ログイン / 会員登録するアカウントを選択

新栗の季節到来♪ 栗のスイーツを目当てに信州・小布施の栗菓子店「小布施堂」&「えんとつ」へ

106
新栗の季節到来♪ 栗のスイーツを目当てに信州・小布施の栗菓子店「小布施堂」&「えんとつ」へ
長野県小布施町は良質な栗の産地として知られ、江戸時代には将軍家に献上していました。そのため栗菓子店が数多く集まる小布施ですが、秋の風物詩といわれる栗菓子があります。秋になると、要予約の新栗スイーツ「栗の点心 朱雀」を目当てに、多くのファンが「小布施堂」を訪れますよ。
このエリアのホテルを予約
ことりっぷ編集部おすすめのホテルをピックアップ

全国に名が知られている栗菓子店の本店へ

全国に名が知られている栗菓子店の本店へ 風格のある店構え。小布施堂のロゴマークは栗が三つのかわいらしいデザイン
長野電鉄小布施駅から約10分歩くと、栗菓子店などが建ち並ぶ小布施の中心街に「小布施堂本店」があります。門を挟んで隣接する江戸時代創業の酒蔵「桝一市村酒造場」が、明治30年代から始めた栗菓子店です。シックな雰囲気の店内にはショップと、奥にはレストランが併設されています。
(左)栗が丸ごと入った栗鹿ノ子。持ち帰り用は1個535円~。喫茶で味わえる抹茶とのセットは900円 (右上)ギャラリーのような店内 (右下)栗の渋皮煮を加えて蒸した栗むし1本1129円
「小布施堂」が大事にしているのは、栗菓子のおいしさを左右する栗あん。9月から10月の新栗の時期に収穫して、すぐに1年分を仕込むそう。栗菓子店のいちばん忙しい季節です。

小布施栗をはじめ国産の栗と砂糖のみを使い、丁寧に練り上げて栗あんを作ります。そのあんは、栗鹿ノ子や栗羊羹など定番の和菓子や、くりあんケーキやモンブランなど洋菓子にたっぷり使われています。

新栗の季節を知らせる栗菓子「栗の点心 朱雀」

新栗の季節を知らせる栗菓子「栗の点心 朱雀」 秋の1か月限定メニューの「栗の点心 朱雀」1800円。繊細で美しい栗菓子
9月から10月の新栗の時期にしか味わえないのが、「栗の点心 朱雀」。30年以上前から提供され、年々、その人気は高まっています。2022年の提供期間は9月10日から10月16日です。「栗の点心 朱雀」とは、新栗を蒸して裏ごしし、細い麺状にした栗そのものを、栗あんの上にたっぷりとかけたものです。

栗本来のおいしさが堪能できる贅沢な秋の味覚。上にかかっているのは栗のみのため、中に入っている自慢の栗あんと一緒に食べると、甘みも加わってさらに楽しめます。栗の鮮度を損なわないように注文を受けてから作るそうですが、出されたらすぐにいただくのがおすすめとのこと。
左手に見える建物が小布施堂本店の本宅。庭に栗の木も植えられている
「栗の点心 朱雀」は小布施堂本店の本宅とその前にある屋外の広場で味わえます。築100年以上の本宅は趣のある座敷席で、庭を眺めながらいただけるので人気のある席です。すべて事前予約制で、チケットペイでのオンライン予約が必要となるのでご注意を。同じく事前予約制ですが、季節の料理と一緒にいただける「本店 朱雀コース」でも「栗の点心 朱雀」が楽しめます。

季節の料理や栗あん生菓子が楽しめるレストラン

季節の料理や栗あん生菓子が楽しめるレストラン 月替わりの栗あん生菓子と抹茶のセット900円。9月は満月やうさぎまんじゅうなど
小布施堂本店のレストランでは、「栗の点心 朱雀」の期間は「本店 朱雀コース」のみになりますが、通常は旬の食材を用いた月替わりの料理が味わえます。一皿一皿、彩りも美しい料理です。コースの最後には栗あんを使った季節の上生栗菓子が楽しめますよ。月替わりの栗あん生菓子は、持ち帰りや喫茶メニューとしてもいただけます。抹茶やコーヒー、紅茶とあわせて楽しめるので、小布施散策の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

小布施堂本店(オブセドウホンテン)

長野県小布施町小布施808MAP

026-247-2027

9:00~17:00(喫茶10:00~16:00、食事11:00~15:00)

無休

小布施堂本店

栗菓子店でいただく和洋折衷モンブラン

栗菓子店でいただく和洋折衷モンブラン 「モンブラン朱雀」は朱雀ブレンドのコーヒーなどドリンク付きで2000円
「小布施堂本店」の敷地内には、「えんとつ」というかわいらしい名前の蔵造りの店があります。店前の広場から、酒蔵「桝一市村酒造場」のえんとつが見えることが店名の由来だそう。この店は「モンブラン朱雀」の専門店。「栗の点心 朱雀」を洋風にアレンジしたものが「モンブラン朱雀」で、こちらは1年を通していただける朱雀です。

スポンジ生地の上に、キャラメリゼしたナッツを混ぜたセミフレッドアイスとカスタードクリーム、小布施堂の栗鹿ノ子を重ね、栗あんのみをかけたもの。生クリームは使わない、栗菓子店らしいモンブランです。
和モダンな雰囲気の店内。床や壁は蔵で使っていた古い板を利用している
「モンブラン朱雀」には、季節のフルーツと2種類のソースが添えてあります。秋はシャインマスカットや巨峰など長野のフルーツも味わえます。ソースは酸味のあるカシスや、相性のいいチョコレート。お好みで味を変えるのもいいですよ。「モンブラン朱雀」はボリュームがありますが、軽い口当たりなのであっという間に食べられてしまいます。

酒蔵の築300年の精米蔵を利用した店内は蔵の雰囲気を残しつつ、太い梁と白壁が印象的な和モダンな空間。外にはペット連れ優先のテラス席もあります。歴史も感じながら、おいしいモンブランをいただきましょう。通常は開店30分前に整理券または受付帳に記入して入店になりますが、「栗の点心 朱雀」の期間は「えんとつ」も同様にチケットペイで事前予約が必要となりますので、ご注意くださいね。

えんとつ

長野県小布施町小布施808MAP

026-247-7777

12:00 ~16:00(12~2月は~14:00)

無休

えんとつ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真