ログイン / 会員登録するアカウントを選択

日本茶を好きな時に好きなだけ!旭川の老舗がルーツのお茶カフェ「USAGIYA」

179
日本茶を好きな時に好きなだけ!旭川の老舗がルーツのお茶カフェ「USAGIYA」
旭川にある老舗のお茶屋さんがルーツの「USAGIYA」。オリジナルボトルをつかって、いつでも何杯でも気軽にお茶を楽しむことができる、新感覚の日本茶専門のカフェです。ボトルを片手に、お茶を日常的なものとして楽しめると、地元でも評判です。

ユニークなサービスでお茶の楽しみ方を提案

ユニークなサービスでお茶の楽しみ方を提案 多目的に利用できるカフェスペース
昭和20年創業の老舗お茶屋・吉川園を起源とする日本茶専門店&カフェ「USAGIYA」は、JR旭川駅から歩いて10分ほどの場所にあります。三代目となる吉川昌秀さんが“お茶をもっと日常的なものとして、楽しんでほしい”との思いから、これまでの卸売だけではない新しい業態として、2015年11月にオープンしました。今ではUSAGIYAならではのユニークなサービスが、口コミで話題となっています。

“お茶を気軽に飲みましょう”というスタイル

“お茶を気軽に飲みましょう”というスタイル 壁にならんだUSAGIYAのオリジナル商品
そのユニークなサービスとは、ボトル・パスポートというUSAGIYA独自のシステムです。専用のオリジナルボトルを購入すると、30日間の期限内であれば、お茶スタンドで一日何度でもボトルにお茶を入れてもらえるというもの。期限が過ぎたら700円でパスポートの更新ができます。オリジナルボトルは、ステンレス製(500ml)3240円と、プラスチック製(420ml)1404円を用意。
吉川さんは「このサービスを通して、まずはお茶を飲むという習慣をつくっていきたいです。お店のスペースでもワークショップやマナー教室、映画の上映会などを開催したり、USAGIYAのスタッフとお客さま、お客さま同士が、お茶でつながっていけたら良いですね」と、オープンな空間の中で、お茶を楽しんでほしいと話します。

15種類のお茶を好きな時に好きなだけ

15種類のお茶を好きな時に好きなだけ ティーバッグの「生姜ほうじ茶」(500円)ほか
「ボトル・パスポートでは、15種類のお茶を期限内であればいつでも何杯でも飲むことができます。中でも、冬の時期なら体が温まる、生姜ほうじ茶や柚子緑茶が人気で、地元ならではのお茶では上川産の黒米を使用した黒米茶などもおすすめですよ。どれも添加物が入っておらず、ノンカフェインのお茶も取り揃えています」と、スタッフの高木里美さん。USAGIYAでは、新茶の時期の4〜5月になると、鹿児島と静岡の新茶を出しているそうです。

シンプルな空間で、シンプルなお茶を

シンプルな空間で、シンプルなお茶を オリジナルの「兎茶」(300円)
もちろん専用のボトルがなくても、店内のカフェスペースでお茶を楽しんだり、テイクアウトもできます。おすすめは、USAGIYAオリジナルブレンドの兎茶。煎茶をベースに、玉露とかぶせ茶の3種類をブレンドしています。甘みのある飲みやすいお茶で、お湯の温度によって渋みを楽しむことができます。
お茶スタンドにならぶスイーツ
地元の福居製餡のあんこ、白玉、USAGIYAの抹茶をつかったぜんざいなど、お茶にぴったりのスイーツも取り揃えているので、こちらも一緒にどうぞ。
USAGIYAには専属のデザイナーがいて、シンプルでかわいいパッケージにティーバッグが入ったお茶のほか、お茶の関連グッズも販売。気に入ったものをおみやげにしてはいかがでしょうか。

USAGIYA 旭川本店(ウサギヤ アサヒカワホンテン)

北海道 北海道旭川市1条通10-160-2 MAP

0166-26-6111

10:00〜19:00(土・日曜、祝日は10:00〜17:00)

無休

USAGIYA 旭川本店

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真