ログイン / 会員登録するアカウントを選択

街なかにたたずむ穴場のオアシス。神戸の日本庭園・相楽園へ

2
街なかにたたずむ穴場のオアシス。神戸の日本庭園・相楽園へ
神戸の街なかにありながら、意外と知られていない相楽園。敷地のなかには洋館や厩舎など3つの重要文化財や見晴らしのいいパーラー、完全予約制のレストランもあります。

重要文化財を複数有する名勝地「相楽園」

重要文化財を複数有する名勝地「相楽園」 元神戸市長・小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、明治末期に完成。1941(昭和16)年以降、神戸市の所有となり一般公開されるようになった
約2万㎡の敷地にある池泉回遊式庭園。蘇鉄園や樹齢約500年といわれる大クスノキなどがあり、5月初旬はツツジの花がみごとです。旧小寺家厩舎、船屋形、旧ハッサム住宅と3つの重要文化財があり、園内の一角には見晴らしのいいパーラーもあります。
(左上)ツツジが咲きそろうのは5月初旬、(左下)日本最古級のガス灯が残る旧ハッサム住宅、(右上)華麗で繊細な川御座船・船屋形、(右下)ドイツ民家風の重厚な意匠・旧小寺家厩舎

相楽園(ソウラクエン)

神戸市中央区中山手通5-3-1MAP

078-351-5155

9:00〜16:30

木曜(祝日の場合は翌日休)


庭園を上から見渡せるデッキテラスが特等席「相楽園パーラー」

庭園を上から見渡せるデッキテラスが特等席「相楽園パーラー」 抹茶パフェ1320円。季節限定のパフェもある
庭園に面したテラス席があり、庭を眺めながらパフェや軽食が味わえます。季節限定のスイーツセットをはじめ、フォンドボーと赤ワインで仕上げたハヤシライスなど、本格的な味わいが楽しめます。
かつての迎賓館・相楽園会館をリノベーションしたラグジュアリーな空間

相楽園パーラー(ソウラクエンパーラー)

神戸市中央区中山手通5-3-1 THE SORAKUENMAP

078-341-1191

10:00〜17:00

水曜(貸切の場合は閉店)


神戸の日本庭園・相楽園はいかがでしたか?ツツジやモミジが見ごろの季節に、ぜひ訪れてみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真