~3世代にわたって通う常連客も多く、地元の親子連れやお年寄り、学生、観光客などでにぎわいます。昭和中期の面影を残すレトロな店内は気軽に入りやすく、誰もがホッと和める雰囲気が魅力です。
牛すじの旨みが溶け出したコクのある黒っぽいダシ。味は甘め
おでんは牛すじのみ1本120円、じゃがいも、白やき、黒はんぺん、しのだまきなど、ほかはすべて1本80円とリーズナブル。食べ終えたら、串の数でお会計。お持ち帰りもできます。

大釜で焼くホクホクの焼きいも

大釜で焼くホクホクの焼きいも 焼きいもの価格は、種類や時期により変動
店名にもなっている名物の焼きいもは、9月中旬~6月中旬頃の販売。代々受け継がれている大釜に塩を敷いて蒸し焼きにするため、いも本来の味がギュッとつまった、ホクホクの焼きいもが味わえます。
味はシャケ、おかか、梅の3種類で、1個130円
隠れた人気メニューのおにぎりは、おでんとの相性抜群です。お昼ごはんに、おでんとおにぎり。やさしい味わいに心が和みます。

古き良きあの頃へタイムトリップ

古き良きあの頃へタイムトリップ 11~14時と17時頃が混雑のピーク
ノスタルジックな雰囲気がなんとも心地いい座敷席。おやつ代わりにちょっとおでんをつまんだり、名物の焼きいもをほおばったり。手書きのメニュー表にもほっこりし、子ども時代へのタイムトリップ気分が味わえます。

お店の人が気さくにいろいろと教えてくれるので、初めての来店でも心配なし。駅からは少し離れますが、足を運ぶ価値アリの名店です。

ことりっぷ静岡・浜松リニューアル!

人気ガイドブック「ことりっぷ」国内版がリニューアル!第二弾16点が2月22日より全国の書店およびネット書店などで発売します。ぜひ春旅のパートナーとしてご活用ください。

Amazonでの購入はこちら

大やきいも(おおやきいも)

静岡県 静岡市葵区東草深町5-12 MAP

054-245-8862

9:00~20:00

月曜、第2火曜

大やきいも

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

本記事は、2017年2月22日発売の「ことりっぷ静岡・浜松」の掲載内容をもとに作成しました。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD