ログイン / 会員登録するアカウントを選択

毎日の暮らしにとけこむ手仕事品に出会える、仙台のセレクトショップ「業」

110
毎日の暮らしにとけこむ手仕事品に出会える、仙台のセレクトショップ「業」
「業(なりわい)」は、国内外から買い付けた手仕事品を取り扱う仙台のセレクトショップです。日々使い続けることで輝きを増す、器や雑貨、洋服などの素敵なアイテムを生活に取り入れてみませんか?

暮らしを豊かにしてくれる雑貨や洋服をセレクト

暮らしを豊かにしてくれる雑貨や洋服をセレクト
仙台市営地下鉄広瀬通駅から徒歩5分。家具の街・本町にあるビルの2階にお店はあります。明るい光が差し込む広々とした店内には、生活雑貨や着心地のよい洋服、普段使いできる伝統工芸品などがそろいます。

伝統技法で作られた器や名刺入れが目を引きます

伝統技法で作られた器や名刺入れが目を引きます 温かみのある「やちむん」
数あるアイテムのなかでも目を引くのは、沖縄県読谷村(よみたんそん)の横田屋窯で作られている「やちむん」です。「やちむん」とは、沖縄の言葉で焼き物のこと。およそ800年の伝統が受け継がれている民芸品のひとつ。ぽってりとしたフォルムの皿(2400円~)やカップ(3800円)には、鮮やかなブルーや深みのあるグリーンでさまざまな絵柄が描かれています。
「白石和紙の名刺入れ」
また、強度と耐久性に優れ、衣服の素材としても使われている宮城県白石市の伝統工芸品である「白石和紙」の名刺入れ(2800円)もおすすめです。爽やかなブルーとホワイト、落ち着きのある藍色と水色など、色のチョイスは「業」と工房のコラボレーションで生まれたオリジナル。ボーダー柄は、模様を彫った版木の上に、白石和紙をかぶせて複写する「拓本染め」という伝統的な技法で作られています。やさしい風合いで使い込むほどに手に馴染み、ていねいに扱えば7~8年は使い続けられるというから驚きですね。

毎日でも着たい素材にこだわった洋服

毎日でも着たい素材にこだわった洋服 商品はひとつひとつをじっくり見られるようにディスプレイ
洋服は、シャツやカットソー、ジャケットなどのベーシックなアイテムがそろいます。素材や縫製技術に優れた国内のブランド「ID DAILY WEAR(アイディーデイリーウエア)」や「LIVING CONCEPT(リビングコンセプト)」などをセレクト。どれも着心地がよく、着まわしできるシンプルなデザインで、毎日のコーディネートに取り入れやすいものばかりです。

作り手の巧みな技から生み出された、さまざまな手仕事品を扱う「業」。愛着を持って大切に使い続けられる、お気に入りのアイテムとの出会いを楽しめますよ。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真