ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【東京】7/6-9/1|和のあかり×百段階段

191
【東京】7/6-9/1|和のあかり×百段階段
ホテル雅叙園東京で、昨年も大盛況のうちに幕を閉じた夏のイルミネーションイベント「和のあかり×百段階段」が2019年9月1日(日)まで開催中。“和のあかり”と“色彩”が楽しめる日本の夏を感じるイベントです。

累計31万人を超える動員数を誇るアート展

累計31万人を超える動員数を誇るアート展 【TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り】世界最大の容積を誇る飛龍窯を中心に行われる、佐賀県武雄市の冬イベントで使用されている灯ろう
JR山手線 目黒駅から徒歩3分「ホテル雅叙園東京」の館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」で「和のあかり×百段階段」が開催中。日本ならではの色彩や意匠が楽しめる“和のあかり”がアートイルミネーションとして7つの部屋を灯します。

第5回目となる今回は、北は青森、南は鹿児島まで40にも及ぶ個人・団体が集結し、新しい“和のあかり”を表現しています。

テーマは「こころの色彩」。懐かしさと新しさが融合する作品

テーマは「こころの色彩」。懐かしさと新しさが融合する作品 【柳井金魚ちょうちん祭り/山口県柳井市】柳井市の民芸品である「金魚ちょうちん」をモチーフにした夏のイベントから出展
現代の暮らしでは欠かすことのできない“あかり”。ひと時代前は、部屋に電球一つ、もっと前は行灯に火を灯し、日が沈むと寝て、日の出とともに起きる生活でした。

そんな日本の原風景に立ち返り、色とりどりの鮮やかな景色から、日本美ならではの繊細のものまで、懐かしくて新しい作品、世界観を体験することができます。

有形文化財「百段階段」で奏でる和のあかり

有形文化財「百段階段」で奏でる和のあかり
黒漆の螺鈿細工が随所に見られる重厚な造りの部屋「十畝の間」では、竹あかり作家・NITTAKEによる竹のアート作品が登場。「都会の中に生まれたオアシス~夏の涼しさ~」をテーマに、背面に立つ竹は都会のビルをイメージし、手前には軽やかなラインと涼し気な金魚のモチーフで夏の涼を表現しています。清涼感のただようBGMとともにその世界観を体験してみて。
金で仕上げられた室内や美しい日本画に囲まれた「漁樵の間」では、長崎県長崎市の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」から、竜宮城をテーマにした作品がお目見え。豪華絢爛な部屋の中央に堂々たる龍が鎮座し、その周りには、金魚や鯉、様々なカタチの提灯が彩りを添え、ドラマチックなランタンの世界へ誘います。
格天井の秋田杉及び欄間には礒部草丘(いそべ そうきゅう)の四季草花絵、瑞雲に煙る松原の風景が描かれた「草丘の間」には、熊本県山鹿市の冬の祭典「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」の世界が広がります。和傘の大産地である山鹿の町で生まれた、和傘や竹を使ったやさしい灯りが、空間を彩り、幻想的な世界を創り出しています。脈々と受け継がれてきた山鹿の伝統文化と、有形文化財のコラボレーションを楽しんで。
黒柿の銘木を使用した床柱が特徴の「頂上の間」では、サンドアートデュオ・emullenuettによるパフォーマンス映像が投影されています。今回は「ノスタルジック」をテーマに、自分、親、祖父母がかつて見た記憶をサンドアートで表現。不思議な砂の世界を体験しながら、穏やかなひと時を歴史空間で味わってくださいね。
他にも、過去の展示で人気の高かったレジェンド級のあかりアートも展示。会期中は、インスタグラムを使ったキャンペーンや浴衣で百段階段を見学できる夏季限定のプランも登場しています。体感と記憶に残る夏のひと時をぜひ過ごしてくださいね。

和のあかり×百段階段2019

東京都 目黒区下目黒1丁目8-1 ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」 MAP

03-5434-3140

2019年07月06日 (土) ~ 2019年09月01日 (日)

日~木曜日/10:00~17:00(最終入館16:30)、金・土曜日および、8月11日~18日/10:00~20:00(最終入館19:30)※8月10日(土)は17:00まで


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真