ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都よりみちこみち
「碁盤の目」といわれる京の街には、悠久の時を刻む通りや細い路地がたくさん。なにげないみちも一歩奥へと進んでみれば、小さな発見や出会いが待ち受けています。ふらり、ゆるりと京のみちを歩いてみませんか?

京都よりみちこみち【寺町通】

京都よりみちこみち【寺町通】
風格のある老舗や、目利きが足繁く通う骨董屋が建ち並ぶ寺町通。気になる日本の文化や、知らなかったことを知るのは楽しいもの。寺町通を歩いて「好き」を深掘りしてみませんか?

京都よりみちこみち【松原通】

京都よりみちこみち【松原通】
平安京の五条大路にあたる「松原通」。 かつては五条通でしたが、秀吉により二筋南に現在の五条通がつくられたことから旧五条通となり、後に松原通と呼ばれるようになりました。東は世界遺産・清水寺に始まり、六道珍皇寺や六波羅蜜寺の参道としても賑わいます。また、鴨川を越えて西に進めば、繊維問屋や商店街が続く下町の風情を楽しむことができます。

京都よりみちこみち【きぬかけの路】

京都よりみちこみち【きぬかけの路】
室町幕府3代将軍・足利義満によって建てられた金閣寺を起点に、見事な石庭が印象的な龍安寺、天皇ゆかりの高い格式を誇る仁和寺と、3つの世界遺産をつなぐ「きぬかけの路」。お茶やランチを楽しむのも忘れずにゆっくり過ごしましょう。

京都よりみちこみち【千両が辻】

京都よりみちこみち【千両が辻】
織物のまちとして知られる西陣。なかでも大宮今出川周辺は、かつて糸屋や織物商がずら りと建ち並び、江戸時代には1日に千両もの商いが行なわれたことから「千両ヶ辻(せん りょうがつじ)」と呼ばれています。代々続く糸や織物の老舗はもちろん、京町家を改装 したカフェやギャラリーも寄り添うようにたたずむ、昔ながらの面影を感じられる場所で す。

京都よりみちこみち【神宮道】

京都よりみちこみち【神宮道】
美術館や博物館が集まる京都屈指のアートスポット、岡崎。そのメインストリートが神宮道です。平安神宮の参道にあたり、朱色の大きな鳥居が目印。道なりにまっすぐ進めば祇園・円山公園にたどり着きます。 門跡寺院として名高い青蓮院門跡や浄土宗の総本山・知恩院などが建ち並ぶ一方、アートのまちならではの個性豊かなカフェやショップが点在。ふらりと散策するのにぴったりな道です。

京都よりみちこみち【下立売通】

京都よりみちこみち【下立売通】
烏丸通を東のはじまりとし、西に伸びる下立売通。「立売」とは、反物の裁ち売りに由来するとの説も。烏丸通から堀川通あたりは、明治期の教会や京都府庁旧本館など、レトロな雰囲気を残す建物が点在します。さらに西側に目を向ければ、地域に寄り添ったお店やお寺などが建ち並びます。下立売通は、堀川通を境に異なる2つの表情を見せてくれる通りです。

京都よりみちこみち【千本通】

京都よりみちこみち【千本通】
京都のまちを南北に伸びる千本通。平安京のメインストリート「朱雀大路」があったのと 、ほぼ同じ場所に位置します。「千本」とは、かつて通りの北一帯に葬送地があり、道沿 いに供養のための卒塔婆が1000本ほども多く立てられたことに由来。現在では平安京の遺 構や社寺が点在する一方、レトロなお店が建ち並びます。特に今出川通と交差する辺りは 「西陣」と呼ばれ、古き良き職人のまちとして親しまれています。

京都よりみちこみち【先斗町通】

京都よりみちこみち【先斗町通】
日が暮れると軒先の提灯がともり、ひときわ風情が増す先斗町。通りにあるカフェや食事処など飲食店の数は100軒ほどあり、元お茶屋の建物を生かしたお店が多さも京都ならでは。毎年5月から9月末までの夏の間は、川岸に設えた納涼床が日暮れとともに浮かび上がる様子も風情たっぷりです。

京都よりみちこみち【膏薬辻子】

京都よりみちこみち【膏薬辻子】
今回ご案内するのは、繁華街のメインストリート四条通と、そのひとつ南の綾小路通をつなぐ膏薬辻子(こうやくのずし)。鍵型に折れ曲がってのびる細い路地です。 石畳を一歩進むとごとに、街の喧騒が次第に遠のいてゆくよう。時間の流れもゆるやかに感じられるから不思議です。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ユーザーの投稿写真