ログイン / 会員登録するアカウントを選択

3坪からはじめたこだわりの自家焙煎コーヒー店

65
3坪からはじめたこだわりの自家焙煎コーヒー店
宮城県石巻市にある「珈琲工房いしかわ」は、自家焙煎コーヒー店。スペシャルティコーヒーが味わえるほか、コーヒーを使ったスイーツやパンもあり、コーヒーの魅力をさまざまな味で楽しめます。

自家焙煎のスペシャルティコーヒーが味わえます

自家焙煎のスペシャルティコーヒーが味わえます
JR前谷地駅から車で5分。のどかな田園風景を眺めながら車を走らせると、木製の小さな看板が目に止まります。その先の坂を登った高台にあるのが、自家焙煎コーヒーのお店「珈琲工房いしかわ」です。
現在は市内に3店舗を構える「珈琲工房いしかわ」ですが、初めはチャレンジショップとして商店街内の3坪のスペースからスタート。徐々においしいコーヒーが飲めると評判が広がり、客足の絶えない人気店となりました。


こちらではケニア、イエメン、コロンビアなどで栽培された、7種類の豆で淹れるスペシャルティコーヒーがいただけます。良質な豆を店内にある直火式の焙煎機でロースト。直火式は炎が豆に直接当たるので、より香ばしい風味に仕上がるのだとか。当日の気温や湿度などに合わせて焙煎時間や温度を調整し、豆それぞれの旨みを最大限に引き出しています。

看板メニューは「石巻ブレンド」

看板メニューは「石巻ブレンド」
いちばん人気の「石巻ブレンド」(350円)は、パプアニューギニア、エチオピア、グアテマラの3種類の豆をブレンド。自然豊かな石巻を表現したいと作ったこちらのブレンドは、やさしい酸味とまろやかな甘みにあふれた味わいです。オーダーを受けてから一杯ずつていねいに抽出されるコーヒーのカップから立ち上る花のような香りに、心がほっと癒されます。
ほかにも、しっかりとしたコクと苦みが感じられる「マンデリン」(380円)や、フルーティーな香りの「マタリモカ」(400円)など9種類のコーヒーが楽しめます。

コーヒーを使ったスイーツとパンが人気です

コーヒーを使ったスイーツとパンが人気です
自家焙煎のコーヒーを使ったスイーツ「コーヒーケーゼ」(380円)も見逃せません。ふわふわのスフレの上になめらかなベイクドチーズ生地、さらに自家焙煎コーヒーのスポンジが重なり、チーズの程よい酸味とコーヒーのほろ苦さが相性ぴったりです。ベイクドチーズの層に混ぜ込んだクラッシュアーモンドのザクザクした食感と香ばしさ、レーズンの濃厚な甘酸っぱさも、ケーキをより大人な味にしています。
リピーターの多い「珈琲クリームあんパン」(150円)もおすすめです。ふっくらと焼き上げたパンのなかには、コーヒー餡とホイップクリームがたっぷり入っていて、まるで、カフェオレのような味わい。口いっぱいに広がる芳醇な香りと甘さを、いつまでも楽しみたくなります。

おみやげにオリジナルのドリップバッグをどうぞ

店内ではドリップバッグコーヒーも販売しています。フレーバーは6種類。「石巻ブレンド」(1個146円)や、「仙臺(せんだい)」(1個157円)、「松島」(1個157円)など、宮城の地名にちなんだ名前がついているのもユニークです。最近完成したばかりの「仙臺」は、都市をイメージし、豆の品質もグレードアップしたそう。酸味と甘み、苦みがバランスよく重なりあい、すっきりとしたあと味に仕上がっています。

ちょっとめずらしいのが、「珈琲ティーバッグ」(7個入1000円)。カップに入れてお湯を注げば、ドリップの手間がなくおいしいコーヒーができあがります。濃くしたいときにはティーバックを長めに浸すなど、好みに合わせて調節できるのもうれしいポイント。アイスコーヒーやアイスカフェオレも短時間で簡単に作ることができます。

コーヒースイーツやおみやげ品は、これからもどんどん作っていく予定なのだそう。「珈琲工房いしかわ」で、コーヒーの多彩な味わいを楽しんではいかがですか?

珈琲工房いしかわ(こーひーこうぼういしかわ)

宮城県 石巻市北村字小崎一15-3 MAP

0225-24-8220

10:00~17:00

水曜

珈琲工房いしかわ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真