ログイン / 会員登録するアカウントを選択

素顔の街に出会う旅。新潟の「ぬったりテラス商店街」って知ってる?

162
素顔の街に出会う旅。新潟の「ぬったりテラス商店街」って知ってる?
新潟に来たらお酒を楽しむのはもちろんですが、商店街での街歩きもいかがでしょうか?

新潟駅から歩いて約17分の場所に、「沼垂(ぬったり)」と呼ばれる町があります。
その昔、市場として栄えていた港町に、新たに飲食店やショップが続々とオープン。「沼垂テラス商店街」として生まれ変わった通りは、新たな観光スポットとして賑わいをみせています。

青人窯で時間を忘れて陶芸体験

青人窯で時間を忘れて陶芸体験
まずは商店街にあるお店のひとつ、陶器工房の「青人窯(あおとがま)」へ行ってみましょう。
青人窯はオーナーが制作した陶器を購入できるのはもちろん、小さいお子さんも参加できるお皿の絵付や、ブローチ作りのワークショップなども定期的に行われているんですよ。

店内奥の工房では陶芸体験ができるとのことで、さっそく体験することにしました!
陶芸体験は、ひとつ3,500円。ろくろと手びねりから、私はろくろを選びました。
あらかじめ作りたい器のイメージと仕上がりの色を用紙に記入していきます。
教えてくれるのは、新潟出身のオーナー大山さん。はじめに全体の流れや、つくり方のポイントを教わります。
もちろん作る途中でも優しくアドバイスしてくれるので、全部覚えられなくても大丈夫!
土台となる土に手をそえると、思いの外ひんやりして気持ちがよく、土の感触が癖になります。
ろくろの回転に合わせて手の動きを確認しながら、少しずつ形を整えていきます。個人差はありますが、作業時間は1時間ほど。少しでも気持ちが乱れるとすぐに形が曲がってしまうので、無心になって器づくりに集中。自分の心と向き合える陶器づくりは、まるで精神統一のようです。

できあがった器の底には、日付や名前を入れられます。約2ヶ月後に届く器を手に取れば、楽しい旅の思い出が蘇るはず!

お腹が空いたら、カフェのDILLでランチ

お腹が空いたら、カフェのDILLでランチ
青人窯から歩いて1分ほどのところに、新潟の食材を使ったおいしいランチが食べられるカフェ「DILL(ディル)」があります。
“無理なくさりげなく生活に馴染むお店”をコンセプトにしたお店は、木のぬくもりが溢れる暖かな雰囲気で、気取らない居心地の良さがあります。
「ジンジャーポーク」(1,000円)
この日の日替わりランチは、新潟のブランド肉「越後もちぶた」を使った「ジンジャーポーク」。脂がのった弾力のあるお肉に半熟卵を絡めていただけば、まろやかで優しい味わいに思わず笑みがこぼれます。ご飯は白米と雑穀米をブレンドしているので、ヘルシーなのに満足感がありますよ。
ランチには別料金でデザートやドリンクをつけることもできます。
こじんまりした店内ではありますが、季節を感じる花々やおしゃれなインテリアに気持ちが和みます♪ 店内のどこをとっても絵になるので、Instagramにアップしたくなる、可愛い写真が撮れる空間です。

DILL(ディル)

新潟県新潟市中央区沼垂東3-5-17 沼垂テラス商店街内MAP

025-383-8305

11:30〜17:30(L.O.) 18:00 CLOSE ※冬期は17:00 CLOSE

火曜日(他、臨時休業の場合あり)


築90年の古民家を改装した、ゲストハウスなりに泊まる

築90年の古民家を改装した、ゲストハウスなりに泊まる
1日たっぷり沼垂テラス商店街を楽しんだら、ゲストハウス「なり」に泊まるのがおすすめ。築90年の古民家を改装して作られた「なり」は、商店街から歩いて3分ほどの場所にあります。
写真は女性専用ドミトリー(3,700円)
お部屋は、男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー、ほかに個室が2部屋あります。
各部屋には季節の名前がつけられており、女性専用ドミトリーの「春」は、白の木材を基調とした優しい雰囲気。
各ベットの壁には手作りのタペストリーがかけられています。私が泊まったのはおにぎりの部屋。コンセントと読書灯もついています。

まだコートが必要な3月初旬。ベットメイクをして外出から戻り、布団のなかに入ると、暖かな湯たんぽが! おかげでぐっすり眠ることができました。ぜひ泊まって確かめてみてくださいね。
2名まで泊まれる個室の「秋」は、ダブルベットと、ちょっとした書き物もできる机とイスがあります。ゆったりとしたプライベート空間でくつろぎたい方に最適です。
共用の大広間は、食事や読書など自由に使うことができます。ゲストハウスは素泊まりですが、500円で朝食をつけることも可能です。
左は新潟出身のオーナー大桃さん、右はスタッフのにっしーさん。滞在中は気さくに話しかけてくれるので、おすすめの観光スポットを聞いみるのも良いかもしれません。

ゲストハウスなり

新潟県新潟市中央区沼垂東2-11-31MAP

025-369-4126

8〜11時、16〜22時(宿)/19〜23時半:23時L.O.(bar)

なし(冬期・夏期休暇あり)


沼垂テラス商店街には、ほかにもコーヒー屋さんにお花屋さん、夜も楽しめる大衆居酒屋があります。毎月第1日曜日には朝市などのイベントが開催されることも。

沼垂では地元の人の暮らしが垣間見える、ゆったりとした旅時間を過ごすことができますよ。新潟に来たら、ぜひ足を運んでみてください!
五十川ルリ子

五十川ルリ子

1985年生まれ、新潟県在住。ローカルメディア「暮らしミル」編集長。 フリーライターとしてWebメディアSPOTやことりっぷなどで執筆しています。

http://kurashimiru.com/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真