ログイン / 会員登録するアカウントを選択

真冬の北海道に誕生する幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」で極寒体験を楽しむ旅

81
真冬の北海道に誕生する幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」で極寒体験を楽しむ旅
見渡す限りどこまでも広がる純白のパウダースノー。北海道にある「星野リゾート トマム」に今年も「アイスヴィレッジ」がオープンします。12月10日にお目見えするこちらは、カフェもお店もすべてがきらきらと輝く氷と雪でできた街。極限の寒さを楽しむユニークな体験も目白押しです。今年の冬のバカンスは北海道・トマムへ、寒さをとことん楽しむユニークな旅に出てみませんか。

中も外も氷でできた11棟のドームで極寒を楽しむ9つの体験

中も外も氷でできた11棟のドームで極寒を楽しむ9つの体験 11棟の雪や氷のドームで9つの体験を
札幌から車や鉄道で約2時間。氷の街「アイスヴィレッジ」がオープンする占冠村(しむかっぷむら)は冬はマイナス30度になることもある極寒の地。トマム山の麓にスノーリゾート「星野リゾート トマム」があり、真っ白くてふわふわのパウダースノーを求めて世界中からバカンス客がやってきます。
継ぎ目のない一枚氷でできた「氷の教会」は「アイスヴィレッジ」を象徴する美しいスポット
そんなリゾートの一角に今季も「アイスヴィレッジ」が完成。こちらは木立に囲まれた3.2ヘクタールの敷地に11棟の氷や雪でできたドームが立ち並ぶ氷の街。北海道でも指折りの寒さを避けるのではなく、むしろめいっぱい楽しんでもらおうと9つのユニークなコンテンツが用意されています。

瞬時に凍るスイーツづくりや氷のパフェを体験

瞬時に凍るスイーツづくりや氷のパフェを体験 パフェグラスまで氷でできたこだわりのスイーツ「氷のパフェ」4500円
「アイスヴィレッジ」がオープンするのは冬の星たちが輝く日没の時間帯から。夕食後のデザートタイムを兼ねて「氷のスイーツショップ」はいかがでしょう。今季は新たに「氷のパフェ」が登場。リゾート内で取り組む農業プロジェクト「ファーム星野」のトマム牛乳でつくるミルクジェラートをベースに飴細工や桃で仕上げたご当地感いっぱいのスイーツです。
ドライフルーツやマシュマロをトッピングする「オリジナルチョコレートづくり」1500円
氷の型にとろとろのチョコレートを流し込む「オリジナルチョコレートづくり」も好評。冷たい外気でチョコレートが一瞬にして固まる驚きの体験をぜひ。

カウンターやスツールも氷でできた「氷のBar」

カウンターやスツールも氷でできた「氷のBar」 セラーまで氷でできた「氷のBar」
大きく湾曲した氷のバーカウンターがシンボルになっている「氷のBar」も好評。50種類以上のカクテルメニューがあり、氷のスツールに座って好みのドリンクが楽しめる非日常のナイトスポットです。今季は氷のグラスに注ぐと一瞬でシャーベット状に凍る「瞬間冷凍カクテル」もラインナップ。北の澄んだ海のようなブルーにもときめきますよ。
「瞬間冷凍カクテル」1800円。その他、氷のグラス付きドリンク1100円~

実際に宿泊体験ができる「氷のホテル」もあります

実際に宿泊体験ができる「氷のホテル」もあります 2023年1月20日~2月28日の「氷のホテル」。1人1泊28000円(星野リゾート リゾナーレトマム/トマム ザ・タワー宿泊者限定)
オーロラが輝く極北の国のおとぎ話のような世界を楽しむなら「氷のホテル」に足を運んでみて。こちらはその名のとおり、天井・壁・床はもちろんベッドや椅子まで氷でできた客室。「アイスヴィレッジ」を象徴する空間になっています。
室内には今シーズンから「氷のミニバー」を設置
こちらでは1日1組限定で宿泊体験も可能。ベッドには極寒仕様の寝袋や寝具がそなえられていて、意外とぬくぬく過ごせるのだとか。また、室内には今季から氷のミニバーが登場し、氷のディナーも用意。屋外には氷の露天風呂もあり、特別な冬の一夜が過ごせますよ。「泊まるのはちょっと…」という人も夕方の時間帯なら無料で見学できるのでぜひ。
氷のディナー。凍った野菜を温かいバーニャカウダソースにつける前菜や氷山を溶かすブイヤベースなど驚きのメニュー

あのコンビニエンスストアが氷の街に初登場

あのコンビニエンスストアが氷の街に初登場 「氷のセイコーマート」
北海道で絶大な人気をほこるコンビニエンスストア「セイコーマート」。今シーズンは「アイスヴィレッジ」内の氷のドームに特別な「氷のセイコーマート」が初登場します。レジ脇にできたてのお惣菜などが並ぶセイコーマートおなじみの「ホットシェフ」コーナーが「アイスシェフ」に変更して登場するなど、楽しい仕掛けがいっぱい。「セイコーマート」のヨーグルトにメロンゼリーをトッピングしてつくるフローズンヨーグルトづくりなども体験できますよ。
氷のグラスでフローズンヨーグルトづくり

氷上で遊ぶアクティブな体験はいかが?

氷上で遊ぶアクティブな体験はいかが? 白銀の世界を約60メートル滑空する「氷上のジップライン」2000円(2023年1月20日~2月28日の「氷のホテル」。1人1泊28000円(星野リゾート リゾナーレトマム/トマム ザ・タワー宿泊者は無料)
「アイスヴィレッジ」ではトマムの冬の夜を遊ぶアクティブな体験も用意されています。グループでわいわい楽しむならアイスリンク、童心にかえって遊ぶなら氷のすべり台はいかがでしょうか。スリリングなアクティビティなら展望台からスケートリンクの真上を滑空する「氷上のジップライン」にトライ。今季から2人乗り専用ハーネスが登場し、友だちどうしや家族で一緒に体験できますよ。

星野リゾート トマム アイスヴィレッジ(ホシノリゾートトマムアイスヴィレッジ)

北海道勇払郡占冠村字中トマムMAP

0167-58-1111 (星野リゾート トマム 代表電話)

17:00~22:00(最終入場21:30)、営業期間:2022年12月10日 (土) ~ 2023年03月14日 (火)(※予定)

期間中無休

https://www.snowtomamu.jp/special/icevillage/

入場料600円(星野リゾート リゾナーレトマム/トマム ザ・タワー宿泊者は無料)

星野リゾート トマム アイスヴィレッジ

パウダースノーに抱かれる「星野リゾート リゾナーレトマム」

パウダースノーに抱かれる「星野リゾート リゾナーレトマム」 トマム山の山頂付近にある「霧氷テラス」。こちらはバーカウンターをイメージした「クラウドバー」
「アイスヴィレッジ」がある「星野リゾート トマム」は北海道のほぼ中央に位置する広大なリゾート。雪質・規模ともに国内でも指折りのパウダースノーゲレンデが広がっていて、世界的なスキー&スノーボードパラダイスとして知られています。トマム山の山頂付近までゴンドラであがり、あたり一面の霧氷や樹氷、雄大な日高山脈を眺めてくつろげる「霧氷テラス」など、ウィンタースポーツをしない人でも冬山と銀世界が楽しめるのも特徴です。
シックな色彩の「星野リゾート リゾナーレトマム」
そんなリゾート内にあって、ゲレンデベースのにぎわいから少し離れた高台の木立のなかにたつのが「星野リゾート リゾナーレトマム」。スキーイン・アウトができるふたつのタワーからなり、ここだけの特別な滞在を提供するゴージャスな宿泊施設です。

プライベートサウナと展望ジェットバスが付く全室スイートの客室

プライベートサウナと展望ジェットバスが付く全室スイートの客室 各部屋に設けられた展望ジェットバスとプライベートサウナ
こちらに泊まりたくなる一番の理由が全室コーナースイートであること。1フロアに4室というぜいたくな設計で、スタンダードクラスでも100平方メートルの広さを確保しています。圧巻は各部屋の眺めのいい場所に設けられた展望ジェットバス。広々としたバスルームには全室にプライベートサウナもあり、とびきりのお部屋時間が過ごせます。
最上階にあるイタリア料理をフルコースで提供するレストラン「OTTO SETTE TOMAMU」で味わう北海道の冬の幸のディナーまで、とびきりのバカンス体験を。
「デザインスイートツイン」のリビング
「リゾナーレトマム」の宿泊者は、滞在中「アイスヴィレッジ」への入場が何度でも無料。「霧氷テラス」に上がるゴンドラにも追加料金不要で乗車できるのでリゾートを丸ごと遊びつくすのにぴったりです。今年の冬は「リゾナーレトマム」をベースに真冬の北海道を満喫してみてはいかがでしょうか。

星野リゾート リゾナーレトマム(ホシノリゾートリゾナーレトマム)

北海道勇払郡占冠村字中トマムMAP

0167-58-1111 (代表電話)

星野リゾート リゾナーレトマム

星野リゾート リゾナーレトマム

星野リゾート リゾナーレトマム

星野リゾートは、「旅を楽しくする」をテーマに、「星のや」「界」「リゾナーレ」「OMO(おも)」「BEB(ベブ)」の5つのブランドを中心に旅を提案しています。

https://www.hoshinoresorts.com/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真