ログイン / 会員登録するアカウントを選択

意外な中身にびっくり♪ 福岡に行ったら外せない、ご当地グルメ「むっちゃん万十」

355
意外な中身にびっくり♪ 福岡に行ったら外せない、ご当地グルメ「むっちゃん万十」
※こちらの記事は、2017年1月10日に公開されたものです。

福岡で「むっちゃん万十」といえば、地元で知らない人はいないほど有名なご当地グルメですが、近頃、テレビや雑誌への露出もあり、全国的にもじわじわと知名度が上昇中。一見、鯛焼きの進化系にも見えますが、じつはお腹の中にある意外なものが入っているんです。ご存じですか?

博多っ子のソウルフード

博多っ子のソウルフード
博多っ子のソウルフードとされる「むっちゃん万十」が生まれたのは、今から30年ほど前の1980年代後半。そもそも長崎県諫早市出身の創業者が、地元の自然をアピールするために、干拓事業で減りつつある有明海の希少魚ムツゴロウをモチーフにした焼き菓子を考案したのだとか。
その名は、ムツゴロウの愛称をそのままとって「むっちゃん」。

旅の途中に立ち寄るなら、天神がおすすめ

旅の途中に立ち寄るなら、天神がおすすめ
現在、本店を福岡市のお隣の大野城市に置き、福岡市内を中心に15店舗展開しています。

今回ご紹介するソラリアステージ店は、むっちゃんグループのなかでも、もっともにぎわう天神のど真ん中、ソラリアステージビルの地下1階にあるお店です。
地下鉄天神駅からは徒歩3分ほど。同ビルの2階は西鉄福岡(天神)駅、3階は西鉄天神高速バスターミナルというアクセス抜群の立地です。

6割の人がチョイスする人気メニューとは?

6割の人がチョイスする人気メニューとは?
さて、気になるお腹の中身をそろそろ発表しましょう!
「むっちゃん万十」の看板商品は、朝食の定番メニュー「ハムエッグ」。このタイプの焼き菓子ではオーソドックスな白餡、黒餡、カスタードクリーム(各130円)も、もちろんラインナップはしています。
が、ダントツの一番人気は「ハムエッグ」(160円)なんです。ソラリアステージ店では8~9種ほどのバリエーションをそろえていますが、およそ6割の人は「ハムエッグ」を指名買いするそう。

黄身がトロ~っと流れ出して美味

黄身がトロ~っと流れ出して美味
焼き型に専用の生地を流し、まるごと1個の生卵にキャベツ、ハム、マヨネーズを挟んで焼き上げます。時間がたつたびに熱せられる型の状態をみながら、焼き加減を調整するのは、職人の技と勘が決め手。うま~く半熟卵に仕上がったら、あっぱれ大成功です!
特製の粉を使った皮は香ばしくて、口に入れるとフワッとしてほんのり甘く、卵の黄身がトロトロと流れ出します。

もう、とにかくおいしいんです!

新作「ごろごろちゃん」「とんとん」もチェック

新作「ごろごろちゃん」「とんとん」もチェック
往年の「むっちゃん万十」ファンのなかには、「ハムエッグ」一点買いを長年貫いている人もいるといいます。
ですが、ぜひ試してほしいのが、食事系焼き菓子を専売特許とする「むっちゃん万十」ならではともいえる2つの商品、「ごろごろちゃん」(220円)と「とんとん」(250円)。
生地の中に豚の角煮が入った「とんとん」
「ごろごろちゃん」は、タコのぶつ切りがゴロゴロ入った万十で、いわゆるビッグサイズのたこ焼きのようなもの。「とんとん」は、ホロホロと崩れるように煮込んだ豚の角煮が2枚入っていて食べごたえがあります。
ほかに、ウインナー、ツナサラダ(各160円)の合計8種。季節によっては期間限定商品が登場します。
警固公園(写真:福岡市)
店舗にイートイン・スペースはありませんが、テイクアウトして食べ歩きを楽しむもよし、すぐ近くの警固公園のベンチに腰かけてのんびり味わうのもよし。

「むっちゃん万十」は、福岡に来ないと味わえません。福岡を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?

むっちゃん万十 ソラリアステージ店(ムッチャンマンジュウソラリアステージテン)

福岡県 福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージ地下1F MAP

092-722-6819

10:00~21:00

無休(ソラリアステージの店休日に準じる)

むっちゃん万十 ソラリアステージ店

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD